タグ: 逆子

逆子の鍼灸治療とセルフケア指導等に関して(初回プレゼントあり)

逆子に対して鍼灸治療は有効か??という質問をいただくことが多いです。一般の方はなかなか知る機会もないかもしれませんのでこちらでもカンタンに紹介しておきます。結論から言いますと有効です。鍼灸治療が逆子の矯正に一定の効果があることを調査した資料があるのです。(全日本鍼灸学会)妊娠33週目の初産婦さんを260人集め、130人には鍼灸を行い、130人には鍼灸を行いませんでした。具体的には、至陰というツボへのお灸を片側15分間ずつ30分間、1日に1〜2回実施。出産時には鍼灸を行わなかったブループの逆子矯正率が58.5%だったのに対し、鍼灸を行ったグループでは76%もの方が矯正されたという結果が示されています。逆子や妊娠中の痛みなどでお困りの方はまずはご相談ください。

(1)逆子とは??

逆子は医学的には骨盤位といいます。一般的には胎児は分娩時には頭が恥骨の方にあって臀部や足が上腹部にある状態を正常位と呼んでいます。頭が上腹部にあったり臍の横にあったりする場合には分娩に時間がかかったり母子ともに危険なこともあります。それらの骨盤位を逆子、といいます。逆子の場合、帝王切開になることも多いようです。

(2)逆子の鍼灸治療はいつから?また治る可能性はどのくらい?

逆子が問題とされる28週以降からで十分ですが32週以降は成功率が下がるためそれまでに始めるのが理想です。その期間から施術を始め行った場合成功率は75%以上との報告があります。出産が近くなっている時期ならば逆子治療の効果はあまりないかもしれません。(リラックス効果・疼痛緩和効果などはもちろんございます。)

(3)どのくらいのペースで治療するのが良い?

週1,2回来所してもらいほかの日は毎日自宅でお灸してもらうのが一般的ですがケースバイケースです。

(4)どこにお灸をする??

三陰交や至陰というツボにお灸をすることが多いです。

(5)なぜ治るの??

東京女子医科大学の高橋佳代先生・窯付弘志先生らの研究によると至陰にお灸をすると子宮動脈やさい帯動脈の血流が良くなるということがわかっています。

その結果子宮の緊張が緩和するのではないかと考えられています。

(6)妊婦さんの不定愁訴

そのほかに妊婦さんは便秘・冷え・腰痛・肩こり・足のむくみなどの訴えが多いです。医学的な根拠はないものの足が冷えていたりむくみやすい方は逆子になりやすいという傾向があります。不定愁訴の改善が緊張緩和につながり逆子改善にも良い影響がいくからかもしれません。田無北口鍼灸院ではそれら不定愁訴の改善もお勧めします。

*参考 医歯薬出版

「逆子の鍼灸治療」

逆子の鍼灸治療に関しデータなど多数収録。

全日本鍼灸学会「お灸で骨盤位(逆子)が治る

<もしも逆子の鍼灸治療を試したくなったら・・・>

まずはお電話(0424974586)でご相談・ご予約ください。LINEからのご相談も可能です。初回7150円でカウンセリング、鍼灸施術を体験できます。こちらで施術を続けた方が良いと判断した場合は施術プランを提案しますのでご自身に合うようでしたら通院を検討してみてください。

★初回、「ホームページを見た」でお灸セルフケア指導+セルフお灸1シート(1,2週間分)プレゼントします。

場所は田無駅から徒歩3分、モスバーガー田無店と同じビルの3階にあります。わからない場合は遠慮なくお尋ねください。

スタッフ小谷 ・ 逆子に効くツボ三陰交の解説 ~西東京・西武柳沢・田無方面で逆子の施術は田無北口鍼灸整骨院へ

あ

三陰交について

私自身、一人目を妊娠中一時期逆子だった事もあり、

安産や逆子のためのツボを調べて試したことがありました。

(現在2人の母として、東久留米市で子育てをしています!!)

★自己紹介はこちらから・・・

 

そこで、三陰交について興味深い知識を得たので、ご紹介します。

 

内くるぶしの一番高いところに小指を当て、指4本分上にあります。

押して圧痛があるところです。

肝、腎、脾経の3つの経絡が交差しているツボのため、こう呼ばれています。

一粒で3度おいしいといったツボと言ってもいいでしょうか。血行をよくし、循環をよくするツボです。

 

とくに婦人科系に影響があり、生理痛などにも効果があります。

安産のツボや逆子のツボとしても使われています。

ただし、大昔は堕胎のツボと呼ばれていました。

安定期を過ぎると逆に安産のツボですが、初期には注意が必要です。

なぜかというと、このツボは、「循環をよくし疎通を促すツボ」のため、

初期だと体が胎児を異物とみなし流してしまうため、と考えられます。

 

つわりも胎児を異物とみなした体の拒否反応、という説がありますよね。

逆に安定期に入るとカラダは胎児を体の一部とみなすので

血行・循環をよくするこのツボは安産のツボになるというわけです。

 

またホルモンバランスを整えるので更年期障害にも効果的です。

リンパやホルモンバランスを整えてくれるこのツボ、オススメです。

血流を促してくれるので冷えが気になる方にもオススメですよ。

また、逆子は冷えが原因のひとつと考えられています。

冷えが改善されるので逆子にも効果的かも。

 

他には足の小指の先に「至陰(しいん)」というツボがありますが

そこも冷えをとってくれるので逆子に効果的なツボと言われてます。

★ 妊娠中の調整、マタニティマッサージについてはこちらから・・・

 

妊婦さんの調整 ~田無北口鍼灸整骨院の妊婦さんへのマタニティマッサージ・鍼灸

<妊婦さんが、調整やマッサージを受けたくなるのは・・・?>

妊婦さんになると4か月目くらいから

お腹が大きくなり始めて

反り腰気味になり体型が変わっていきます。

 

体のバランスが変わり、首や背中

腰にかかる負担が一気に大きくなるので

腰痛や頭痛、肩甲骨の痛みなどが

発生することが多くなります。

 

妊婦さんの2人に1人は

腰痛を感じているといわれ

急激な体形の変化のため、

痛みがつらく感じられ

調整やマッサージを

希望される方が多いのです。

 

★ もともと腰痛症状を感じている

妊婦さんはなおさら辛く感じるでしょう。

またぎっくり腰のような

急性腰痛の症状が出やすい状態でもあります。

ご注意下さい。

 

<妊娠中イライラしてしまう理由>

a0001_008196

ホルモンバランスの問題が

「イライラ」を引きおこすこともあります。

イライラが起こりやすいとされるのは

妊娠初期と後期です。

 

まず初期はつわりが起こります。

つわり中は吐き気に不眠、

倦怠感といった症状が持続して

気分が晴れません。

 

加えて、妊娠を継続させるための

ホルモン(プロゲステロン)が増加するなど、

精神的に不安定になりやすいといわれています。

 

妊娠後期は、

大きくなったおなかによって腰が痛い・

動きにくい、おなかが圧迫されて

よく眠れないなど身体的な負担が生じるうえ、

分娩に向けてホルモンの分泌も変化します。

(オキシトシン)

 

このホルモン(オキシトシン)

もまた不安感が増すといわれています。

 

差し迫った出産に対する不安に加え

妊娠初期初期同様、

急激な身体的変化と

ホルモンバランスの乱れが重なり、

イライラは起こるとされています。

 

<妊婦さんの調整は安定期から!>

妊婦さんの調整は安定期に入った

4~9か月程度の方が対象になります。

安定期に入るまでは調整をやらないほうが無難ですし

田無北口鍼灸整骨院でも施術をお断りしております。

 

<施術は横向き・仰向けで!>

お腹が大きな妊婦さんには

うつぶせの姿勢は取れないので仰向け、

横向きの姿勢で施術を行います。

妊婦さん用の抱き枕を使用します。

(1)足のホットパック・温灸

(2)仰向けでのマッサージ

(3)横向きでの調整

(4)頭部調整

 

お腹に負担をかけることなく、

四肢(手足)からじっくり調整していきます。

清潔な個室院内で施術します。

 

<田無北口鍼灸整骨院の

施術を受けるとこうなります。 >

(1)お名前 MYさん 女性 30代

施術感想

週一回の通院でお世話になっています。

お伺いした時は坐骨神経痛があり

歩くのも大変でしたが

今は改善しています。

 

妊娠中の身体のマイナートラブル

で足がつったり、頭痛がしたり、

浮腫みがしたりしていますが

毎回治療で軽減しています。

 

予約・予約変更もしやすく

LINE@からも相談できるので

大変ありがたいです。

(2)お名前 やまさん 30代 女性

施術感想

背中の左側が痛かった。

身体がほぐれ動かしやすくなった。

以前(妊娠6か月の頃)も腰痛で2回ほど

お世話になりましたが

腰痛も改善され楽になり感謝しています。

 

痛いところ凝っているところを的確に

針でほぐしていただきました。

★施術の感想です。効果には個人差があります。

 

小話 「逆子と鍼灸」

東洋医学や鍼灸では、

逆子の治療を得意としています。

 

逆子の原因は様々ですが

臨床的には「冷え」をお持ちの方が多いです。

 

消化器のつかれ、

水分代謝機能の低下によるのぼせ、

骨盤の緊張・およびストレス

目の緊張や頭の疲労なども

原因となることがあります。

 

まずは状態をしっかりと

把握させていただきます。

★逆子に効くツボの解説はこちら・・・

a0001_006907

<どんな施術を行うの??>

(1)身体を温めるためのお灸

(2)骨盤調整

(3)緊張をとるための頭部調整・・・

などを行います。

 

妊娠35週を過ぎると極端に矯正確率が

下がるといわれていますので

もしもお悩みの方はお早めにご相談ください。

 

今すぐ「お電話相談」はコチラ