タグ: 西東京

鵞足炎 ~西東京市で膝が痛くなったら・・・田無北口鍼灸整骨院の解説

43189541_s

◎「鵞足炎」

膝の痛みを引き起こす可能性のある病気の一つに

「鵞足炎(がそくえん)」があります。

膝の痛みに加え、膝の内側から膝下にかけて痛む場合は

鵞足炎になっている可能性があります。

 

膝の内側には、ハムストリングや内転筋などの筋肉につながる腱が集中しています。

「縫工筋(ほうこうきん)」「薄筋(はくきん)」「半腱様筋(はんけんようきん)」などです。

腱が集まった状態を後ろ側から見ると、

ガチョウの足のような形に見えることから、

この部分を鵞足と呼ぶようになったのです。

 

鵞足炎は、この部分に炎症が起こり、痛みが出る症状のことをいいます。

膝の曲げ伸ばしをした時、運動している時、

患部を指で押した時、太もも裏の筋肉

「ハムストリングス」の内側を伸ばすストレッチングをした時などに痛みます。

特に、膝をいっぱいにまで伸ばしたときに痛みが生じやすく、

階段の昇り降りに支障をきたすのが特徴です。

初期は膝を動かした時のみ痛みますが、

ひどくなるとじっとしている時(安静時)にも痛みを感じるようになり、

日常生活にも支障をきたします。

2846195_m

【鵞足炎が発症しやすい動作、要因】

鵞足部分の腱は、膝の曲げ伸ばしをするときに、

膝が内側に入る動作(外反)や、

膝から下を外側にひねる動作(外旋)をしたときに、

腱と骨または腱同士がこすれます。

ランニングで脚を後ろに蹴り出す時、

サッカーボールを蹴る時、急な方向転換を行った時などでは

これら動作が重なりますので、鵞足部に負担がかかり発症しやすくなります。

a0002_001600

方向転換を伴わないランニングでも、

膝の位置が悪いX脚(内股)などがあると、

外反動作と外旋動作が繰り返されることになります。

また、水泳の平泳ぎのキックでも同様の運動が行われるため、

平泳ぎは鵞足炎を起こす典型的な動作の一つといわれています。

 

そのほかにも、足の内側に重心がかたよるような靴選び、

回内足(かかとの骨が内側に傾いている状態)、

衝撃を吸収できないアスファルトのような硬い地面の走行、

重心がかたよる坂道の走行なども痛みの原因となります。

 

結論的に言えば、野球、サッカー、バスケットボール、

ラグビー、水泳などが鵞足炎を引き起しやすい

スポーツと言われています。

 

【鵞足炎の診断と治療・予防】

(診断)

「運動時に鵞足部(膝下の内側)痛みがある」、

「鵞足部を押さえると痛みを生じる(圧痛)」

などの特徴的な症状が見られる場合、鵞足炎と診断されます。

基本的に痛みや腫れといった症状だけですので、

膝の不安定性があったり、

レントゲンで膝関節の他の組織に損傷が見られたりするような場合は、

別の障害の可能性を疑います。

 

(治療)

軽症の場合は、膝を使う運動を控えて安静を保っていれば、

炎症が治まり数週間で自然と治ります。

痛みが強い場合は、

安静を保ちつつ患部を冷やす「アイシング」をしたり、

シップなどの消炎鎮痛剤を使ったりして炎症を抑えます。

 

痛みが治まってきたら、鵞足部の筋肉の

ストレッチングやマッサージをして筋肉をほぐすのも効果的です。

重症時は痛み止めの注射や電気治療なども行われます。

 

急に痛みが発生した「急性」の場合は、患部を氷のうなどで冷やし、

テーピングで固定するようにします。

 

症状が長く続いて慢性化している場合は、患部を冷やしたり、

固定・圧迫することは、血行が悪くなり逆効果なので、

患部を温めたり積極的に動かして血行を促すのがベターです。

また、鵞足炎は再発しやすいので、

焦らずじっくり治療することが大事です。

 

(予防策)

鵞足炎の根本的な原因は、膝の使いすぎ(オーバーユース)と、

偏った姿勢や動作フォームです。

これらを改善することで症状の予防と

再発防止に役立ちます。ポイントは次の通りです。

 

● ひざの内側を伸ばす柔軟体操スポーツ時は

急に練習量、運動量を増やさず、

自分のレベルに合ったトレーニングを行い、

疲労の蓄積を感じたら十分な休養をとることを心がけましょう。

 

● 膝への負担を軽減するために、

運動前後のウォームアップ、クールダウンはしっかり行ってください。

普段から鵞足部やその周辺(ハムストリングス、内転筋など)の

筋力トレーニング・ストレッチを行い、

柔軟性のアップを図るとともにジョギングやランニングは、

できるだけ柔らかい土の地面や平坦な道で行いましょう。

 

● 走行時に膝が内側に入っていないか、

かかとが外を向いていないか確認し、

正しいフォームづくりをしましょう。

 

● X脚などの障害がある人や足の形が悪い人は、

シューズの調整や足底板の使用によって

重心のバランスを正常に保ちましょう。

障害のない人でも、靴のサイズは合っているか、

十分な衝撃吸収力はあるか、

足底が斜めになっていないか確認しておきましょう。

 

ゴルフ肘について ~西東京でゴルフのやりすぎで肘が痛くなってしまったら田無北口鍼灸整骨院の骨盤調整・鍼灸・マッサージがオススメです。

a1180_004719

 <ゴルフ肘とは??>

上腕内側上顆炎のことを、通称ゴルフ肘と言います。

良く聞くテニス肘も、ゴルフ肘と同じスポーツ障害ですが、ゴルフ肘とは逆で、

外側に痛みや炎症が起こります。

特定の動きをすると、肘の内側に痛みが生じたり、押すと、不快な感覚が生じたりします。

 

<なぜ痛みが出るのか??>

右肘を伸ばす筋肉群と

手首を背屈させる筋肉郡に過度なストレスが加わりつづけると

靭帯が疲労して、靭帯が付着している骨周囲に炎症が起きてしまいます。

腰の回転や、肩の動きが悪いと、どうしても手首を使った、“手打ちのスイング” になってしまい、

肘の故障が多くなると言われています。

テニスやゴルフで肘を痛めることがあればスイングの考え方を修整することと、

スイングの基本のアドレスから見直す必要があります。

 

<田無北口鍼灸整骨院のゴルフ肘施術方法>

1289-4

自発痛、ズキズキするような痛みがあるときは冷やします。

電気療法や、鍼などで早く痛みをとるよう施術を行いますが

まずは安静にすることが大事です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次に、肩関節や肩甲骨など周辺の関節や筋肉のバランスを

チェックしていきます。

 

どうすれば肘に負担がかからないスウィングができるのか

を考えながら骨盤や股関節からも調整していきます。

 

<改善までの目安>

a1180_005309

痛みをとるだけならば3から5回の施術で痛みをとることが可能です。

しかしながら前述のとおりスウィングの癖・また生活習慣が原因で

痛みが出ていることが考えられますのでフォームのチェックや

練習の見直しなどが大事になってきます。

 

まずは痛みをとることが大事ですが

ゴルフを気持ちよく長く続けられるよう、

定期的な調整をすることをオススメしています。

 

まずは週に一度程度調整を行い

股関節や肩甲骨が動いてきたら

2週間に一度程度の調整を行うことが理想です。

「施術を受けた後の過ごし方、注意点」~西東京市で鍼灸やマッサージを希望する方へ

a1640_000244

施術の効果をしっかりと出すために、

受けた後は以下のことに気を付けて過ごされるといいと思います。

 

①水分をたくさんとる

水分をたくさん取り、老廃物を尿で流します。

②アルコール、カフェイン等は控える

興奮作用があるものは避けましょう。

③早めに就寝する

ゆっくり休むことで、整体の効果の増幅を狙います。

④なるべくお風呂に入らない

お風呂に入ると、調整した血液循環などが元に戻りやすくなったりします。

どうしても入りたいという場合は、整体を受けた当日は

軽くシャワー程度にしておくことをオススメします。

 

★個人差がありますので詳しくはおたずねください。

 

テニス肘について

a1180_001685

 

◎テニス肘
テニス肘で悩む患者さんが増えています。テニス肘とはテニスのストロークを繰り返し行ったことで肘が痛くなる障害のことで、バックハンドストロークで肘の外側を痛めるバックハンドテニス肘と、フォアハンドストロークで肘の内側を痛めるフォアハンドテニス肘があります。
どちらもボールがラケットに当たる時の衝撃が、手首を動かす筋肉の肘への付着部に繰り返し加わることによって、微小断裂や損傷を来し発生するものと考えられます。

前者では手首を背屈する(甲側に曲げる)筋肉がついている上腕骨外側上顆(肘の外側のでっぱり)に、後者では手首を掌屈(しょうくつ)(手のひら側に曲げる)する筋肉がついている上腕骨内側上顆に発生するため、それぞれ上腕骨外側上顆炎、上腕骨内側上顆炎ともいわれます。バックハンドテニス肘(上腕骨外側上顆炎)の発生頻度については、若年層で少なく、30代後半から50代に多いことがわかっています。

ところが、近年パソコンが原因でテニス肘を患うケースも増えてきています。「かつてテニス肘は、テニス愛好家のほか、タイピストや調理師、SEなど、手首を酷使する人特有の疾患でした。ただ、家庭やオフィスにパソコンが普及してからは、誰もがかかる疾患になりました。患者数はここ10年で倍以上、もしくは3倍程度になっています」と指摘する整形外科医もいます。
「テニス肘は短橈側手根伸筋の炎症。この手根伸筋は、手首を固定したまま外側に反らせる動作を司っているため、キーボードをたたいたりマウスを操ったりしすぎると、酷使されて炎症を起こします。ただ、原因はパソコンだけに限らず、重いカバンや買い物袋を持つなど日常的な肘への負担との複合的なもので、これが患者数の広がりを招いています」と同医師は強調します。

【症状の現れ方】
バックハンドテニス肘ではバックハンドストロークのたびに肘の外側に、フォアハンドテニス肘ではフォアハンドストロークのたびに肘の内側に疼痛が現れます。また、テニス以外の日常生活でも、タオルを絞る、ドアのノブをまわすなどの手首を使う動作のたびに同部位に疼痛が現れます。

【検査と診断】
肘の外側または内側に圧痛が認められます。以下の3つの検査が一般に用いられています。いずれの検査でも肘外側から前腕にかけての痛みが誘発されたら、テニス肘と診断します。
1. Thomsenテスト
⇒肘を伸ばしたまま手関節の背屈に抵抗を与え、疼痛の誘発、増強を診る。
検者は手首(手関節)を曲げるようにして、患者さんには肘を伸ばしたまま検者の力に抵抗して手首(手関節)を伸ばしてもらう。
2. Chairテスト
⇒肘を伸ばしたまま椅子を持ち上げ、疼痛を診る。
患者さんに肘を伸ばしたまま手で椅子を持ち上げてもらう。
3. 中指伸展テスト
⇒肘を伸ばしたまま、中指の伸展に対して疼痛を診る。
検者が中指を上から押さえるのに抵抗して、患者さんに肘を伸ばしたまま中指を伸ばしてもらう。

【治療の方法】
症状の程度によっては、局所を安静にするためテニスを完全に休ませます。その一方で、前腕ストレッチング、筋力トレーニング、温熱、低周波、レーザー光線などの理学療法、テニス肘用サポーター、消炎鎮痛薬の内服や外用などを組み合わせて行います。場合によってはステロイドホルモンの局所注射をすることもあります。
また、手術については保存療法が無効な際に有効とされています。手術方法としては、伸筋腱起始部解離術、伸筋筋膜切開術、輪状靭帯や関節包の部分切除術、関節内の滑膜切除術などがありますが、成績にはっきりした差は認められていません。

【リハビリテーション】
(外側テニス肘)
前腕の手伸筋群のストレッチと筋力強化。
(内側テニス肘)
前腕の手屈筋群のストレッチと筋力強化。
注=アイシング、リストカール、テーピングを怠らないようにする。

【予防対策】
再発予防も含めたテニス肘の予防法としては、ラケットのガットを緩めにするなどのラケットの選択やフォームの改良、前腕のストレッチング、サポーターの活用、テニス後の肘のアイシングなどがあげられます。スポーツや手をよく使う作業をひかえて、湿布や外用薬を使用します。再発予防としては、両手でバックハンドストロークをすることや、スライスボールを打つのもお勧めです。
また、テニス肘を予防する、こういう方法もあります。親指と薬指の第一関節に輪ゴムをかけ、腰のあたりで約50回インナーマッスルを意識しながら輪ゴムを伸ばしたり、縮めたりするものです。輪ゴムの数を増やすなどして強度を調節することも可能ですので一度試していただくといいと思います。

田無で頭痛・片頭痛(偏頭痛)でお困りの方は・・・田無北口鍼灸整骨院の鍼灸(はり灸)で疼痛コントロール調整

a0002_004054

 <頭痛の分類>

ひとことで頭痛と言っても様々なタイプがある。

・ 緊張型頭痛

特徴 :

誰にでも起きる、締め付けられるような痛み、

頭の両側・後頭部に痛みが発生

・ 偏頭痛

特徴 : 若い女性に多い、

拍動性のずきずきした痛み、頭の片側が痛む

・ 群発性頭痛

特徴 : 男性に多い、

目の奥が痛む、アルコールで誘引、

一度痛むと1・2か月痛みが続く

 

その他、

三叉神経・自律神経が原因の頭痛もあります。

緊張型と片頭痛の混合型頭痛を持つ方も

多数存在します。

上記の疾患であれば鍼灸や

整体等の適用範囲です。

 

以下の疾患が疑われるような場合は、
すぐに病院に行くことをオススメします。

・ 頸部外傷による頭痛

(例:外傷後頭蓋内血腫による頭痛)

・ 頭頸部血管障害による頭痛
(例:くも膜下出血)

・ 非血管性頭蓋内疾患による頭痛
(例:脳腫瘍)

・ 物質またはその離脱による頭痛
(例:薬物乱用頭痛)

・ 感染症による頭痛
(例:髄膜炎)

 

 <頭痛の施術と対処>

一口に頭痛と言っても上記のように様々な原因が考えられるため

田無北口鍼灸整骨院では、より安全に施術を行うため

以下のことに注意しております。

(1)まずはじっくりカウンセリング

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(2)遠位である手足の調整。

手や足を温め、また経絡を使ってツボを刺激することで

疼痛がかなり緩和されることが多いです。(温灸使用)

写真 (44)

(3)骨盤の調整と肩甲骨の調整 

→ 首を強く揉むような施術はしない。

肩甲骨や骨盤を安定させるだけでも

首や肩にかかる負担がへり疼痛が減るケースも多いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(4)最後に軽く首をけん引 

強い力でぐいぐい引っ張ることはしません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

また鍼灸やマッサージ、各種調整には

神経の興奮を抑え安定させる作用がありますので

ゆっくりと施術を行い、とにかくリラックスしてもらいます。

hari005

 

頭痛がひどいとき、ご自身でも首や肩を揉みたくなってしまうことがあると思いますが

症状によってはますます痛みが強くなる場合もあります。

田無北口鍼灸整骨院では一人一人に症状や、

いつからどんな時に痛むのかなどじっくりとお話を伺ったうえで

安全第一の施術を行います。

 

<改善までの目安>

一回の施術でも痛みは和らぎますが

慢性的に痛みがある場合は生活習慣などを良くお聞きし、

経過観察をしながら

「なぜ、頭痛が長年続いてしまっているのか?」

を確かめることが重要になってきます。

 

一回の施術でも効果を実感できると思いますが

まずはトータルケアコース

(約60分)5回試してみて

その後は症状が良くなってきたら

回数を減らしていくことをオススメします。

 

家でできるケアなどもお伝えしますので

自分自身で生活の中でできる

運動なども取り入れながら長年続いた痛みを

解消していくのが良いと思います。

 

また脳や血管・神経などの異常から

頭痛が起こっていることが

疑われる場合は脳神経外科等の

専門医をご案内します。

お気軽にご相談ください。

 

西東京市・「ささえあいネットワーク協力団体」にしていただきました。

西東京市の自治体がやっている「ささえあいネットワーク

の協力団体にしていただきました。

 

198863_159538627555082_580708796_n

 

944961_159538217555123_1497226726_n

 

 

ささえあいネットワークとは・・・

西東京市では、少子高齢化時代に向けて、

高齢者が地域の中で安心して暮らせるよう、

地域の住民(ささえあい協力員)、

事業所(ささえあい協力団体)、

民生委員や地域包括支援センターおよび市(高齢者支援課)が

相互に連携し合う仕組みとして「ささえあいネットワーク」をつくりました。
この「ささえあいネットワーク」によって、

緊急を要する場合の早期発見、連絡、対応をスムーズに行ったり、

高齢者や介護者および家族が持つ困り事や相談に応じたり、

あるいは閉じこもりがちな高齢者や要介護状態に陥りそうな高齢者などが

必要な支援やサービスが受けられることを目指しています。

 

>>

 

少しでも地域社会のお役に立てましたら幸いです。

こうした地域活動にはどんどん参加していきたいと思います。

西東京市 社会福祉協議会の団体会員にしていただきました。

2013年5月2日に一般社団法人 交通事故治療相談室として
「西東京市社会福祉協議会」さんの
団体会員にしてもらいました!!
この団体は本部が西東京市役所
保谷庁舎、東分庁舎内にあり
西東京市内での福祉、社会活動を行っています。

・・・

一般社団法人 交通事故治療相談室として
団体会員にしていただきましたので
何かお手伝いできることがあるといいなと、
思っていたところ
早速・院内での募金箱設置、パンフレット配布をお願いされまして
快諾いたしました。

248021_157575804418031_765950846_n

前々から地域社会に対し何かできることをしたいと思っておりましたのでうれしい限りでございます。

微力ながら、地域社会には積極的にかかわっていこうと考えております。

 

もしも、お年寄りや傷害のある方が交通事故に遭ってしまったら
力になれれば、いいなとも思います。