Go to Top

台風の時期に頭痛が悪化してしまうという方への対策方法、頭痛の分類(偏頭痛・緊張型頭痛等)。

台風の時期になると

「頭痛がひどい」、

「頭痛の改善をしてほしい」、

「頭痛や肩コリがつらい」

というご相談案件が増えます。

 

傾向としては女性の方が多いといわれますが

男性も多いという印象です。

 

結論から言いますと

鍼灸の施術を受けますと楽になりますが

頭痛症状は緊急性を要するものも

あるため注意が必要です。

 

詳細は以下・・・

 

(1)なぜ台風の時期に頭痛がひどくなるのか?

とくに気圧の変化の影響を受けやすい

という方が圧倒的に多く

台風などが発生する時期に

頭痛や関節痛など神経痛が

ひどくなるようです。

 

敏感な方や症状が重い方になりますと

台風が近づいてきたことが

わかるという方までいらっしゃいます。

 

台風などの気圧だけでなく

温度や湿度などが原因でも体調悪化が

起こるといわれていますが

これらは俗に「気象病」

と呼ばれます。

 

 

 

なぜ天気が体調に影響を与えるのでしょうか?

原因はまだよくわかっていませんが

脳の混乱が自律神経の変化を引き起こすから

という説を提唱・研究している医師もいます。

 

簡単に言いますとこんなメカニズムです。

 

鼓膜の奥にある「内耳」

は気圧の変化を感じるセンサーがある。

その情報が脳に伝えられ

交感神経や副交感神経(自律神経)

の調整が行われる。

乗り物酔いしやすいなど敏感な人は

自律神経のバランスが良くないため

気象病にも悪影響を受けやすい傾向がある。

 

*詳細

東洋経済ONLINE

「低気圧で体調不良を起こしやすい人の特徴」

 

あくまでも仮設ですが

たしかにそのような傾向はあると思います。

 

(2)気象病の対策は??鍼灸もよいですよ。

天気をある程度予測して

ストレスをためないようにする、

という方法があります。

 

台風が近づきそうな時期は無理をしない。

飲みに行かない。

夜更かしをしない。

 

という対策方法です。

 

自律神経はストレスや睡眠不足などで

悪影響を受けますので

最小限に減らすには

そのような対策も有効かもしれません。

 

また日頃から鍼灸などの施術を受け

体調を整えておくと

自律神経の安定作用があるため

悪化しずらくなったり

気象病の影響を受けずらくなるでしょう。

 

(3)頭痛の分類と注意点に関して

偏頭痛のような

脈を打つズキズキが出ている場合

痛い部分を揉むなどしては

かえって症状が悪化することも多いです。

注意が必要ですね。

 

偏頭痛というのは

血流が促進されると頭痛が悪化します。

 

緊張型頭痛と呼ばれる

筋緊張が原因で起こる

締め付けられるような頭痛の場合は

温めたり筋肉をほぐすと

頭痛が緩和されます。

 

・・・ただ緊張型と偏頭痛は

どちらか片方が出るものではなく

混在していることも多いです。

 

温めたいけど冷やしたい

という矛盾した状態になることも

多いのです。

 

しかし経験のある鍼灸師ならば

しっかり対応できます。

 

ツボなどをうまく使い

腕や足から血流を促進させたりすれば

これらの矛盾を解消しながら

体調も改善させることができます。

 

また頭痛症状は

上記2つのパターンだけでなく

脳の問題などから生じる場合もありますので

注意が必要です。

 

ひどい吐き気を伴ったり

発熱を伴う場合などは

まずは医師の診断を受ける方が良いでしょう。

 

*病院へ行くべきタイミングなども

お気軽に田無北口鍼灸院にご相談ください。

, , , , , , , , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ