Go to Top

田無北口鍼灸整骨院の腰椎・頸椎椎間板ヘルニアに対しての施術~はり、各種調整、吸玉ほか・・・

22971549_s

(1)椎間板ヘルニアとは?

椎間板、とは椎体(背中の骨)と椎体との間に存在し

脊椎にかかる衝撃を和らげるクッションの役割をしています。

椎間板は中央に位置するゼリー状の組織と

繊維製の硬い外層で構成されています。

外層に亀裂が生じ中心部にあるゼリー状の組織が飛び出すと

突出部位周辺の神経根を圧迫することがあります。

 

(2)症状

9335756_m

首で起これば頸椎椎間板ヘルニアと呼ばれ

手や肩などにも痺れや痛みを生じることがあります。

腰で起これば腰椎椎間板ヘルニアと呼ばれ

腰周辺や下肢に痛みやしびれを生じることがあります。

 

(3)田無北口鍼灸整骨院ではどのような施術を行うか?

ヘルニアそのものは手術をしなければ治りません。

ただ病院でも手術を勧められるケースとは

 

・ 両下肢に常時のしびれや痛みがあり日常生活を送るのも困難

・ 排尿排便障害がある

・ ヘルニアにより筋力が低下してしまっている

 

など症状が重い場合が多いようです。

 

手術にはリスクも伴うことから、

まずは保存療法で様子を見る、という選択をする方も少なくありません。

(手術はせず温めたり筋肉をほぐすことで痛みを減らすこと)

弊所ではこの保存療法を選択される方へ

以下のような施術を行っています。

 

鍼灸(はりきゅう)

10679353_s

 

鍼灸(はりきゅう)により緊張している筋肉がゆるみ

患部への負担が減ります。

また痛みそのものにも効果があるといわれています。

 

ストレッチ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

患部への負担を減らすためのストレッチや各種調整を

行っていきます。

無理やり引っ張ったり伸ばしたりする無理な施術は行いません。

 

吸玉療法

10613151_328153940693549_3815554977979475856_n

吸玉(すいだま)療法は毛細血管の拡張を促すため

痛みやしびれ感の改善に効果があるといわれています。

 

(4)自己判断でなく不安があれば、まずは病院を受診しましょう。

20299005_s

MRIの画像診断などによりヘルニアかどうか診断できるのは

医師だけです。

 

自己判断でやみくもにマッサージしたり、はり治療を行っても

あまりいい結果が出ないことも多いです。

 

もしも不安があれば一度病院(整形外科)で

ヘルニアかどうかの診断をしてもらいましょう。

 

弊所でも一定期間施術を行い症状が改善しない場合や

不安がある方には病院への受診をオススメしております。

紹介状なども書きますのでお気軽にご相談ください。

, , , , , , , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ