Go to Top

腰椎椎間板ヘルニアの痛み・痺れ改善。田無北口鍼灸院での施術・30代男性の例。

症状と改善例についてまとめていきます。

 

・・・全員が同じように

改善するわけではないと思いますが

参考になれば幸いです。

*プライバシーに配慮するため

個人情報等、多少脚色してあります。

 

弊所は痺れや痛み症状で悩む方も

多く来所されます。

しびれ症状は時間もかかり

また施術でよくなる方もいればあまり改善

が進まないこともある厄介な症状の一つです。

 

整形外科に行ってもなかなか

改善しないと訴える方もいます。

 

鍼灸を行うと改善することも多く

今回もうまくいきました。

詳しくは以下・・・

 

お名前 

白川健太さま(仮名)

36歳(施術当時)

主な訴え 

・ 右大腿部の痛み・しびれ

・ 腰の痛み・しびれ

・ 整形外科で過去に

腰椎椎間板ヘルニアの診断

・ 仕事で重いものを持つので

つらい。何とかしたい。

(ご本人談)

 

施術開始時期

平成29年06月13日

改善時期

平成29年07月10日

(週に1.2度程度。全5回の施術。)

経過・状況など

整形外科に行っていたが改善しなかった。

 

あまり説明もしてもらえず不安・不満。

(ご本人談)

医師とのコミュニケーション不足。

整形外科での治療やメリットなども

説明しました。

必要があればこちらからも整形外科を紹介。

 

納得してもらうがまずは

弊所で鍼灸の施術を受けたいとのこと。

 

(1)思い当たる原因

元々腰が悪かった。

3年くらい前に腰椎椎間板ヘルニア

の診断をされた。

仕事で重いものを持つ。

(ご本人談)

 

(2)弊所での施術・見解

下肢の血流があまりよくない。

股関節の動きも悪く腰への負担も強い。

 

まずは鍼灸の施術効果などについて

説明する。

 

鍼灸をすると

 

・ 筋肉の緊張をとる

・ 血流の促進(下肢のお灸)

・ バランスの改善

 

などの効果がある。

 

その結果、症状が改善されるという

例は何回もあった。

*しかしながら

しびれ症状は難しいとも説明。

受け入れてもらう。

 

症状が強いため最初は

週1・2度ほど通院してもらい

様子を見てもらう。

 

(3)経過・施術など

第一回 平成29年06月13日

腰周辺も緊張を確かめつつ

下肢の血流促進に重点を置く。

 

お灸で知覚神経を刺激。

また足全体の緊張を取る目的で

・ 鍼灸

・ 吸玉療法

など行った。腰への負担軽減もさせる。

 

痛みがあるうちは禁酒指導。

 

第二回 平成29年06月19日

第三回 平成29年06月22日

改善傾向。

痛みは引いてきたが痺れがまだ気になる。

引き続き緊張緩和とバランスを取る施術。

 

 

第四回 平成29年06月29日

改善傾向。

まだ症状はあるものの

仕事が少し楽になってきた。

 

第五回 平成29年07月10日

改善傾向。

 

症状が強かったため引き続き

体調メンテナンス目的の施術を勧める

 

(4)総括

股関節が硬いことや運動不足など

様々な要因が重なり

症状が悪化していた。

 

喫煙や飲酒も好き。

それらは痺れや痛みに対し

あまりいい影響は与えないが

症状を安定させることはできます。

 

足の血行が改善したら

ずいぶんと良くなりました。

 

今後もご自身の体調に気を配りながら

お身体をお大事にしてください。

*ヘルニアそのものが治ったわけでないため

体調管理がとても大事になってきます。

 

ご本人に書いてもらった

施術感想も書き起こして載せておきます。

Q1、施術前つらいと感じていたことを

教えてください。

 

2か月程度腰痛が続き痛み止めを服用し

痛みをごまかし治るのを待ってましたが

治らなかったことと痛みに気がめいって

しまったことがつらかったです。

 

Q2,施術後どうなりましたか?

痛みがかなりの部分でなくなり

以前と同じように体が動く用になりました。

 

Q3,施術を受けるまでに

不安なことはありましたか?

鍼灸は初めてでしたので施術を受けるまでは

不安がありましたが実際はそこまで気にする必要が

有りませんでした。

 

Q4,改善してほしいところがあれば、

お願いいたします。

とくになし。

, , , , , , , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ