タグ: 妊活

不妊治療を受けられている方に対する鍼灸施術に関して。どのような効果があるのか??など。

不妊治療を受けている方が

「鍼灸」

を希望するケースがあります。

 

結論から言いますと

気質的な疾患でない場合つまり、

機能的な働きが落ちている場合に

効果があります。

 

具体的にいますと

子宮や卵巣そのものの異常はないものの

生理不順・基礎体温のばらつき・

自律神経の乱れ・ホルモンバランスの乱れ

などに対して有効です。

 

弊所でもたまに質問されますので

どのような効果が期待されるか?

など以下に詳しくまとめていきます。

 

(1)基本的には機能的不妊に有効

不妊治療で鍼灸を

視野に入れる方は

病院での検査を受けて

 

「特に異常がなし。

ホルモンバランスなど

機能が悪くなっている状態。」

(原因不明と言われることも。)

 

と言われ、

プラスアルファの治療として

何かできないか?と思い

鍼灸を選択する方が多いようです。

 

病院での検査は

いろいろあります。

 

・ 基礎体温検査

・ 血中ホルモン測定

・ 子宮卵管造影検査

・ 精子検査

・・・など様々です。

 

不妊症で悩んでいる方が

いきなり鍼灸院に相談に来ることは

少なく、ある程度の検査を

すでに行っている方が多いです。

 

原因がはっきりわかるような

気質的な疾患とは、例えば

子宮内膜症、卵巣のう腫、

卵管閉塞などをさします。

 

生殖器官に異常ががあるため、

排卵、着床などに問題があり

妊娠に至らない場合のことで

これらの診断を受けた方は

すでに病院での治療を進めていることも

多いです。

 

(2)鍼灸の効果

鍼灸の施術は緊張を取って

ホルモンバランスを整えたり

浮腫みや冷えとる効果があります。

 

その結果

妊娠を希望する方にも

・ 冷えやむくみの改善

・ 自律神経の安定

・ ホルモンバランスの安定

などの効果が期待でき

いい影響を与えるのです。

 

また気質的な問題がないのならば

男性も同時に施術を受けられるとよいでしょう。

 

(3)トンデモに要注意。温泉と同じ。

代替補完医療の考え方。

 

不妊治療などは

スピリチュアルな部分もあり

また困っている方も多いため

「トンデモ」

と言われるような

ニセ医学が入り込む余地が

どうしても大きい分野です。

 

弊所では

病院の診察をしっかり受けながら

補完する形で鍼灸をオススメしています。

奇跡は狙いませんし

当たり前のことを当たり前に施術します。

 

鍼灸というのは温泉に似ています。

その効果を疑う余地はありませんが

温泉に入っていれば病院に行かなくてよいか?

というとそんなことはありません。

 

病院の治療と鍼灸施術は

否定しあうような関係ではなく

補完しあうような関係が望ましいです。

 

病院の診断結果や診察方法を

否定することはしません。

しっかりお話を聞かせていただき

プラスアルファの治療になるような

施術を心がけます。

何でもご相談ください。

 

*代替医療・補完医療の考え方については

こちらをご覧ください。