Go to Top

妊娠中の「安定期」と鍼灸・マッサージ・各種調整による施術について。

32485006_s

妊娠中に肩こりや腰痛などに悩まされる方は多いのですが

マッサージや鍼灸などの施術は「安定期」に入ってから行う方が良いです。

 

本日は妊娠中の状態を初期・中期・後期に分け

「安定期」について説明し、

なぜ安定期にはいってから施術などを行うほうが良いのか?

まとめていきます。

 

*もう少し細かい分類方法もありますが、

わかりやすくするため3段階に分けて説明します。

 

(1)妊娠の3段階

<1>妊娠初期

8418730_s

期間

1週~15週(1か月~4か月)くらいまで

 

赤ちゃんの状態

・ 胎嚢(たいのう)が確認できる (5週)

・ 心音が確認できる (7週)

・ 基本的な体の構造ができ神経や血管ができる(10週)

・ 胎盤が完成する。内臓が完成する。手足の運動が始まる。

胎盤からの栄養を受け成長が早くなる(15週)

 

お母さんの状態

・ 股関節から下腹部、みぞおちからバスと周辺が緊張する。

つわりが始まる。体がほてるなど(5週~)

・ つわりが強くなる。乳首などが黒ずみ始める。(9~12週)

・ 基礎体温が下がってくる。便秘がひどくなる。(13~15週)

 

<2>妊娠中期

27276724_s

期間

16週~27週(5か月~7か月)くらい

 

赤ちゃんの状態

・ 23~26センチくらいまで大きくなる。胎盤が完成する。(20週)

・ 31~35センチまで大きくなる。目を開けるようになる。

脳神経の発達がピークを迎える。性別がわかる子もいる(27週)

 

お母さんの状態

・ つわりがほぼなくなる。お腹のふくらみが目立ち始める。

貧血症状が強くなる。(16~22週)

・ 胎動を感じ始める。静脈瘤ができやすくなる。

痔になりやすくなる。仰向けになるのがつらくなる。(23~27週)

 

<3>妊娠後期

38794815_s

 

期間

28週(8か月)以降

 

赤ちゃんの状態

・ 36~40センチほどまで大きくなる。頭が下を向くようになる。

胎動が激しくなってくる(31週)

・ 41~45センチ程まで大きくなる。お母さんの感情を受けて

感情の変化が起き始める。(35週)

・ 46~50センチほどまで大きくなる。赤ちゃんとしての機能が

ほぼ完成する。臨月期。(39週)

 

お母さんの状態

・ 胎動を強く感じる。お腹が急に大きくなってくる。

妊娠船が出始める。逆子の確認が必要になる(28~31週)

・ 息切れや動機症状が起こる。足元がおぼつかなくなる。

股関節や恥骨の痛みを感じやすくなる。(32~35週)

・ お腹が張りやすくなる。トイレが近くなる。

食欲旺盛になる。基礎体温が不安定になってくる。(36~40週)

 

(2)安定期とは?

一般的に胎盤が形成されるころを「安定期」と呼ぶことが多いようです。

この時期になると流産などの可能性も格段と下がります。

 

つまり16週目以降が整体やマッサージを行ってもよいとされる

期間になります。

*安定期まえだからといって

マッサージや鍼などを行うことで流産の可能性が増すことは

あまり考えられませんがオススメはできません。

 

・・・ただ安定期とは胎盤が安定し始める時期のことであり

何をやっても安全

というわけではありません。

 

田無北口鍼灸整骨院では

手足のマッサージやはり灸、各種調整を中心に

お腹に負担をかけない安全な施術を心がけておりますが

 

痛みや不安を少しでも感じたらやめておくほうが無難です。

お気軽にご相談ください。

, , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ