Go to Top

膝の痛みについて ~西東京で膝の痛みにお悩みなら田無北口鍼灸整骨院の調整・マッサージ・鍼灸などをお試しください

a1640_000386

<膝の痛みはなぜ起こる?>

様々な原因から膝が痛くなりますが特に多いのは以下のようなケースです。

2846195_m

・  変形性膝関節症

関節軟骨がすり減って傷んでしまい、

膝に痛みを感じるようになる症状のことです。

女性に多く見られ、慢性関節リウマチなどの病気を除くと、

多くの膝の痛みの原因となっています。

関節の変形へもつながり、膝を支える筋肉の働きもさらに低下していく恐れがあります。

 

・ スポーツなどによる膝の痛み

膝の痛みを予防するためには、下半身の筋力強化が重要ですが、

過度に体を動かし続けると膝を痛めるリスクが高まることもあります。

競技で特定の筋肉にばかり負荷がかかり、

その疲労が解消されずに再び運動を始めると、

膝を支える筋肉や靭帯への負荷が増し、関節軟骨の磨耗を早めることに。

 

・ O脚・X脚の影響

腰や骨盤、股関節周りの筋肉バランスが悪く、

後天的にO脚やX脚になってしまった場合、

O脚では膝の内側へ、

X脚では膝の外側へ負荷がかかりやすくなり、膝痛へ発展することがあります。

 

・急激な体重増加

肥満や急激な体重増加は、膝の痛みを引起すリスクが高くなります。

 

・ 過去のケガの影響

過去のスポーツによる怪我や交通事故などで膝の靭帯を損傷したり、

膝付近の骨折で関節軟骨が傷ついてしまった場合に、

膝の不調を訴えやすくなったりします。

 

田無北口鍼灸整骨院では、一人一人の状態を見てお話をじっくり伺いながら

なぜ膝が痛くなったのかを チェックしていきます。

写真 (91)

★移動の日本社 図解 整形外科学検査法 より

 

<女性に多い!ひざの痛み>

筋力の関係で、男性より女性の方が膝の痛みを

訴える方が多いです。特に中高年の方が膝の痛みを感じる方が多いようです。

 

(1)階段の上り下りで痛む

hizatsu-01-web-c

(2)立ち上がったり、座ろうとしたときに痛む

hizatsu-04-web-c

 

<膝の痛みは骨盤・足元から調整>

痛い部分だけではなく、体重のバランスなどを考え

骨盤から調整していく方が結果的に痛みが取れるのも早くなります。

外反母趾や骨盤のバランスはひざ痛と密接な関係があるため

しっかりと事前チェックを行います。

足首は大事

 

 

, , , , , , , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ