Go to Top

頭痛と頸部痛の心理的・社会的な危険因子に関して

頭痛や頸部痛を悪化させてしまう

危険因子についてまとめていきます。

 

慢性的な頭痛や頸部痛に悩まされている方は

これらのことを避けられるのであれば

避けた方が良いでしょう。

 

<心理的・社会的危険因子>

1、ストレス

生活面の負担や時間的制約などの

プレッシャーは症状の悪化を招きます。

29196111_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、苦悩・不安感

無力感や不安感はほとんどの場合で

「疼痛閾値を下げる」

=痛みを感じやすくする

と言われています。呼吸のパターン変化や

筋緊張なども伴います。

 

3、鬱状態

深刻な不幸感や無意味感が

認知の歪みを引き起こし痛みの悪化を招きます。

 

4、仕事や家庭への不満

仕事や職場、家庭などは

日常的に接する時間が長いため不満がある状態だと

不快感や疼痛が増します。

 

・・・

慢性的な頸部痛や頭痛に悩まされている方は

こうした状況を避けられるのであれば避けて

生活されるのが良いかと思います。

 

マッサージやはり灸を行っただけでは

改善されない場合もあるため

生活パターンや状況なども考慮し

施術に当たっていきます。

 

何か不安なことやご質問などあればお気軽に

お尋ねください。

, , , , , , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ