Go to Top

ゴルフ肘について ~西東京でゴルフのやりすぎで肘が痛くなってしまったら田無北口鍼灸整骨院の骨盤調整・鍼灸・マッサージがオススメです。

a1180_004719

 <ゴルフ肘とは??>

上腕内側上顆炎のことを、通称ゴルフ肘と言います。

良く聞くテニス肘も、ゴルフ肘と同じスポーツ障害ですが、ゴルフ肘とは逆で、

外側に痛みや炎症が起こります。

特定の動きをすると、肘の内側に痛みが生じたり、押すと、不快な感覚が生じたりします。

 

<なぜ痛みが出るのか??>

右肘を伸ばす筋肉群と

手首を背屈させる筋肉郡に過度なストレスが加わりつづけると

靭帯が疲労して、靭帯が付着している骨周囲に炎症が起きてしまいます。

腰の回転や、肩の動きが悪いと、どうしても手首を使った、“手打ちのスイング” になってしまい、

肘の故障が多くなると言われています。

テニスやゴルフで肘を痛めることがあればスイングの考え方を修整することと、

スイングの基本のアドレスから見直す必要があります。

 

<田無北口鍼灸整骨院のゴルフ肘施術方法>

1289-4

自発痛、ズキズキするような痛みがあるときは冷やします。

電気療法や、鍼などで早く痛みをとるよう施術を行いますが

まずは安静にすることが大事です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次に、肩関節や肩甲骨など周辺の関節や筋肉のバランスを

チェックしていきます。

 

どうすれば肘に負担がかからないスウィングができるのか

を考えながら骨盤や股関節からも調整していきます。

 

<改善までの目安>

a1180_005309

痛みをとるだけならば3から5回の施術で痛みをとることが可能です。

しかしながら前述のとおりスウィングの癖・また生活習慣が原因で

痛みが出ていることが考えられますのでフォームのチェックや

練習の見直しなどが大事になってきます。

 

まずは痛みをとることが大事ですが

ゴルフを気持ちよく長く続けられるよう、

定期的な調整をすることをオススメしています。

 

まずは週に一度程度調整を行い

股関節や肩甲骨が動いてきたら

2週間に一度程度の調整を行うことが理想です。

, , , , , , , , , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ