Go to Top

寝違えに関して。田無北口鍼灸院の施術・20代女性の改善例。

プライバシーに配慮し

症状と改善例についてまとめていきます。

 

・・・全員が同じように

改善するわけではないと思いますが

参考になれば幸いです。

 

お名前 

田中花さま(仮名)

年齢

24歳

主な訴え 

首の疼痛 起床時に痛めた

施術開始時期

平成28年3月3日

改善時期

平成28年3月7日(3回の施術)

 

経過・状況など

3/3起床時に痛める。

寝違え。

 

(1)思い当たる原因

特にないが

寝違えはたまに起こす。

(本人談)

前日お酒を飲んでいた模様。

 

 

(2)弊所での施術・見解

元々緊張が強いタイプ。

細身。ストレートネック気味の体型。

肩甲骨周辺の緊張もあり。

 

寝違え疼痛そのものに関しては

さほど時間がかからず改善

させられる。

 

しかし根本的な原因・緊張癖

などを取らないと

再負傷すると説明。

 

まずは症状を抑えるための施術を

3回行う。と説明。

 

また症状が改善しない場合は

遠慮なく申し出てもらう。

ヘルニア等別の原因も考えられるので

その際は病院を紹介する。

 

(3)経過

3/3 疼痛が強い

アイシング・鍼・低周波

自宅での安静指導。

お風呂に入らないよう指導。

禁酒指導。

 

3/5 経過良好。

3/3当日の夜から痛みがひいてきた。

鍼・低周波・肩甲骨の調整

 

3/7 症状改善

根本的な原因を改善させる

施術にするようお伝えする。

承諾。

 

(4)総括

意外かもしれませんが

ぎっくり腰や寝違えの

症状を取ることは

さほど難しくありません。

 

急性症状なので

正しい処置を行えば

良くなっていきます。

 

それよりも

なぜしょっちゅう寝違えを

起こしているのか?

考えて対策を講じていく方が

ご本人のためだとお伝えしました。

, , , , , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ