Go to Top

三叉神経痛、頭痛、片頭痛、群発性頭痛の鍼治療。

三叉神経痛の症例をご紹介しておきます。

鍼治療で改善したようなので

こちらで経過などを書いていきます。

 

経過

30代女性。

もともと顎関節症気味で

首や肩に強いコリがある。

年末年始の疲労からか?

頭痛や歯の痛みを感じるようになった。

水やお湯を飲むと刺激で痛みが増強。

 

おそらく三叉神経痛ではないかと思ったが

脳の疾患などがあっては困るので

念の為脳神経外科にも行くよう指導。

 

精密検査の結果特に異常はなく

担当の医師からも

三叉神経痛ではないか?

との診断が下されたようです。

 

一般的には薬物療法や

場合によっては手術療法なども

あるようですが

鍼治療でも頭痛症状などに効果があります。

研究論文も存在します。

 

施術内容

顔面・頸部・肩・頭部・額関節周辺

の緊張が非常に強い。

 

その周辺の緊張を和らげ

血流を促進する目的で

鍼や灸の施術を行った。

 

頻度は週3回ペース。

毎回症状は緩和。

8回目くらいで日常生活の不自由や

痛みをあまり感じなくなった。

 

似たような病気

片頭痛(偏頭痛)も同じように血管に由来する

頭痛である。

治療法も似ている場合が多い。

 

ほかには男性に多い

「群発性頭痛」

という疾患もある。

(同じカテゴリーで考えられることもある)

 

鍼治療で改善することも多い。

しかしながら前述のように

脳の疾患などがあってはまずいので

自己判断ではなくまずは

病院で診察を受け

状況を知っておくことも大事であります。

 

血管拡張すると痛みが増す。

痛みが出た場合は

応急処置として冷やすことも有効。

仰向けになって眼の周辺を冷やすと

痛みが落ち着く方が多い。

(応急処置法)

 

この痛みのコントロールを知るだけでも

「薬だけ」

に頼らなくてもよくなり

精神的にずいぶん楽になる方は多い。

何かあればご相談ください。

,
今すぐ「お電話相談」はコチラ