Go to Top

頭痛に関して分類(緊張型頭痛・片頭痛など)・鍼灸治療のエビデンスなど。

<1>頭痛の分類

頭痛とは頭部の一部あるいは全体の痛み総称。

国際頭痛学会の頭痛分類は

以下のように頭痛を分類している。

 

(1)一時性頭痛

・ 片頭痛

・ 緊張型頭痛

・ 群発痛およびその他の三叉神経痛、

自律神経性疼痛

・ その他の一時性頭痛

 

(2)二次性頭痛

・ 頭頚部外傷による頭痛

・ 頭頸部血管障害による頭痛

・ 非血管性頭蓋内疾患による頭痛

・ 物質またはその離脱による頭痛

・ 感染症による頭痛

・ ホメオスタシスの障害による頭痛

・ 頭蓋骨・首・眼・耳・副鼻腔・歯・口など

顔面・頭蓋の構成組織障害による頭痛、顔面痛

・ 精神疾患による頭痛

 

(3)頭部神経痛、中枢性一時性顔面痛

及びその他の頭痛

・ 頭部神経痛および中枢性顔面痛

・ その他の頭痛 頭部神経痛など

 

鍼灸院の現場では

片頭痛および緊張型頭痛の相談や施術が多い。

それらを中心にまとめていきます。

 

<2>頭痛に対する鍼灸治療のエビデンス

(1)一時性頭痛に関して

欧米では「非薬物療法」として広く認知され

ランダム化比較試験による報告も多い。

 

一例

・ 通常治療(薬物療法)

→ 3か月の頭痛日数が

8.1日から7.5日に減少

 

・ 通常治療に加え、鍼治療を加えた群

→ 3か月の頭痛日数が

8.4日から4.7日に大きく減少。

*医歯薬出版株式会社

「鍼灸臨床最新科学より」

 

<3>まとめ

・・・

一時性の頭痛片頭痛や緊張型頭痛に関しては

鍼灸治療がとても有効で

上記のようなエビデンスもあります。

 

薬物療法以外の選択肢として

妊婦さん、薬を飲みたくない方へも

有効です。

 

一時性頭痛でなくまた緊急性が疑われる場合などは

医療機関への受診を勧めるなど

フォローさせていただきます。

お気軽にご相談ください。

, , , , , , , , , , , , ,