Go to Top

慢性腰痛の施術と改善までの目安 ~西東京で腰痛に悩まされてしまったら、各種調整・マッサージ・鍼灸等がおすすめです。

<約2800万人、国民の多くが腰痛!!>

025

腰痛は肩こりと同じく、病名ではなく症状名です。

少し前の、朝日新聞にも腰痛に関する記事が出ていましたが

日本でも推定2800万人が腰痛症状を感じているとのことで

40代から60代のほぼ半分の人が腰痛、国民病ともいえそうです。

 

私自身も気をくけなければいけません

(・・・この仕事をしていると前かがみになることが多いので

実は腰痛になってしまう治療家が多いのです。)

数か月前にレントゲン撮影したところ

担当医の先生から 「腰が少し悪い」 とのご指摘も受けました。

 

<腰痛はなぜ起こる?? 腰痛とそれにまつわる疾患>

cc9de9d4

体を支える脊柱のうち、腰椎の組織のどこかに刺激が加わっていたり、

ストレスが加わり、組織が損傷を受けたり、

変性(老化)が起こったりしているほか、

限られた部位に疲労が蓄積しているケースなど、

組織に加えられた、あるいは生じた害によって痛みは起こるのです。

 

一方、身体の他の部位での病気が腰痛を引き起こすこともあります。

腎臓、胃、膵臓、腸の病気、悪性腫瘍、

骨、代謝性や全身性の病気などです。

これら病気は通常とは違った形で他の症状を伴っていたり、

病根が考えられる以上に頑固であったり、

一般的な腰痛治療の効果があがらない場合に原因として考慮されます。

ですから肩こりと同じく、一言で腰痛と言っても

いろいろなケースが考えられるため注意深く経過観察しなければなりません。

★ 少しでも心配な場合は、整形外科等への受診をし検査して

まずは状態を確認することを、お勧めいたします。お問い合わせください。

 

ここでは骨、筋肉、関節などで起こる外傷性の腰痛を

一例として取り上げます。

腰痛が慢性化している場合は以下のような原因も考えられます。

 

腰部椎間板症

(状態、症状) 椎間板の変形、長時間立つとつらい

椎間板ヘルニア

(状態、症状) 椎間板が変形により突出、痛みの増大・しびれ、

排泄障害(重度の場合)

腰部脊柱管狭窄症

(状態、症状) 椎間板突出による脊椎・脊柱管の変形

起床時も痛い、痛み・しびれ・麻痺間欠跛行(休まないと歩けない)、

排泄障害(重度の場合)

変形性脊椎症

(状態、症状) 骨の変形

 

 <田無北口鍼灸整骨院の腰痛の施術、対処法>

(1)バランス調整

20130129141501

骨盤の状態や足の長さを見比べて

バランスを整えていきます。

骨盤=体の中心ののバランスが整うと、土台が安定し

無駄な筋肉の負担がなくなります。

(2)温熱療法

GetAttachment

長年腰痛が続くと、下半身・腰の血流が悪くなっていきます。

下半身を良く温め血流を改善していきます。

 

(3)鍼灸

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

筋肉の深部にまで届く鍼(はり)などが有効な場合があります。

特に痛みや神経症状に対して効果が高いです。

(4)ストレッチ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

特におしりの筋肉をよく伸ばしていきます。

腰を無理に伸ばさなくても骨盤周辺の筋肉が安定すれば

状態は良くなっていきます。

 

<改善までの目安>

一回の施術でも痛みは和らぎますが

慢性的に痛みがある場合は生活習慣などを良くお聞きし、経過観察をしながら

「なぜ、腰痛が長年続いてしまっているのか?」

を確かめることが重要になってきます。

 

ですからまずは3回試してみてその後は週に一度の施術を受け

症状が良くなってきたら回数を減らしていくことをオススメします。

家でできるケアなどもお伝えしますので

自分自身で生活の中でできる運動なども取り入れながら長年続いた痛みを

解消していくのが良いと思います。

★ 施術を受けられた方の体験談はこちら・・・

 

慢性的な腰痛には健康保険の使用はできません。

詳しくはこちらから…

, , , , , , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ