カテゴリー: 思うこと

    治療に対する考え方や思いなど。

★重要★通常医療を否定しない。代替医療ではなく「補完代替医療」という考え方。

(1)補完代替医療とは何か?

一般的に日本の病院では「通常医療」、「西洋医学」、「現代医学」と呼ばれる医療が行われます。医学は科学技術の発展とともに様々な病因の分析や治療法の開発がなされ今日までに進歩してきました。一方で生活習慣やストレスなどに起因する精神疾患、アレルギー疾患、がんなどについては必ずしも容易に克服できない状況が続いています。医学にも得意・不得意がありそのような背景からも健康食品やマッサージ、鍼灸など通常医療に組み込まれないいわゆる「補完代替医療」が広く国民に利用されているという現状があります。

(2)補完代替医療の種類

例としては以下です。

国家資格・国の制度に組み込まれてるもの:

はり灸、あんまマッサージ指圧、
ほねつぎ、漢方医学の一部、
サプリメント(栄養機能食品など)

その他:

カイロプラクティック、整体、
ヨガ、音楽療法、アユルベーダ、
ホメオパシーなど

(3)統合医療、代替医療、補完代替医療

アメリカは国家的な取り組みとして1998年にNational Center for Complete mentary and Altanative Medicine(NCCAM)を設立しています。当初NCAAMは補完代替医療をComplementary and Altanative medicine=「一般的に通常医療とみなされない医療、ヘルスケアシステム、施術、生成物などの総称」と定義していました。

Altanative medicineが代替医療の訳でこれは通常医療である西洋医学を否定する意味合いがあることから現在は「Complementary health approaches」すなわち「補完代替医療」という用語を用いるようになってきました。

*参考*
医歯薬出版
「補完代替医療とエビデンス」より

かつて代替医療

いま代替補完医療

と覚えておくとよいでしょう。

また統合医療というのは医師管理のもと通常医療・西洋医学に代替補完医療(鍼灸など)を統合し患者中心の医療を行うものです。

(4)鍼灸などを行う上で、
大事な考え方

補完代替医療は素晴らしい面もたくさんありますが一方でがんなどの重病にかかった有名人が

「怪しげな民間療法にハマリ
通常医療を受ける機会を逃し
かえって悪い結果になってしまった」

というような残念なニュースをきくこともあります。大切なのは通常医療を否定しないという考え方です。

以下、国立がんセンター
「補完代替療法を考える」
から大切な考え方を載せておきます。

がんだけでなくすべての疾患に当てはまると思いますので代替補完医療と呼ばれるものを検討する際には参考にされるとよいでしょう。

(以下抜粋)

あなた自身に問いかけてみましょう

・ この補完代替医療は、
自分に合っていると思えるか。

・ この補完代替医療は、
心地よいものか。

・ この補完代替医療の
施行時間は、長すぎないか。

・ この補完代替医療を行うのに、
通院距離は遠くないか。

・ この補完代替医療を行うのに、
予約は簡単に取れるか。

・ この補完代替医療を行うのに、
お金がかかりすぎないか。

・  補完代替医療を受ける場所や
スタッフに不快な気分を
感じなかったか。

・  補完代替医療の専門家は、
標準的ながんの治療を
サポートしてくれるか。

また鍼灸や一部漢方などは国内海外ともに研究データが豊富で厚生労働省の管理する「統合医療情報発信サイト」にもたくさんエビデンスが掲載されています。民間療法・代替補完医療というと同じように聞こえる方もいるかもしれませんが千差万別です。よくチェックされることをお勧めします。

私自身の考えでは通常医療を理解していない人が発信する補完代替医療の情報は無意味です。それどころか害が大きいです臨床試験のこと、薬のこと、医学用語など・・・理解していない人が勧める補完代替医療は疑ってかかることをオススメします。

通常医療を理解していないと、どこからどこまでが補完代替医療の守備範囲か?わからずにクライアントに不利益を与えます。がんやアトピーが治らないのは製薬会社の陰謀、などと極端な話をする人もいます。
通常医療を否定するような施術やサプリ、また簡単に、根拠なく「治る・良くなる」という方法ははお勧めしません。

厚生労働省なども
情報発信しています。よく検討しましょう。

病院でできること、鍼灸院でできること。特性の違いについて。

たまに質問されるのでこちらにも

まとめておきます。

また弊所のスタンスとして

現代医学をむやみに否定することはしません。

 

病院を上手に利用し、

鍼灸院も上手に利用し、

最速で改善されますよう

適切に精密検査や投薬治療などを

利用されることをおススメします。

 

緊急性や病気が疑われる場合は

こちらから病院に

紹介状を書くこともあります。

病院と田無北口鍼灸院は協力関係にあります。

遠慮なくご相談ください。

 

病院でできること、特徴

・ 医学的検査:

レントゲン・MRIなどの画像診断

血液検査、聴力検査など

検査をすることで病気が原因でないか?

正しく知ることができます。

もちろん検査をしてもわからないこともあります。

・ 投薬・注射:

薬物療法は医師の指示の元

行うことができます。

痛み止めの注射などは痛みが強い場合

有効です。

 

・ 特徴

病院の役割の一つとして

「正確な診断」を下すこと

というのがあります。

緊急性がある疾患でないか?

判断することです。

 

また病院はたくさんの方が訪れます。

 

そのため医師が一人の患者さんに

さける時間はどうしても

少なくなってしまいがちです。

 

「検査はしてくれるが治療はしてくれない」

という印象を持つ方が

いるようですが

上記のような特徴から

そう感じてしまうのかもしれません。

 

費用はほとんどの場合で

保険診療でできますので

安価で済むことが多いです。

 

鍼灸院でできること・特徴

・ 東洋医学的検査:

全身を触ります。

脈を見たりお腹の状態を見たり、舌の状態を見たりします。

検査といっても数値で見たりする

客観的検査ではなく

硬さや色を見るなど主観的な検査です。

 

・ 鍼や灸:

鍼灸をやります。

鍼は痛くないですし灸は熱くないです。

ささない鍼もあります。

即効性があることも多いですが

徐々に効いてくるものもあります。

 

・ 鍼灸院の特徴

一人一人に時間をかけられます。

お話をゆっくり聞かせていただきます。

そのため

「なぜ調子が悪くなったのか?」

という原因究明に時間をかけられたりします。

ストレス性や緊張性の

病院では、お薬ではなかなか解決しない

問題に対して強いです。

 

費用は一部保険適用のことも

ありますが基本的には

自由診療です。

一回6000円程度~というのが

一般的な相場でしょうか。

 

まとめ

身体に不調を感じた場合

まずは病院で診察を受けるのが良いでしょう。

 

異常がないか?

病気が原因ではないか?

調べてみてください。

 

病院の投薬治療やリハビリでは

いまいちよくならないと感じている方や

セカンドチョイスとして、

また上手に併用しながら

鍼灸院を利用するのが良いでしょう。

 

・・・わからない方は一度ご相談ください。

漢方内科をご紹介し協力しながら

施術にあたることもできます。

今すぐ「お電話相談」はコチラ