カテゴリー: 不妊鍼灸治療・子宝整体

    不妊治療を希望される方の中には

    「はり灸」・「整体」

    という方法を視野に入れる方がいます。

    どのような効果があるのか?

    などまとめていきます。

婦人科疾患(月経困難症、PMS症候群)とその評価について

鍼灸治療は骨盤周辺の緊張を和らげて
血流を促進するため婦人科疾患に
効果があることが多いです。

更年期障害や月経困難症に関する
論文や研究も多数存在します。

中高生や若い方にも多い
婦人科疾患
「月経困難症、PMS症候群」
について
その概要や評価について
詳しく書いていこうと思います。

<1>月経困難症について

・ 月経直前ないし月経時に
下腹部痛や腰痛といった症状を
主症状とし種々の症状
(腹部膨満感、悪心・嘔吐、頭痛、
下痢、脱力感、食欲不振、イライラなど)
を随伴する病的状態、のこと。

・ 月経困難症には
機能性(原発性)月経困難症

器質性(続発性)月経困難症
とがある。

器質的な原因としては
子宮内膜症、子宮腺筋症、
子宮頚管狭窄、骨盤内癒着、
子宮奇形などがある。

・機能性月経困難症の原因は、
子宮から多く賛成されるPGF2
によって子宮筋の過剰収縮が
起こり虚血に陥ることによって
発症する。

・鍼治療は
月経痛の軽減に対して有効。
ただし鍼治療の機序に対する
研究はない。
→ 
鍼鎮痛の作用ではないか??
と言われている。

<2>月経困難症の鑑別
~器質性・機能性??~

簡単な特性と
鑑別方法を書いておきます。

発症時期
・ 機能性は思春期
(初潮後3年以内が多い)

・ 器質性は多くは成熟期。
20歳以降

痛みの発生時期
・ 機能性は月経直前から開始後

・ 器質性の多くは
月経前から2~4日目

痛みの持続期間
・ 機能性は短い
(数時間から2日以内)

・ 器質性の多くは
持続的か周期性

その他
・ 機能性は月経時のみ

・ 器質性は月経時以外でも痛み。
性交時、排便時など。

加齢による変化
・ 機能性は増悪なしか
むしろ軽減・消失
妊娠分娩後は消失・軽減傾向。

・ 器質性は変化なし。
増悪する例もある。
妊娠分娩後も変化なし。
減弱。

<3>月経前症候群 について
(premenstrual syndrome: PMS)

・ 月経前 3-10日の黄体期に続く
身体的あるいは精神的症状で、
月経発来とともに減退・消失する。

・ いらいら、のぼせ、
腹部膨満感、下腹部痛、
腰痛、頭重感、怒りっぽくなる、
頭痛、乳房痛、落ち着かない、
憂うつの順に多くみられる。

・ 月経前不快気分障害
(premenstrual dyspholic disorder
: PMDD) は、
精神症状が主体で強いものをいい、
PMSの最重症型に位置付けられる。

産婦人科の必修知識
日本産科婦人科学会 編より

<4>PMSメモリーとは

日誌記録的な即時的記録法
(前向き記録)が
症状の自覚と正確な診断に
有意義であることが指摘されて
日本で開発されました。

症状リスト

(1)身体症状

下腹部症状>>
下腹痛
腰痛
下腹部がはる

血管神経症状>>
頭痛
頭が重い
肩こり
めまい
手足の冷え

消化器症状>>
食欲が増す・なくなる
下痢・便秘
食物の嗜好の変化
水分代謝症状
むくみ・のどがかわく

乳房症状>>
乳房が痛い・はる

皮膚症状>>
にきびがでやすい
肌荒れ
化粧ののりが悪い

そ の 他
疲れやすい
眠くなる
おりものがふえる
体がスムーズに動かない
(ぎごちない〕
アレルギー症状
(鼻 、目など〕

(2)精神症状

イライラ
怒リやすい
攻撃的になる
無気力
憂うつ
自分をつまらない
人間だと思う
弱気になる
涙もろい
不安が高まる

ほか・・・

<4>鍼灸の利用方法

まずは婦人科専門医などに
相談することをお勧めします。

何が原因で症状が出ているのか?
確認したうえで鍼灸を併用するのが
良いと思います。

前述のように
痛みに関して改善報告がありますし
身体の調子が整うので
劇的に改善することもあります。

鍼灸と同じく
漢方を使う方法もあります。

まずはご相談ください。

妊娠を希望される方への鍼灸施術に関して。

不妊治療を「鍼灸」で行うのは

どういったことなのでしょうか?

秘密のツボがあり、そこに鍼をしたり

お灸をすると一発で問題が解決する

・・・ということではありません。

 

結局は体質改善を行って

「妊娠しやすい体」を作っていくことです。

 

鍼灸院にいらっしゃるほとんどの方は

すでに病院にも通っています。

病院で検査を受けていたり

すでにAIHなど

始めている方もいらっしゃいます。

西洋医学的な検査を受けることは

とても重要です。

病気の問題がないか?

精子や卵子に問題がないか?

まずは調べるのが良いでしょう。

 

調べた結果特に異常なし、

だけども子供が授かれない状況が

続いている場合などは機能性不妊

呼ばれることもあります。

 

病気ではないけど機能が落ちている状態なので

なかなかお薬などでは

対処できないのではないでしょうか?

*漢方薬など体質改善目的のお薬は別です。

 

原因はわからなくても誘引はあります。

冷えやすい、凝りやすい、緊張が強い、

太っている痩せている、

むくみが多い・・・などです。

鍼灸ではそれらを整える施術を行います。

 

病院での治療に加えて

プラスアルファで鍼灸施術をうけ

体質改善していくことが

あなたのお役に立つと思います。

 

では体質改善というのは

具体的に何をするのでしょうか?

また体質改善を行うと効果的なのは

どのような人か?

見てまいりたいと思います。

 

<こんなことでお困りでないですか?>

☑ 生理痛・生理前の不調が昔からある

☑ 首肩こりなどで昔から悩んでいる

☑ 体がだるい スッキリしない

☑ 便秘がち

☑ 疲れやすい

☑ 浮腫みがある

☑ 冷え性だ

☑ 痛み止めを長く服用している

 

・・・これらは体質に問題がある一つの

サインです。

鍼灸の施術ではこれらを解消し

・ 血行の改善

・ コリの改善

・ 自律神経の調整

・ 浮腫みの改善

などを目的とした施術を行い

妊娠しやすい体づくりのお手伝いをしていきます。

 

赤ちゃんは作るのではなく

授かるものです。

体質改善してその準備をしたい方は

お気軽に弊所までお問い合わせください。

 

どのくらいのペースで通院したらよいか?

などお伝えしていきます。

不妊治療を受けられている方に対する鍼灸施術に関して。どのような効果があるのか??など。

不妊治療を受けている方が

「鍼灸」

を希望するケースがあります。

 

結論から言いますと

気質的な疾患でない場合つまり、

機能的な働きが落ちている場合に

効果があります。

 

具体的にいますと

子宮や卵巣そのものの異常はないものの

生理不順・基礎体温のばらつき・

自律神経の乱れ・ホルモンバランスの乱れ

などに対して有効です。

 

弊所でもたまに質問されますので

どのような効果が期待されるか?

など以下に詳しくまとめていきます。

 

(1)基本的には機能的不妊に有効

不妊治療で鍼灸を

視野に入れる方は

病院での検査を受けて

 

「特に異常がなし。

ホルモンバランスなど

機能が悪くなっている状態。」

(原因不明と言われることも。)

 

と言われ、

プラスアルファの治療として

何かできないか?と思い

鍼灸を選択する方が多いようです。

 

病院での検査は

いろいろあります。

 

・ 基礎体温検査

・ 血中ホルモン測定

・ 子宮卵管造影検査

・ 精子検査

・・・など様々です。

 

不妊症で悩んでいる方が

いきなり鍼灸院に相談に来ることは

少なく、ある程度の検査を

すでに行っている方が多いです。

 

原因がはっきりわかるような

気質的な疾患とは、例えば

子宮内膜症、卵巣のう腫、

卵管閉塞などをさします。

 

生殖器官に異常ががあるため、

排卵、着床などに問題があり

妊娠に至らない場合のことで

これらの診断を受けた方は

すでに病院での治療を進めていることも

多いです。

 

(2)鍼灸の効果

鍼灸の施術は緊張を取って

ホルモンバランスを整えたり

浮腫みや冷えとる効果があります。

 

その結果

妊娠を希望する方にも

・ 冷えやむくみの改善

・ 自律神経の安定

・ ホルモンバランスの安定

などの効果が期待でき

いい影響を与えるのです。

 

また気質的な問題がないのならば

男性も同時に施術を受けられるとよいでしょう。

 

(3)トンデモに要注意。温泉と同じ。

代替補完医療の考え方。

 

不妊治療などは

スピリチュアルな部分もあり

また困っている方も多いため

「トンデモ」

と言われるような

ニセ医学が入り込む余地が

どうしても大きい分野です。

 

弊所では

病院の診察をしっかり受けながら

補完する形で鍼灸をオススメしています。

奇跡は狙いませんし

当たり前のことを当たり前に施術します。

 

鍼灸というのは温泉に似ています。

その効果を疑う余地はありませんが

温泉に入っていれば病院に行かなくてよいか?

というとそんなことはありません。

 

病院の治療と鍼灸施術は

否定しあうような関係ではなく

補完しあうような関係が望ましいです。

 

病院の診断結果や診察方法を

否定することはしません。

しっかりお話を聞かせていただき

プラスアルファの治療になるような

施術を心がけます。

何でもご相談ください。

 

*代替医療・補完医療の考え方については

こちらをご覧ください。

今すぐ「お電話相談」はコチラ