Go to Top

自律神経(パニック障害・うつ傾向、めまい、耳鳴りなど)のこと

眠れない

つばが飲み込めない

めまいがする

気持ち悪い・気持ちが落ち込む

頭が痛い

不安が強い

常に肩こりがする

病院で自律神経失調症だといわれたが

どうしていいかわからない・・・

そんな疑問や不安をお持ちの方のために

記事をまとめておきます。

また田無北口鍼灸院では

丁寧にカウンセリングしたうえで

病院の紹介も積極的に行います。

どうやって治療をしていいかわからない方も

一度ご相談ください。

<改善例・施術実績など>

・ 30代女性 パニック障害

・ 40代男性 パニック障害 うつ傾向 自律神経失調症

・ 20代男性 神経症・自律神経失調症に関して。「口の中の違和感(むずむず)」

・ 30代男性 慢性疲労症候群傾向・自律神経失調症

・ 40代女性 神経症・自律神経失調症「つばが飲み込めない」

・ 20代女性 胃腸の不調・疲れが取れない・自律神経失調症

 

うつ病と鍼灸治療に関して。その2。うつ病で使われる薬に関して。セルトラリン、バロキセチン、フルボキサミン、ジェイゾロフト、パキシルほか・・・

うつ病の治療で使われる薬についてまとめていきます。   薬は再発を抑えるために症状がなくなったあとも しばらく飲み続けることが多いです。 自己判断で中止したりせず 医師の指示に従い服用しましょう。   …Read More

うつ病と鍼灸治療に関して。その1。うつ病とは?、うつ病の治療について、うつ病の鍼灸治療の可能性など。

田無北口鍼灸院で施術や 治療相談を行っていますと 自律神経失調症をはじめ うつ(鬱)、うつ傾向でお悩みの方が 数多く来所されます。   症状や治療方法、鍼灸治療は効果あるか? うつ病の治療で使われる薬 などにつ …Read More

なぜ田無北口鍼灸院には、自律神経失調症で悩む方が数多く 相談に訪れるのか??

私は鍼灸師として15年以上活動しておりますが、 自律神経の問題で悩み鍼灸院を訪れる方は 非常に多いです。 田無北口鍼灸院にも そのような方がたくさんいらっしゃいます。   自律神経の不調でお困りの方へは 鍼灸師の立場で …Read More

胃の調子が悪い、肩こり、めまい(自律神経症状)などに関して。田無北口鍼灸院の施術・30代女性の改善例

症状と改善例についてまとめていきます。   ・・・全員が同じように 改善するわけではないと思いますが 参考になれば幸いです。 *プライバシーに配慮するため 個人情報等、多少脚色してあります。   弊所 …Read More

田無北口鍼灸院から病院をご案内、併用しながら施術した例:漢方内科 自律神経の不調 → 適応障害

弊所では以下のような場合 病院などの受診を オススメすることがあります。   (1)施術を行い改善しない場合や 逆に悪化している場合 (2)施術者の判断で 専門家の判断を仰いだほうが 良いと思われる場合・緊急性 …Read More

田無北口鍼灸院から病院をご案内、併用しながら施術した例:心療内科 パニック障害・自律神経の不調 → うつ病

弊所では以下のような場合 病院などの受診を オススメすることがあります。   (1)施術を行い改善しない場合や 逆に悪化している場合 (2)施術者の判断で 専門家の判断を仰いだほうが 良いと思われる場合・緊急性 …Read More

突発性難聴と鍼灸治療

(1)突発性難聴とは? 感音性難聴の一種で片方の耳が 突然聞こえにくくなる病気です。   一般的には40代から50代が なりやすいといわれていますが 若い人がなることもあります。 歌手の堂本剛さんや浜崎あゆみさ …Read More

「過敏性腸症候群(IBS)が鍼灸によって改善する」、という論文

弊所で施術を行っていますと 多いのが自律神経の不調による ・ めまい ・ 肩コリ ・ 吐き気 ・ 胃腸の不調 などです。   その中でも 高校生や大学生に比較的多いのが 過敏性腸症候群 といわれる症状です。 & …Read More

自己免疫疾患(ギランバレー症候群・重症筋無力症・バセドウ病・クローン病など)と自律神経失調症

自己免疫疾患になると 自律神経失調症の症状が出ることがあります。   自己免疫疾患と自律神経不調体験記を ブログにかかれている方がいます。 重症筋無力症という疾患です。 ご参考までに。   *重症筋無 …Read More

足の冷え症改善、冷え性対策、冷え症に有効なツボに関してなど。田無北口鍼灸院の解説

冷え性とは・・・ 通常の人が苦痛と感じない程度の 温度環境下において 腰背部・手足末梢・両下肢・ 半身・あるいは全身に異常な寒冷感を自覚し この異常を一般的には 年余にわたって持ち続ける 病態をいう。 多くの場合この病識 …Read More

更年期障害と自律神経失調症について。現代医学的検査や治療法。鍼灸施術について。

(1)現代医学的検査 現代医学では以下のような 項目について調べて検査していく。   ・ 血中エストラジオール(E2)、FSH 更年期障害と診断するには E2の低下、FSHの上昇が 数回の異なる時期の測定で 認 …Read More

更年期障害と自律神経失調症について。症状や原因など。

取れない疲れ、肩コリやのぼせ。 普段は平気なことにも ついイライラしてしまう。 頭の中がまとまらず、 気分転換や睡眠をとっても 乗り切れない。 インターネットなどで調べると 「自律神経失調症」 や 「更年期障害」 の文字 …Read More