Go to Top

前庭神経炎とめまい、鍼灸治療に関して。

めまい症状を訴える病名の一つに

「前庭神経炎」(ぜんていしんけいえん)

というものがあります。

 

 

症状としては

めまいが突発的に発症し

強い回転性のめまい感が数時間から数日続きます。

耳鳴りなどの耳の症状が伴わないことが

特徴になっています。

 

原因としては

前庭神経の炎症ですが

なぜ炎症が起こるのかは

あまりよくわかっておらず

ウィルス感染なども考えられています。

 

 

・・・

めまい症状で鍼灸院へ相談にいらっしゃる方は

数多くいらっしゃいます。

 

上記のように

「耳鳴りなどを伴わないめまい」

症状をお持ちの方が来所された場合

まずは耳鼻咽頭科で

検査を受けることをオススメします。

 

診断基準があるので

まずは医師による診察を受けるのが良いでしょう。

 

何が原因でめまいが起こっているのか?

早期に把握することは非常に大切です。

ストレス性・筋緊張が原因なのか?

前庭神経の問題なのか?

緊急を要するのか?

知っておくことが良いでしょう。

 

鍼灸の施術により

緊張の緩和や血流促進、

炎症反応の緩和など期待できますが

「前庭神経炎」

に対するはっきりとしたエビデンス

(論文や根拠)は見当たりません。

 

「どのタイミングで

何かを受診すればいいか?」

わからない方などは遠慮なくご相談ください。

弊所では適切に病院への受診も勧めます。

, , , , , , , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ