治る人・治らない人の違い。医療者との信頼関係について。

治る人・治らない人の違い。医療者との信頼関係について。

例えばぎっくり腰や腰痛、しびれなど

何でもいいのですが

同じような症状でも

治る人・治らない人がいます。

正確にいうと

良くなる人・良くならない人

かもしれません。

 

結論からいうと

「医療者(施術者)との信頼関係」

が築けるかどうか?

が大きなカギになります。

詳しくは以下。

 

*医療全般に言えることなので

医師や施術者という書き方をしています。

施術者は鍼灸師やマッサージ師等のことを

想像していただけますとわかりやすいです。

 

 

・・・

先日学校教育に長く関わっていた、

という方とお話する機会があったのですが

とても印象深いことをおっしゃっていました。

 

「先生のことが信頼できないと

勉強や教育は進まない。」

という内容のお話でした。

 

その話を私は

「なるほどなあ」

と思いました。

 

これは医療でも

同じことが言えそうです。

 

医療は

患者さんと医療者(施術者)

の信頼関係がないと成り立ちませんし

良い結果が出ないことが多いのです。

 

(1)患者側の問題

以下のような方は要注意かもしれません。

・ 自己判断してしまう方

自分で症状をネットなどで調べ

多分これだろうと決めてかかり

医師などを困らせてしまいます。

 

・ 約束を守らない方

また通院のペースも

自己判断してしまうため

約束を守れません。

治療が進まないこともあります。

 

・ 話を聞かない方

医療者側に

アドバイスなどをされても

受け入れない方は

結局は良くならないことが多いです。

 

・・・上記のようなことは

すべて信頼できていないことや

治療に集中できていないことに

根本的な原因があります。

 

もちろん

医療者側に責任もあるでしょう。

一例として挙げてみましょう。

 

(2)医療者側の問題

以下のような医師や鍼灸師・マッサージ師は

信頼されないでしょう。

・ 説明しない医師(施術者)

インフォームドコンセントと言って

説明責任の重要さが叫ばれている昨今、

説明しない人は不信感を招きます。

 

・ 話を聞かない医師(施術者)

また病気の説明ばかりで

患者さんの話が聞けない医師

(施術者)も信頼関係が築けないことが

多いようです。

また大学病院など待ち時間だけ長く

診てくれる時間や話を聞いてくれる時間

が短いという構造的な問題も

信頼関係が作れない原因になるようです。

 

・ 清潔感がない

これは問題外かもしれません(笑)

清潔感がないと嫌なのはどの仕事でも同じです。

 

・・・

簡単にまとめてみましたが

いかがでしょうか?

 

いずれにせよ

信頼関係が作れない治療は

(鍼灸やマッサージなどの施術も同じです)

良い結果が出ることが少ないので

やめておいたほうがいいでしょうね。

 

弊所では

説明(カウンセリング)など

施術以外のことも重点的に行ってます。

 

信頼してもらえるよう

全力を尽くしたい所存です。

 

*弊所では以下のような内容を掲示し

最初にお読みいただいて納得していただけない方

は施術をお断りしています。

 

 

´どんな治療でも「信頼関係」が大切です。「信頼関係を築けない場合」は施術を中止します。

・・・一例ですが「病院に行ったが話を聞いてもらえず、薬を出されただけで嫌な気持ちになった。」という経験を話される方は多いです。治療は提供側と患者側の双方向から行うものなので信頼関係が築けない場合、どんなことをしてもうまくいかないことが多いです。

こちらとしてもしっかりとお話を伺い、ベストだと思われる施術や通院方法を提案します。しかしながら信頼関係が築けない場合は、施術をやめたほうが良いと思います。こちらがなにか提案しても「・・・いや、それは・・・」と否定されてしまうと治療は進みませんし、うまくいかないためです。また初回施術後に連絡先などをお聞きすることがありますが、『「はがき」・「メール」・「電話」・「LINE」など問わず一切連絡してこないでほしい。』という方とも信頼関係を築くのは難しいです。そのような方はよそへ行かれることをオススメします。

 

今すぐ「お電話相談」はコチラ