Go to Top

足の裏の痛み、踵の痛み(足底腱膜炎)・足の底のしこり・土踏まずのコブ(足底繊維腫)について

(1)足底腱膜炎とは?

弊所で施術を行っていますと

「足の裏の痛み」を相談されることが

数多くあります。

 

・ 立ち仕事をしている

・ 現場仕事などで安全靴をはいている

・ ランナー。良く走る

 

・・・このような方が訴えることが

多いです。

 

ほとんどが足底腱膜炎と言って

足の裏の筋肉や腱に繰り返し

負担がかかってしまい

痛みが出ている状態です。

土踏まずやかかとに痛みが出てしまいます。

 

*負担のかかり方によっては

つま先に痛みが出たり

足の甲に痛みが出る方もいます。

その場合は足底腱膜炎でなく

呼び名が変わることもありますが

基本的には

負担のかかりすぎや使い過ぎが原因です。

 

整形外科などですとシップや痛み止めを

処方されることが多いようですが

なかなか改善せずに鍼灸などを希望する方も

多いです。

 

シップは血流を抑制する働きがあり

捻挫など急性期の炎症になら

とても効果ありますが

慢性期の炎症ですと

あまり効果が見られない場合も

多いようです。

 

鍼灸では周辺の血行をよくしたり

体重のかかり方やバランスを改善させることで

痛みを軽減させることが可能です。

 

体重がかかる部位なので

改善までに時間がかかる方もいますが

痛みへの効果は高いでしょう。

*状態にもよりますが5回程度の施術で

改善する方が多いです。

その後も負荷はかかるのでメンテナンスは必要です。

 

(2)足底繊維腫

足の裏の土踏まずの部分に左右両方

もしくは片方しこりができる方がいます。

 

足底繊維腫といって

原因不明の良性腫瘍であることが

多いです。

 

痛みが出る場合も出ない場合もありますが

こちらも患部への負担を減らし

痛みを和らげる鍼灸などが有効です。

 

必要な場合はサポーターやテーピング

を使用し

ストレッチなども自分で行ってもらいます。

*痛みの状態によっては病院への診察を勧めます。

 

(3)セルフケアの方法(サポーターなど)

土踏まずやかかとの負担を和らげる

サポーターも数多く販売しています。

クッションがついているものがいいでしょう。

 

またセルフトレーニングができるものも

ありますが痛みが強くなった場合などは

医師等専門家に相談しましょう。

*弊所でも一部販売していますのでご相談ください。

, , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ