タグ: 出張

ご自宅や介護施設での施術を希望される80代~70代の方からの「出張施術依頼」とサルコペニア・フレイル予防について

痛みが強いが
車いすのため出歩けない・・・

お風呂場で転んで
寝たきりになった・・・

ぎっくり腰で出歩けない・・・

ご年配の方をはじめ
上記のようなことでお悩みの方は
いらっしゃいます。

また年配の方は痛みが強くても

「これ以上薬を服用したくない」

ということで悩んでいる方もいます。

鍼灸などの施術は薬以外の
疼痛緩和方法としても
効果が期待できます。

<中~高齢者でよく起こる疾病、
治療における注意点>

高齢者の疾患には以下のような特徴があります。

・ 一人で多くの疾患を有する

いろいろな病気を持っていたり
様々な薬を服用していたりします。

・ 症候が非定型的

特徴的な症状が出るとは限りません。

・ 潜在的に臓器の機能低下がある

便秘なども多いです。
疾患を抱えていることもあります。

・ 慢性疾患が多い

・ 薬物に対する反応が一般成人と
異なる場合がある。

・ 生活機能障害をもたらす疾患が多い

運動機能や知的機能の低下が
生活機能の低下を招くことがあります。

 

・・・
ざっと挙げただけでも
上記のような特徴があるため
注意して経過を観察し
施術を行う必要があります。

お悩みの方は出張による施術
受け付けております。

また医師の同意を得られれば
健康保険の適用になる事もあります。

生活保護や障碍者の方、
透析中の方、
糖尿など持病をお持ちの方

様々な方に対応できます。
お悩みがある方は一度ご相談ください。

出張施術を行った方の例

・ 80代女性

圧迫骨折後の神経痛
歩けないために介護施設での施術

・ 30代女性

脊椎損傷のため寝たきり
医師の確認を取り自宅で施術

・ 80代男性

腰痛
持病の糖尿病あり
車いす生活のため自宅で施術

ちなみに弊所では
ビルエレベーターもあり
また入り口は
車いすも入れるよう対応しています。

通院か?出張か?
どのような方法で施術を行うかは
事前によく相談させていただきます。

 
また今の時期は
外出禁止ストレスによる

フレイルやサルコペニア

の危険性も指摘されています。

それらの予防指導も
併せて行うことができます。
ご相談ください。

 

参考までに動画解説もどうぞ。

出張の際にはN95マスクで伺います

パーキンソン病と鍼灸治療に関して。田無北口鍼灸院では出張施術にも対応します。

明治国際医科大学の研究で
パーキンソン病に対する鍼灸治療で

・ 日常生活動作

・ 精神症状

において有意義な改善が認められました。

(詳しくは上記リンク)

 

・・・たまに誤解されている
方がいますが
鍼灸施術を行うと

パーキンソン症状が
ぴたりと治る、

という意味ではなく

QOL(生活の質)が著しく向上する
ということに意義があると考えます。

詳しくは以下にもまとめていきます。

 

<1>パーキンソン病とは?

人間の脳は、大きく分け
大脳、小脳、脳幹(のうかん)
に分類されます。

 
パーキンソン病では、
脳幹に属する中脳の
「黒質(こくしつ)」という部分と、

大脳の大脳基底核
(だいのうきていかく)
にある

「線条体(せんじょうたい)」

という部分に
異常が起こっています。
 

私たちが体を動かそうとすると、
脳の「大脳皮質」から
全身の筋肉に指令が伝わりますが
私たちの意図どおり動くように
運動の調節を指令しているのが

神経伝達物質「ドパミン」です。

ドパミンは、脳の奥の「黒質」にある
「ドパミン神経」
でつくられています。

パーキンソン病になると、
このドパミン神経が減少し、
十分につくられなくなります。

 
結果、
運動の調節がうまくいかず、
体の動きに障害があらわれます。

 
<2>パーキンソン病の症状

運動症状・
非運動症状がともに生じます。

(1)運動症状

手足がふるえる(振戦)
動きが遅くなる(無動)
筋肉が硬くなる(固縮)
体のバランスが悪くなる
(姿勢反射障害)

(2)非運動症状

自律神経系症状:

便秘、排尿障害(頻尿)、
起立性低血圧

睡眠障害:

不眠、むずむず脚症候群、
REM睡眠行動障害

精神症状:

抑うつ、不安、無関心、
(幻覚、妄想)

ゆっくりと
時間をかけて進行します。

 
<3>パーキンソン病の段階

ゆっくりと時間をかけて
進行します。

現在は効果的な治療薬もあり
進行を遅らせることもできるように
なっています。

早い段階から治療を
することが大切です。
 

ヤール重度分類 : 数字が大きくなるほど重度

(1)症状は片側の手足のみ。

日常生活への影響はごく軽度。
 
(2)症状が両側の手足に。

多少の不便はあっても、
従来どおりの日常生活を
送ることができる。
 
(3)歩行障害や
姿勢反射障害があらわれる。

活動が少し制限されますが、
日常生活は自立している。
 
(4)両側の手足に強い症状あり。

自力での生活は困難。
介助が必要なことが多くなる。
 
(5)一人で立つことができなくなる。

車椅子での生活や寝たきりになる。
全面的介助が必要。

 
<5>パーキンソン病に対する鍼灸治療について

前述しましたが鍼灸を行うと
パーキンソン患者のQOLを
向上させることができます。
 
・ 肩こり・腰痛など痛みや
運動器疾患の改善

・ 便秘や起立性低血圧など
自律神経症状の改善

・ 知覚過敏など感覚障害の改善

・ 不眠症や不安感などの
精神障害の改善
 
に鍼灸は効果があります。

 
また事前によくヒアリングをし

「どの段階まで
進行しているのか?」

「日常生活で
どんなことに困ってるか?」

「どんなことを
改善したいか?」

など詳しく伺っていきます。

 
ご自宅に伺い出張施術なども可能です。
まずはお電話などでご相談ください。

企業や会社施設、店舗、コンサート会場、ご家庭(家族単位での施術)などに出張し施術いたします。~西東京市、武蔵野市、小金井市、東村山市、小平市、練馬区他エリアにも対応。

<ご家族単位・

会社単位で施術が受けられます>

・ 家族で施術を受けたい

→ ご家庭に出張します。

時間内で複数名施術します。

 

・ 会社単位で施術してほしい

→ 会社に出張します。

会議室などで施術も可能です。

 

・ コンサート会場で関係者を施術してほしい

→ 対応可能です。

楽屋などで施術します。

 

例えば会社単位ではこんな悩みも・・・

021

ストレス疲労蓄積   →   モチベーション・社内士気低下

 ↑                 ↓

残業時間増加        業務効率悪化

 

この負のスパイラルに気付かずにいると大変危険です。

会社の業績にすぐ反映してしまいます。

☑ 「疲労・ストレス」過多。求められる「企業責任」。

☑ 会社の業績アップ、能率アップに!

☑ 社員の疲労回復は当たり前の時代に。

☑ サービス業やIT企業こそ導入して欲しいサービス。

 

・・・会社でならベットを置けるスペースが

3畳以上があればどのような場所でも施術可能です。

(会議室・更衣室・倉庫などでもOKです) 

畳での施術も可能です。

 

ご希望の時間、

希望の形でのご相談&

導入アドバイスをさせて頂きます。

「施術代として」領収書発行します。

(企業様のスタイルに合わせられます)

 

対応エリアは現状

東京都内ですが状況にもよりますので

ご相談ください。

 

<ご利用までの流れ>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず「お問い合わせフォーム」または「お電話」にて

お問い合わせください。

 

出張場所や時間を確認し

請求書を発行します。

原則クレジットカードか銀行振り込みにて

先払いでお願いしています。

 

まずはお電話にて

ご希望のスタイルや

状況などお伺い致します。

初回はお電話でご相談ください。

 

<料金体系>

半日プラン 3時間

40000円

例:10時から13時まで

 

一日プラン 6時間(休憩1時間)

70000円

例 10時から17時まで

 

・ 消費税は法人さまの場合かかりません。

個人の場合消費税加算になります。

・ 交通費実費別途ご請求させていただきます。

・ 夜間・深夜の場合は料金を1.5倍加算します。

(1時間単位で加算料金を算定します。)

17時以降が夜間・深夜料金適用です。

・ 出張時間はご相談ください。

今すぐ「お電話相談」はコチラ