Go to Top

田無北口鍼灸院の「はり治療」があまり合わない方について。

先日、田無北口鍼灸院のコンセプトや

使命などを書きましたが

今日は少し逆のことも

書いてみようかと思います。

 

はり治療や弊所の施術があまり合わない方

についてまとめていきます。

なお最初に言っておきますが

合わない方を批判するためのものではありません。

 

お話を聞かせていただいたうえで

合わないと思った場合は

施術をしないで

そのままほかの病院などを

オススメすることもあります。

 

お肉屋さんにいっても

魚は売っていないのと同じで

もしもお肉屋さんに魚を買いに来た方がいたら

要望を聞いたうえで

魚屋さんの場所を教えてあげることが

親切ではないかと思います。

 

以下まとめです。

 

× 治療のための時間を取るのが難しい

× 体調管理の優先順位は低い

× いますぐ痛みや不調を取ってほしい

× 悩みを解決するためでなく

娯楽目的で施術を受けたい

× 説明などはいらない

 

このような方はあまり合わないと思います。

しかしながら

「すぐに痛みを取ってほしい」

というのは少し微妙で

すぐに痛みが取れる場合もあります。

ただ原因や予防も大事ですよ。

という意味です。

 

他は見てもらえればなんとなくは

ご理解いただけるかと思いますが

説明を嫌がったり

時間を確保するのが難しかったり・・・

という方は結局のところ

体調管理や治療の優先順位が

低い方が多いです。

 

そのような方は鍼治療をしても

あまりよくならないことが多いので

最初から施術をお断りすることが多いです。

 

モチベーションは本当に大事です。

モチベーションが低いと

何をやってもよくなりません。

 

モチベーションが低い方は

約束を守れなかったり

こちらが出した宿題や

レポートをやって来ない方が

多いのです。

 

それでは絶対によくなりません。

治療を受ける前に

まずはご自身のモチベーションも

確認するのが良いでしょう。

治療にはお金も時間もかかります。

本当によくしたいですか??

ご自身に問いかけてみましょう。

 

・・・さて実際にあった

ご相談の例をあげます。

 

先日こんなお電話がありました。

「腰が痛いから見てほしい。

注射などもしてほしい。

仕事が忙しいから21時に行きたい。」

 

まず一口に腰痛といっても

様々なパターンがあります。

・ ヘルニアなどから生じるもの

・ 筋肉や生活習慣が原因のもの

・ ぎっくり腰のようなもの

・・・さまざまです。

 

弊所でも腰痛は改善できるのですが

「なぜ痛みが出ているのか??」

その見極めが大切であります。

 

ぎっくり腰のような急性期の痛みは

比較的早く改善しますが

ヘルニアなどが原因で腰痛が生じている場合は

ある程度期間や回数もかかることを

お伝えしました。

 

病院と鍼灸院の性質の違い

もお話し

注射などをご希望される場合は

まずは整形外科など病院に行くことを

オススメしました。

 

そもそもどうしていいか?

誰に相談すればよいかわからなかったため

困っていたようでした。

解決し喜んでいただけたようです。

 

腰痛が改善しないようでしたら

弊所で施術を行うことも可能ですので

何かあればまた連絡ほしいとお伝えしました。

 

・・・このように

なるべくご相談者の方の要望に

お答えしたいと考えています。

 

否定などはしませんし

丁寧に説明させていただきます。

 

ベストな提案をさせていただくためにも

まずはしっかりと

お話やご要望を伺います。

遠慮なくご相談ください。

今すぐ「お電話相談」はコチラ