肩が上がらない、背中をかくのがつらい、いわゆる四十肩・五十肩症状に関して。田無北口鍼灸院の施術・50代男性の改善例。

肩が上がらない、背中をかくのがつらい、いわゆる四十肩・五十肩症状に関して。田無北口鍼灸院の施術・50代男性の改善例。

症状と改善例についてまとめていきます。

 

・・・全員が同じように

改善するわけではないと思いますが

参考になれば幸いです。

*プライバシーに配慮するため

個人情報等、多少脚色してあります。

 

肩を挙げづらい

背中をかく動作がつらい

いわゆる50肩のような症状が改善した例です。

詳しくは以下・・・

 

お名前 

濱田浜尾さま(仮名)

年齢

59歳(施術当時)

主な訴え 

首の疼痛・肩こり・左肩の痛み

肩甲骨周辺の痛み

 

腕を横に挙げると痛い

腕を前に挙げる動作が

上手にできない

背中をかく動作ができない

(ご本人談)

 

施術開始時期

平成28年10月24日

 

改善時期

平成28年12月21日

(週に1度程度。全6回の施術。)

 

経過・状況など

普段はデスクワーク。

元々肩こりなど感じていたが

9月末頃から

動きが悪くなり痛みも出てきた。

 

最初は整形外科に行き

治療を受けていたが

いまいち改善しない為

相談しに来た。

 

孫と遊びたいので

早くよくしたい。

(ご本人談)

 

(1)思い当たる原因

キッカケは

孫と遊んだ直後から

肩が痛くなった。

 

デスクワークを長年しているので

疲れていたのかもしれない。

(ご本人談)

 

(2)弊所での施術・見解

まずは状態把握。

 

上腕二頭筋腱といわれる

肩と腕をつなぐ腱が

硬くなっている。痛みもあり。

 

そこを改善するために

鍼やお灸、関節運動などを行う。

 

また整形外科にて

治療を受けたが良くならなかった

とのことでしたので

どのような治療をしていたのか

ヒアリング。

 

電気治療と湿布とのこと。

病院によっては

ブロック注射などの方法もあることを

お伝えしたが本人が興味がない為

整形外科との併用は勧めず

まずは弊所で施術を行い

様子をみていく。

 

*整形外科でもいろいろな

治療法もあるのだが

整形外科=対応が悪い

というイメージを持っている方もいる。

そのためどのような

タイミングで行くべきか??

どんな治療法があるか??

丁寧に説明していき

ベストな治療法を選択してもらう。

 

(3)経過・施術など

第一回 平成28年10月24日

元々肩甲骨周辺の緊張が強い。

肩こり症状もあり。

・ 鍼灸

・ 吸玉

などで緊張を和らげる。

 

第二回 平成28年10月31日

前回に引き続き

緊張を取るための施術。

関節運動も行った。

 

第三回 平成28年11月7日

改善傾向。

リラックスできている。

 

第四回 平成28年11月23日

改善傾向も一週間開けたらまだ少し

辛さを感じた。

 

第五回 平成28年11月30日

大分良くなっている。

可動域制限もなくなってきた。

自宅でも動かすよう指導。

 

第六回 平成28年12月14日

改善傾向。

今日で施術をいったん終了。

 

後は月に1回のメンテナンス施術に

切り替える。

 

(4)総括

肩の過緊張を

改善できたことで

大分早く良くなったと思います。

 

多少痛み・だるさが出るが

50型症状の場合

弊所ではよく関節を動かして

改善を狙います。

 

良くなったので

お孫さんと沢山遊んでください。

お大事にどうぞ。

今すぐ「お電話相談」はコチラ