婦人科疾患(月経困難症、PMS症候群)とその評価について

婦人科疾患(月経困難症、PMS症候群)とその評価について

鍼灸治療は骨盤周辺の緊張を和らげて
血流を促進するため婦人科疾患に
効果があることが多いです。

更年期障害や月経困難症に関する
論文や研究も多数存在します。

中高生や若い方にも多い
婦人科疾患
「月経困難症、PMS症候群」
について
その概要や評価について
詳しく書いていこうと思います。

<1>月経困難症について

・ 月経直前ないし月経時に
下腹部痛や腰痛といった症状を
主症状とし種々の症状
(腹部膨満感、悪心・嘔吐、頭痛、
下痢、脱力感、食欲不振、イライラなど)
を随伴する病的状態、のこと。

・ 月経困難症には
機能性(原発性)月経困難症

器質性(続発性)月経困難症
とがある。

器質的な原因としては
子宮内膜症、子宮腺筋症、
子宮頚管狭窄、骨盤内癒着、
子宮奇形などがある。

・機能性月経困難症の原因は、
子宮から多く賛成されるPGF2
によって子宮筋の過剰収縮が
起こり虚血に陥ることによって
発症する。

・鍼治療は
月経痛の軽減に対して有効。
ただし鍼治療の機序に対する
研究はない。
→ 
鍼鎮痛の作用ではないか??
と言われている。

<2>月経困難症の鑑別
~器質性・機能性??~

簡単な特性と
鑑別方法を書いておきます。

発症時期
・ 機能性は思春期
(初潮後3年以内が多い)

・ 器質性は多くは成熟期。
20歳以降

痛みの発生時期
・ 機能性は月経直前から開始後

・ 器質性の多くは
月経前から2~4日目

痛みの持続期間
・ 機能性は短い
(数時間から2日以内)

・ 器質性の多くは
持続的か周期性

その他
・ 機能性は月経時のみ

・ 器質性は月経時以外でも痛み。
性交時、排便時など。

加齢による変化
・ 機能性は増悪なしか
むしろ軽減・消失
妊娠分娩後は消失・軽減傾向。

・ 器質性は変化なし。
増悪する例もある。
妊娠分娩後も変化なし。
減弱。

<3>月経前症候群 について
(premenstrual syndrome: PMS)

・ 月経前 3-10日の黄体期に続く
身体的あるいは精神的症状で、
月経発来とともに減退・消失する。

・ いらいら、のぼせ、
腹部膨満感、下腹部痛、
腰痛、頭重感、怒りっぽくなる、
頭痛、乳房痛、落ち着かない、
憂うつの順に多くみられる。

・ 月経前不快気分障害
(premenstrual dyspholic disorder
: PMDD) は、
精神症状が主体で強いものをいい、
PMSの最重症型に位置付けられる。

産婦人科の必修知識
日本産科婦人科学会 編より

<4>PMSメモリーとは

日誌記録的な即時的記録法
(前向き記録)が
症状の自覚と正確な診断に
有意義であることが指摘されて
日本で開発されました。

症状リスト

(1)身体症状

下腹部症状>>
下腹痛
腰痛
下腹部がはる

血管神経症状>>
頭痛
頭が重い
肩こり
めまい
手足の冷え

消化器症状>>
食欲が増す・なくなる
下痢・便秘
食物の嗜好の変化
水分代謝症状
むくみ・のどがかわく

乳房症状>>
乳房が痛い・はる

皮膚症状>>
にきびがでやすい
肌荒れ
化粧ののりが悪い

そ の 他
疲れやすい
眠くなる
おりものがふえる
体がスムーズに動かない
(ぎごちない〕
アレルギー症状
(鼻 、目など〕

(2)精神症状

イライラ
怒リやすい
攻撃的になる
無気力
憂うつ
自分をつまらない
人間だと思う
弱気になる
涙もろい
不安が高まる

ほか・・・

<4>鍼灸の利用方法

まずは婦人科専門医などに
相談することをお勧めします。

何が原因で症状が出ているのか?
確認したうえで鍼灸を併用するのが
良いと思います。

前述のように
痛みに関して改善報告がありますし
身体の調子が整うので
劇的に改善することもあります。

鍼灸と同じく
漢方を使う方法もあります。

まずはご相談ください。

今すぐ「お電話相談」はコチラ