うつ病と鍼灸治療に関して。うつ病とは?、うつ病の治療について、うつ病の鍼灸治療の可能性など。

うつ病と鍼灸治療に関して。うつ病とは?、うつ病の治療について、うつ病の鍼灸治療の可能性など。

田無北口鍼灸院で施術や治療相談を行っていますと自律神経失調症をはじめうつ(鬱)、うつ傾向でお悩みの方が数多く来所されます。症状や治療方法、鍼灸治療は効果あるか?やうつ病の治療で使われる薬などについても書いていきます。また弊所ではうつ病やうつ状態の方や自律神経失調症でお悩みの方からの相談に数多く応じておりますが診断をすることもできませんし断薬を勧めたり、病院での治療方針を否定することは基本的にしておりません。まずは通常医療(病院の薬など)を選択した上で鍼灸治療と病院の併用をオススメしますが病院の治療が合わない場合などはお話をよく伺い、アドバイスさせていただきます。まずはご相談ください。

(1)うつ病とは?

うつ病になる原因は生物学的仮説、心理学的仮説などありますがはっきりは分かっていません。何らかの大きなストレスが誘因となることが多いようです。持続的なストレスが原因といわれています。症状は心や体に出ます。以下症状の例です。

抑うつ気分
不安・あせり
遠くへ行きたい・消えてしまいたい
興味や喜びの喪失
意欲低下
自責の念
会話の内容がわからない

睡眠障害
食欲減退
疲労・倦怠感
動悸
息苦しさ・口の渇き
身体の重さ
身体の痛み

(2)うつ病とうつ状態(症状)の違い

うつ病の場合は診断基準があり(DSM-5、ICD-10など)その基準に当てはまるものがうつ病と呼ばれます。うつ病が原因でうつ状態(症状)があらわれます。

うつ状態は

・ 気分が落ち込んでいて

・ 意欲や関心が喪失していて

・ 疲れが取れず

・ 考え方が後ろ向きになってる

といった状態(症状)を差しうつ病が原因でこの症状が現れているとは限りません。自己判断でなく必ず医師の診断を仰いでください。

(3)うつ病の治療

以下に大別されます。

1、休養

2、薬物療法

抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬、その他

3、精神療法

認知行動療法など

4、その他

漢方薬による治療、運動療法、音楽療法、鍼灸治療など

(4)うつに対する鍼灸治療の可能性

上記(3)4,その他の治療法として鍼灸治療が用いられることがあります。

まずうつ病に対して鍼灸は効くのか?という点ですが海外のものも含め有効性が示された論文が多数存在します。最近ですと頭のてっぺんにある百会というツボに電気鍼治療を行い症状が改善した論文が上がっていました。厚生労働省の「統合医療情報発信サイト」にもうつ病に対する鍼治療の有効性の評価が掲載されていました。また明治国際医療大学の伊藤和憲先生がまとめた報告書によると93%の論文でハミルトンうつ病評価(HAM-D)尺度の改善が認められている、とのことでした。

うつの程度による効果の差異はHAM-D中等度以上に効果があり重症でも効果があるとされています。軽症に関しては調査が少ないために効果は明確でありません。また薬物単独で治療を行うよりも鍼治療を併用する方が良いとされています。論文でよく使われていてる経穴(ツボ)は以下です。

百会、四神聡、頭臨泣、印堂、内関、神門、

三陰交、足三里、太衝など。

脳の血流を促進するような効果があるのでしょう。まずはご相談ください。

★また精神疾患などによりマル障の医療証をお持ちの方は自己負担ゼロ円で鍼灸施術を受けらる可能性があります。事前にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。