Go to Top

「気持ち」や「心」が痛みに与える影響について。

以前も

「ストレスが痛みに与える影響」

について書きましたが

本日も

「痛みの感情面が痛覚に与える影響」

について論文を参考にしながら

書いていこうと思います。

 

上記リンクからも見れますが

日本ペインクリニック学会も

感情面が痛覚の「認知」に与える影響について

書いています。

 

どういうことなのでしょうか?

 

痛みは脳で認識します。

そして痛みは単なる感覚でなく

恐怖・嫌悪・怒りなどと同じように

ネガティブな感情体験でもあるのです。

 

我々人間は「共感能力」が備わってます。

そのため配偶者や自分の子供など

に痛みが与えられた時

自分も痛みを共感することができるのです。

 

痛みの侵害受容回路は2つあることが

わかっていて

(1)内側系

痛みの感情面、自律神経系

(2)外側系

痛みの判別的側面(強さ・場所)

に関与すると考えられています。

 

上記論文で行われた実験では

実際に痛みの刺激は与えずに

・ 痛そうな、怖そうな画像

・ 落ち着いた画像

を見せたら実際に

痛みを与えた時と同じように

脳が活動しました。

 

これらのことからもわかるように

近年痛みの感情を伴う可能活動は

患者の鬱状態や

彼らの訴える主観的な痛みの程度と

創刊していることが明らかになってきました。

 

うつや社会疎外感、ストレスは

痛みを増強させます。

逆に暗示や瞑想が痛みを

抑制させることもわかってきています。

 

医師や看護師が注射をする前に

「痛くないから大丈夫ですよ」

「少しチクッとしますよ」

というのは暗示をかけて痛みを抑制させる

効果があります。

 

ヨガの達人の脳をMRIで調べると

瞑想中には何らかの脳活動が起こっていて

これが痛みを抑制する効果などが

あることもわかっているのです。

 

田無北口鍼灸院では

鍼灸治療を中心に

プラセボや心理効果などあらゆるものを

使いながらあなたの身体を

良くしていきます。

 

「どこへ行ってもよくならない」

そんなことでお悩みの方は

一度ご相談ください。