Go to Top

職業別にみる痛み、その1 自動車整備士の方の腰痛、ギックリ腰

10696692_s

 

 

 

 

 

 

 

 

本日から、職業別に痛みや疾患がどのように出るのか?

まとめていきたいと思います。

 

自動車整備士の方はタイヤなど重いものを持つ

または中腰の体制での作業など

体に負担がかかることもあり

日頃から腰痛で悩んでいる方が多いです。

 

同じ姿勢での繰り返しの作業や

重いものを持つことによる腰への負担などが主な原因なのですが

そのような方のぎっくり腰の傾向は

重いものを持ち上げた瞬間に腰を痛める

というよりも

机のものを取ろうとした瞬間に、ぴきっと痛める

というパターンの方が多いようなのです。

 

・・・

これは日頃からの疲労などが蓄積され

関節や筋肉の可動域が下がっている際に起こる現象

と考えられます。

 

自動車整備士さんですと

中腰の作業などにより股関節周辺の

筋肉や関節が硬くなってしまい

仙腸関節などの可動域が低下してしまっているのです。

 

ところが、

本人は普段と同じように動いてしまうために

机のものを取ろうとした瞬間に痛める。

というような現象が起きてしまうのです。

 

弊所に来所される頃には

「大したことしていないんだけど・・・」

「くしゃみをした瞬間に痛くなって・・・」

というような表現をされることが多いです。

 

自動車整備士さんをはじめ

繰り返しの作業が多い方は上記のように

疲労が蓄積して

思わぬ負傷をしてしまうことが多くあります。

 

くれぐれもお気を付けください。

お困りの方はこちらまで・・・

今すぐ「お電話相談」はコチラ