Go to Top

施術は計画性を持って行います。「自分の好きなタイミングで施術を受ける。」というスタンスですとあまりいい結果にならないことが多いです。(とくに保険診療)

弊所では60分で6000円など時間で区切っての

自由診療(自費)を中心に施術を行っていますが

以下のような方々からは

保険診療での施術もお受けしております。

 

<保険での施術 一例>

・ 交通事故に遭ってしまい怪我をした。

→ (自賠責保険・労災保険など)

 

・ 歩いていたら足をひねった

→ (健康保険など)

 

・ 通勤途中に転んでしまって怪我をした

→ (労災保険)

 

・ ご年配の方や障害・ご病気があり

痛みなどが強く出歩けない

→ (医師の同意を得て健康保険)

 

・・・

様々なパターンは考えられますが

保険が使えるケースについては

制度などを熟知していますので

しっかりと時間をかけてご説明させていただきます。

いつでもお気軽にご相談ください。

 

傷害保険の書類作成なども

承っております。

 

また

「怪我をしたことにして

健康保険を使ってマッサージしてほしい」

といったご要望は一切お受けできません。

ご理解ください。

★ 保険をつかった治療(施術)を

受けるうえでの注意点 ★

 

保険診療・自由診療問わず

治療は計画性を持って行います。

 

そのため、

自分が来たいタイミングで施術を受ける。

というスタンスですと

なかなか回復しないケースも多いです。

 

事前に担当者と相談して決めた計画通り

通院ししっかりと治療を受けたほうが

良いと思います。

 

また、とくに公的な意味合いのある

保険診療で施術をする場合ですと

なおさらです。

 

自分の好きなタイミングで来て

施術を受けるという

治療に集中していないようなスタンスでは

やはり保険者さんからも

 

「本当に治す気があるのか?

ないならば保険を使う意味があるのか?」

という指摘を受ける可能性もあります。

 

例えば月に1,2回きて施術を受けるだけでは

たとえ忙しかったとしても

痛みをこらえていたとしても

単なる慰安目的・娯楽目的で

保険を使っているとみられかねません。

*最初は、毎日治療を受けるくらい

集中してもよいくらいです。

 

これは自賠責保険・労災保険・健康保険

保険の種類を問わず、皆同じです。

今後はますます運用が厳しくなることが

予想されます。

 

しっかり通院ししっかり治療に集中しましょう。

 

特に交通事故に遭ってしまった方が使う

自賠責保険、また労働災害に遭ってしまった方の

労災保険などはその傾向が強くなるでしょう。

 

仕事に学校に家庭に・・・

忙しいことは承知していますが

やはり治療に集中した方が良いです。

 

できる範囲で良いので全力で

治療に集中することをオススメします。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>

交通事故に遭ってしまった方が治療を進めるうえでの

ご質問や疑問、不安・不満を公開しています。

同じようなことでお困りの方の参考になるかもしれません。

>>>>>>>>>>>>>>>>

★交通事故・労災事故に遭ってしまった方が抱える

疑問や不安についてのまとめはこちらから・・・

 

, , , , , , , , , , , , , ,