Go to Top

「過敏性腸症候群(IBS)が鍼灸によって改善する」、という論文

弊所で施術を行っていますと

多いのが自律神経の不調による

・ めまい

・ 肩コリ

・ 吐き気

・ 胃腸の不調

などです。

 

その中でも

高校生や大学生に比較的多いのが

過敏性腸症候群

といわれる症状です。

 

簡単に症状を説明しますと・・・

 

・ 学校に行く日の朝や

テストの前、部活の試合の前など

緊張するとすぐ下痢になってしまう。

 

・ 冷房の効いた場所で

少しお腹が冷えただけで

すぐにお腹がゴロゴロと痛くなる。

 

・ 特になにもしていないのに

しょっちゅう下痢をしてしまう。

 

などの症状が多いです。

 

ご本人はおかしいなと思って

病院に行っても

特に異常は見つかりません。

 

過敏性腸症候群・過敏性大腸炎

などという名前はつくものの

医師から

ストレスが原因、自律神経の問題、

などといわれどうしていいかわからず

相談に来る・・・

 

というパターンです。

 

ストレスが原因ならば

ストレスを取り除けばいいのですが

どうしてよいかなかなかわからない方も

多いです。

 

過敏性腸症候群が

鍼灸で改善するという論文

全日本鍼灸学会のHPでも

閲覧することができます。

 

鍼を打って一撃ですべてが治る

という意味ではないですが

効果があるのは確かなようです。

 

お困りの方はご相談ください。

*弊所は大学生や高校生などからの相談も多いです。

, , , , , , , ,