Go to Top

後ろに手が回らない、手首も痛む、いわゆる四十肩・五十肩症状に関して。田無北口鍼灸院の施術・40代女性の改善例。

症状と改善例についてまとめていきます。

 

・・・全員が同じように

改善するわけではないと思いますが

参考になれば幸いです。

*プライバシーに配慮するため

個人情報等、多少脚色してあります。

 

後ろに手が回らない

背中をかく動作がつらい

いわゆる40肩のような症状が改善した例です。

(現在加療継続中)

詳しくは以下・・・

 

お名前 

春山千秋さま(仮名)

年齢

40代

主な訴え 

首の疼痛・肩こり・右肩の痛み

両肩甲骨周辺の痛み。

 

右手首まで放散痛有。

腕を横に挙げると痛い

背中をかく動作が

上手にできない

(ご本人談)

 

施術開始時期

平成29年07月30日(継続中)

 

改善時期

完全にはよくなっていないが改善傾向。

 

経過・状況など

現在休職中。

 

元々整形外科に通院していたが

あまり改善しないため

相談に来所。

 

電気治療だけでは

改善の実感がなかった。

(ご本人談)

 

(1)弊所での施術・見解

まずは状態把握。

烏口突起周辺が硬い。

肩甲骨にも固さあり。

 

そこを改善するために

鍼やお灸、関節運動などを行う。

 

また整形外科にて

治療を受けたが良くならなかった

とのことでしたので

どのような治療をしていたのか

ヒアリング。

 

*整形外科でもいろいろな

治療法もあるのだが

整形外科=対応が悪い

というイメージを持っている方もいる。

 

そのためどのような

タイミングで行くべきか??

どんな治療法があるか??

丁寧に説明していき

ベストな治療法を選択してもらう。

 

整形外科の治療方針などを

否定することはしない。

 

(2)経過・施術など

第一回 平成29年7月30日

元々肩甲骨周辺の緊張が強い。

肩こり症状もあり。

・ 鍼灸

・ 温灸

などで緊張を和らげる。

 

第二回 平成29年8月1日

前回に引き続き

緊張を取るための施術。

関節運動も行った。

 

第三回 平成29年8月3日

改善傾向。

まだ症状は残るが

少しずつリラックスできてきた。

 

(3)今後の方針など

放散痛は肩甲骨周辺の方差からくると説明。

温灸や皮内鍼なども使い対応していく。

 

電気治療だけでは

改善が難しい。

 

関節運動や鍼灸などを多用しながら

筋緊張を緩和させていく。

 

症状は改善してきているので継続してもらう。

 

(4)ご本人の感想

Q1,施術前つらいと感じていたことを

教えてください

50肩で右腕が後ろ手にできず

手首も痛くなり指先まで痺れて

ひどいときは箸を持つのも辛かった。

それに伴い全身の辛さもあった。

 

Q2、施術後どうなりましたか?

少しづつ痛みが軽くなってる気がする。

継続して元通り動かせるようになりたい。

, , , , , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ