Go to Top

腰痛、足の痺れ、なかなか良くならない痛みなど・・・よくするには自己判断は禁物。今すぐ良くしたい、と思ってもまずは「手順」が大切です。

体調をよくするには

「手順」が大切になります。

そして「自己判断」は禁物です。

本日はそのことについて

まとめていきます。

 

・・・

弊所で治療相談を行っていると

不安やストレスを感じやすく

自己判断傾向が強い方が

まれにいらっしゃいます。

 

そのような方は自分の感覚を

一番先に信じますので

「まだこれだけ痛みや症状が残っている」

という思考や

「すぐにこの不快感を取り除いてほしい」

という思考に陥りやすいのです。

 

そのことでどんなデメリットがあるのか?

と申しますと

それは症状のみに気を取られている状態ですので

何をやっても治療が続かなかったり

自己判断で治療をやめてしまうので

治療をしても解決しないことが多いのです。

そのため結局は

余計な費用や時間がかかることも多くなります。

 

 

アスリートやスポーツ選手など

今すぐ動きたい、

動かなくてはいけない、

という理由があるため

このような思考に陥りやすいことも多いです。

 

また性格的に不安感が強かったり

几帳面・完璧主義といわれる方も

このような思考に陥ることが多いのです。

 

しかしながら

「今すぐ楽に」

という自分の感覚を主にした判断は

治療や医療とはまた違ったアプローチを

求めていることにもなりかねません。

おまじないやニセ医学に騙される

危険性も出てきてしまいます。

 

体調を良くしたかったら

手順が大切となります。

 

まずは自己判断ではなく

病院で検査を受けて

原因をハッキリさせることです。

 

腰痛やしびれの問題でしたら

整形外科などに行き

場合によってはMRIなどの精密検査を

受けることも必要になるかもしれません。

 

検査の結果特に異常がない

だけどもまだ症状が続いている、

医師からは

「病気などではなくストレスの問題」

「筋緊張や神経絞扼(締め付け)の問題」

といわれている場合などは

鍼灸治療がお役に立てる場合が多いです。

 

もちろん当院でも徒手検査といって

(SLRテストなど)

精密検査を受けなくても

動きの中からある程度、

痺れの原因を推測することはできます。

 

結局のところ

現在の状態ををハッキリさせないことには

鍼灸でアプローチする際にも

治療方針を立てられません。

 

それからストレスや筋緊張、

神経絞扼の問題ならば

1回で痛みが取れることはありませんし

どこで治療をしても

何度か、何か月か期間がかかることが

ほとんどでしょう。

 

良くならない方というのは

自己判断で損をしてしまっている

ことが非常に多いのです。

 

そこに至るまでには

もしかしたら

病院で誤診をされたのかもしれないし

なにか傷つくようなことを

言われたのかもしれない。

 

しかしながら

良くならないでこれ以上損をするのは

私でなくあなたです。

自己判断は得策でないのですし

やめたほうが良いです。

私の話は信じてほしいと思います。

 

大手製薬会社のファイザーが行った調査によると

自己判断で痛み止めをやめてしまう人

は6割以上にも上るといわれています。

 

このような結果を見ていると

薬に問題があることもそうですが

それ以上に

医師とのコミュニケーションや信頼関係に

問題があると思ってしまいます。

 

また前述したように

なかなか良くならない方や

長い間痛みや苦しい症状でお悩みの方は

自己判断を中心とした

「認知の歪み」

があることも多いです。

 

どうせよくならない、

信じても無駄だ、

と思っていることもあるのです。

 

そのような場合でも

信頼関係が築けるよう

最善はつくします。

 

弊所ではまずはお話をよく伺い

また症状を把握し

病院への通院歴や現在服用中のお薬など

伺ったうえで

改善までの計画を立てていきます。

 

そして初回カウンセリング終了時に

信頼関係が築けていない場合は

施術をお断りすることもあります。

納得してから治療を受けていただきます。

 

ご不明な点や不安な点は遠慮なく

お尋ねください。

, , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ