タグ: 寝違え

寝違えやぎっくり腰などの応急処置方法と、早くよくする方法。

寝違えやぎっくり腰は痛みが強くあせってしまう方が多いのですが我々施術者側からすれば実はとても治しやすい疾患です。応急処置の基本的な方法は冷やすこと・安静にすること・お酒を飲まないこと・入浴して温めないことです。以下

 

寝違えやぎっくり腰になってしまったときに大切なこと

 

(1)まずは冷やす

まずは痛めた患部氷やアイスノンなどで冷やしてください。熱を持ってたら心地よく気持よく感じるはずです。冷シップも有効です。

 

(2)安静にすること

動いてしまうと痛みは増強します。冷やしたうえで安静にしましょう。また痛みが強ければ固定して痛みが出ないようにします。

 

(3)お酒を飲まない

痛みがある時お酒を飲むとかえって痛みが強くなります。血流が促進されるためです。やめておきましょう。

 

(4)お風呂に入らない

同じように温めると痛みが増してしまいます。身体に炎症反応があるうちは温めない方が良いでしょう。2.3日は安静が基本です。入浴は軽くシャワーぐらいにしておくと良いでしょう。

 

・・・上記の4つを守っていただければ比較的早く痛みが治まってきますが、痛みが強い場合はまずは病院や専門機関に行きみてもらった方が良いでしょう。ぎっくり腰や寝違えだと思ったら実は骨の病気だったというパターンもあるため自己判断は危険です。上記のような応急処置を行っても痛みが増悪している場合、痛みが強くて寝れない場合、心配な場合などは迷わず病院を受診しましょう。鍼治療も痛みを減らすサポートができますし、生活指導などもできますので困ったらご相談ください。

マスコミ掲載実績、取材ご協力、SNS(YOUTUBE動画、Instagramなど)の撮影依頼について

田無北口鍼灸院では取材協力、情報提供なども積極的に行っています。

・ こんな情報を探している

・ こんな記事を書きたい

・ こんな映像がほしい・・・

 

そういったことでお困りの場合お気軽にお電話やメールにてお問い合わせください。ご協力できそうな場合はお力になりますし私で対応できない場合は同業者等ご紹介します。雑誌やテレビはもちろん映画やYOUTUBEなどの撮影もご相談ください。ただし公序良俗に反するもの(アダルトや暴力性のあるもの等)はお断りします。ご理解ください。

まずはメールにてご相談いただくのが望ましいですがお電話でも対応します。

 

電話

042-497-4586

O9O-4064-1205

(Oオーをゼロに変えてください)

メール

kenjiroushiraishi@hotmail.co.jp

(@を小文字に変えてください)

 

掲載実績などに関して

(1)2014年、週刊プレイボーイ(集英社)

寝違えの専門家として、田無北口鍼灸院の白石が集英社、週刊プレイボーイさま(6/30発売号)へ情報提供いたしました。ダルビッシュ投手の寝違えのことや予防法について語っております。

 

(2)2020年、あとはとき「情報に基づく意思決定と現代医学を否定しないこと」 寄稿(アルテミシア社)

 

(3)2012年、西東京市社会福祉協議会発行

「ゆめはーと」さま 治療院紹介していただきました。

 

(4)2018年、Square社発行冊子

コメント掲載。

 

学会発表

年2回ほど研究発表を行っています。業界紙にも記事が掲載されました。

寝違えに関して。田無北口鍼灸院の施術・20代女性の改善例。

プライバシーに配慮し

症状と改善例についてまとめていきます。

 

・・・全員が同じように

改善するわけではないと思いますが

参考になれば幸いです。

 

お名前 

田中花さま(仮名)

年齢

24歳

主な訴え 

首の疼痛 起床時に痛めた

施術開始時期

平成28年3月3日

改善時期

平成28年3月7日(3回の施術)

 

経過・状況など

3/3起床時に痛める。

寝違え。

 

(1)思い当たる原因

特にないが

寝違えはたまに起こす。

(本人談)

前日お酒を飲んでいた模様。

 

 

(2)弊所での施術・見解

元々緊張が強いタイプ。

細身。ストレートネック気味の体型。

肩甲骨周辺の緊張もあり。

 

寝違え疼痛そのものに関しては

さほど時間がかからず改善

させられる。

 

しかし根本的な原因・緊張癖

などを取らないと

再負傷すると説明。

 

まずは症状を抑えるための施術を

3回行う。と説明。

 

また症状が改善しない場合は

遠慮なく申し出てもらう。

ヘルニア等別の原因も考えられるので

その際は病院を紹介する。

 

(3)経過

3/3 疼痛が強い

アイシング・鍼・低周波

自宅での安静指導。

お風呂に入らないよう指導。

禁酒指導。

 

3/5 経過良好。

3/3当日の夜から痛みがひいてきた。

鍼・低周波・肩甲骨の調整

 

3/7 症状改善

根本的な原因を改善させる

施術にするようお伝えする。

承諾。

 

(4)総括

意外かもしれませんが

ぎっくり腰や寝違えの

症状を取ることは

さほど難しくありません。

 

急性症状なので

正しい処置を行えば

良くなっていきます。

 

それよりも

なぜしょっちゅう寝違えを

起こしているのか?

考えて対策を講じていく方が

ご本人のためだとお伝えしました。