Go to Top

腰痛と足のしびれを伴う腰痛について。(腰椎椎間板ヘルニアなど。)鍼灸の効果。

腰痛症状で来所される方は多いです。

 

 

腰痛の原因は様々ですが

鍼灸でよくなる根拠や効果を

まとめていきます。

 

また、例えば

椎間板ヘルニアになっている状態が

鍼をすることで灸をすることで

ヘルニアが

「元通り正常にになる」

ということではなく

症状が改善されて

痛みやしびれを感じずらくなる

ということが多いです。

 

詳しくは以下・・・

 

(1)腰痛とは?

腰痛とは

腰部あるいは腰臀部に痛みがある状態で

腰下肢症状とは腰部症状とともに

足にも症状が出ている状態のことを言います。

 

これらの状態は

内臓疾患や心理的要因によっても

出現することもありますが

筋肉や神経などの組織の問題から

起こる腰痛が多いです。

 

(2)腰痛に対する鍼灸の主な効果

鍼灸の主な効果としては

以下のようなことがあげられます。

動物実験・人体実験も様々行われています。

(ここでは割愛しますが詳細は

鍼灸臨床最新科学という本に記載されています。)

・ 痛みの抑制

鍼灸の施術を行うと

脳内から鎮痛に作用する物質など

が出ることもわかっています。

・ 循環の改善

筋肉・神経周辺の血流が改善されます。

・ 過緊張の弛緩

筋弛緩作用があるので

過緊張がなくなります。

 

(3)まとめると・・・

痛みが抑制されると

血流が促進され循環が改善されます。

そうなると緊張も改善されて

良い循環になることが多いです。

 

また

下肢の痺れや冷えで悩む方に

灸施術を行うと

感覚が鈍くなってるために最初は

熱さを感じない方も多くいますが

 

熱さを感じる(知覚神経刺激)

血流が促進

循環が促進

 

という好循環に導くこともできます。

その結果、

痺れや痛みが改善されることも多いのです。

 

お悩みの方はまずは一度ご相談ください。

, , , , , , , , , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ