Go to Top

病院でできること、鍼灸院でできること、その他の違い

たまに質問されるのでこちらにも

まとめておきます。

また弊所のスタンスとして

西洋医学をむやみに否定することはしません。

 

病院を上手に利用し、

最速で改善されますよう

適切に精密検査や投薬治療をおススメします。

緊急性や病気が疑われる場合は

こちらから病院に

紹介状を書くこともあります。

ご相談ください。

 

病院でできること、特徴

・ 医学的検査:

レントゲン・MRIなどの画像診断

血液検査、聴力検査など

→ 

検査をすることで病気が原因でないか?

正しく知ることができます。

もちろん検査をしてもわからないこともあります。

・ 投薬・注射:

薬物療法は医師の指示の元

行うことができます。

痛み止めの注射などは痛みが強い場合

有効です。

 

・ 特徴

病院の役割の一つとして

「正確な診断」を下すこと

というのがあります。

緊急性がある疾患でないか?

判断することです。

 

また病院はたくさんの方が訪れます。

 

そのため医師が一人の患者さんに

さける時間はどうしても

少なくなってしまいがちです。

 

「検査はしてくれるが治療はしてくれない」

という印象を持つ方が

いるようですが

上記のような特徴から

そう感じてしまうのかもしれません。

 

費用はほとんどの場合で

保険診療でできますので

安価で済むことが多いです。

 

鍼灸院でできること・特徴

・ 東洋医学的検査:

全身を触ります。

脈を見たりお腹の状態を見たり、舌の状態を見たりします。

検査といっても数値で見たりする

客観的検査ではなく

硬さや色を見るなど主観的な検査です。

 

・ 鍼や灸:

鍼灸をやります。

鍼は痛くないですし灸は熱くないです。

ささない鍼もあります。

即効性があることも多いですが

徐々に効いてくるものもあります。

 

・ 鍼灸院の特徴

一人一人に時間をかけられます。

お話をゆっくり聞かせていただきます。

そのため

「なぜ調子が悪くなったのか?」

という原因究明に時間をかけられたりします。

ストレス性や緊張性の

病院では、お薬ではなかなか解決しない

問題に対して強いです。

 

費用は一部保険適用のことも

ありますが基本的には

自由診療です。

一回6000円程度~というのが

一般的な相場でしょうか。

 

まとめ

身体に不調を感じた場合

まずは病院で診察を受けるのが良いでしょう。

 

異常がないか?

病気が原因ではないか?

調べてみてください。

 

病院の投薬治療やリハビリでは

いまいちよくならないと感じている方や

セカンドチョイスとして、

また上手に併用しながら

鍼灸院を利用するのが良いでしょう。

 

・・・わからない方は一度ご相談ください。

, , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ