月: 2017年10月

2017年11月のお休みに関して。

2017年11月のお休みに関してお伝えします。

 

第2日曜日の11/12

第4日曜日の11/26

お休みいただきます。

 

なお11/3金曜祝日は9:00~15:00までの

営業とさせていただきます。

 

営業時間内でも出張施術などで

外出させていただいてることがあります。

お電話の上ご来所ください。

よろしくお願いいたします。

子どもの肩こりとチック症に関して

弊所では子供のための

チック症状でご相談に来られる方

も数多くいらっしゃいます。

 

・・・

だいたい小学校低学年から4年生くらいまで

のお子さんが多いのですが

そのようなお子さんはなぜか

「肩こり症状」

を訴えることが多いです。

 

医学的にチックと

肩コリは関係ないのでしょうが

コリの不調・不快を

チックとして体の外に

でているという見方もできます。

 

肩こり症状をやわらげ

リラックスさせてあげると

少しずつ症状が和らいでくるが

最初のうちは

またすぐに元に戻ってしまいます。

 

いわゆる

「疳の虫」(夜泣き・イライラ)

などから移行し

ひどくなってチックとなり

体に現れるケースが多いです。

 

首から肩・肩甲骨の緊張を緩めると

チック症状も軽減することが多いです。

 

 

料金・目安施術時間

~中学生まで

20~30分程度の時間

初回 4860円

2回目 4530円

3回目以降 4320円

*乳幼児の方は3240円で施術いたします。

 

詳しくはお電話等でお気軽に相談ください。

小児はりについて。~痛くない・刺さない鍼を使用します。効果と適応症。

弊所では小児鍼の施術に

刺さない鍼を使用しています。

 

針、の名前がついていますが

皮膚に接触させるためのもので

刺すためのものではありません。

なでたりさすったりしていきます。

 

<上記写真・鍼の名前>

友好小児針、員利針、ホーキ針、

松葉針、かき針、三角ばり、

長刀針、バチばり、ローラー針、てい針

 

<効果と適応症>

上記のような鍼で撫でられると

気持ちが良く簡単にいうとリラックス効果

自律神経の安定作用があります。

 

代表的な適応症は

カンムシ(疳の虫・疳虫)です。

 

カンムシとは病名ではなく

生後3か月くらいから5歳くらいまでの

小児が引き起こす種々の症状に対する

俗称であります。

 

・ キーキー声を出す

・ 夜泣き

・ よく人にかみつく

・ 食欲がない

・ 便秘

・ 下痢

・ 良く風邪を引く

小児の神経症の一種であり

小児の自律神経失調症状という

見方もできるかもしれません。

 

鍼にはリラックス効果および

自律神経安定作用があるために

これらの症状に対し

施術対応ができるのです。

 

上記の鍼で撫でられたり

さすられたりすると子供はリラックスして

気持ち良さそうになっていきます。

「その晩ぐっすり寝れた」という声を

ことも多いです。

 

ほかにも

・ 気管支喘息

・ アトピー性皮膚炎

・ 鼻炎・中耳炎

・ 風邪症状の回復促進

・ 肩こり

などにも対応できます。

風邪を引きやすい子どものためのはり灸(鍼灸・小児はり)

子どもは自律神経系が未発達なために

様々な特有症状が出ることがあります。

 

 

睡眠障害(夜泣き・夜驚症・夢遊病)、

異常興奮(キーキー声を出す、

人を良くかむ、よくけんかする、よく怒る、

モノを投げつける、頭をぶつける、

ダダをこねる、爪をかむ・強い人見知り)、

摂食不良(食べない、

口内炎、下痢、お腹を壊す)、

嘔吐
(嘔乳)する、
排尿障害(おねしょ)、

呼吸器系(風邪を引きやすい、
小児喘息、鼻炎)、

アトピー性皮膚炎・・・

など。

 

お子さんが風邪を引いて

病院(小児科)に行っても

「風邪ですね。様子を見ましょう。」

といわれ重篤でなかったことは

安心できるが

なにもしてくれないのか?

と不安になる方もいるのではないでしょうか?

 

・ お子さんがしょっちゅう風邪を引いてしまう

・ 風邪を引いたが早く治したい

・ しょっちゅう風邪を引かないよう強くしたい

 

などご希望の方は

はり灸の施術がよいかもしれません。

 

血流を促進し

リラックスすることで

自律神経の安定作用があり

症状が改善されていきます。

 

<施術時間・料金>

弊所ではお子様があきてしまわないよう

30分以内の目安で施術を行います。

お子様の体調不良でお困りの方は

お気軽にご相談ください。

4500円(税抜き)

 

乳幼児~幼稚園までのお子さんは

20分以内目安で施術を行います。

3000円(税抜き)

長年続く片頭痛症状の改善に関して。田無北口鍼灸院の施術・30代男性の改善例。

症状と改善例についてまとめていきます。

 

・・・全員が同じように

改善するわけではないと思いますが

参考になれば幸いです。

*プライバシーに配慮するため

個人情報等、多少脚色してあります。

 

頭痛外来専門のクリニックにも

通院したり、と

長年にわたり頭痛に悩まされていた

症状が改善した例です。

 

頭痛でお悩みになる方は多いです。

男性よりも女性が多い傾向にありますが

弊所では相談に訪れる方の男女比は

半々くらいの割合です。

詳しくは以下・・・

 

お名前 

井上 高太さま(仮名)

年齢

36歳(施術当時)

主な訴え 

首の疼痛・肩こり・目の疲れ

ズキズキする片頭痛(偏頭痛)

(ご本人談)

 

施術開始時期

平成29年09月03日

改善時期

平成29年10月01日

週に1度程度、

現状4回の施術だが改善傾向。

加療継続中。

最低5・6回は施術を行う予定。

 

経過・状況など

長年にわたり頭痛に悩まされている。

頭痛外来にも相談に行った。

CT精密検査を受けたが異常なし。

薬を服用し症状を抑えている。

 

元々肩こりなど感じていたが

症状が強くなってきて困っていた。

誰に相談していいかわからなかった。

(ご本人談)

 

(1)思い当たる原因

デスクワークが長い。

長年にわたり肩コリもあり

頭痛症状も半分あきらめている。

(ご本人談)

 

(2)弊所での施術・見解

まずは状態把握。

片頭痛(偏頭痛)と

緊張型頭痛の違いなど説明。

 

肩甲骨周辺から頭部・頸部が

硬くなっている。痛みもあり。

そこを改善するために

鍼やお灸、関節運動などを行う。

3)経過・施術など

第一回 平成29年9月3日

頭痛の状態は

ズキズキ痛むような感じ。

 

緊張も強いため

片頭痛・緊張型混在タイプ。

肩こり症状もあり。

目の疲れもあり。

 

緊張を取りつつ

頭も冷やしながら慎重に施術を行う。

 

・ 鍼灸

・ 吸玉

などで緊張を和らげる。

体型のバランスも調整する。

 

第二回 平成29年9月9日

前回に引き続き

緊張を取るための施術。

頭を冷やして症状も抑える。

 

第三回 平成29年9月22日

第四回 平成29年10月1日

私用で1週間あいてしまったが

改善を感じている。

 

症状・緊張は強いためもう少し

週1で施術を提案。同意してもらう。

 

良くなってきたら

月に1回のメンテナンス施術に

切り替える予定でいる。

 

(4)総括

頭痛症状が強かった。

片頭痛症状のため血行が良くなると

痛みが増すが緊張は強い。

 

頭の血流を抑えながら

周辺の緊張を取っていく施術を行う。

 

頸部から背中周辺の緊張が強く

 

まずは緊張を取ることに集中してもらう。

 

3.4回の施術でも大分良くなってきた

ことを自覚してくれた。

今後も施術を行い改善を狙っていく。

 

(5)ご本人のコメント

井上 高太さま(仮名)

年齢・性別

36歳 男性

現在の状況

社会人9年目

 

Q1、施術前に辛いと感じていたことを

教えてください。

月に2・3回片頭痛があり

病院でも痛み止めをもらうだけで

改善しなかった。

 

Q2,施術後どうなりましたか?

週一で施術を受けると

2.3回で頭痛の痛みがかなり楽になった。

 

Q3,施術を受けるとどうなりますか?

最初の1か月間は週1回くらいで受けたが

首肩回りの筋肉をほぐしてもらい

その辺もかなり楽になったと感じた。

 

Q4,改善してほしいところがあればお願いします。

とくになし

田無北口鍼灸院から病院をご案内、併用しながら施術した例:整形外科 四十肩・五十肩 → 肩関節周囲炎

弊所では以下のような場合

病院などの受診を

オススメすることがあります。

 

(1)施術を行い改善しない場合や

逆に悪化している場合

(2)施術者の判断で

専門家の判断を仰いだほうが

良いと思われる場合・緊急性がある場合

(3)クライアントさんが不安な場合

 

また

病院に行けばよいか?

鍼灸院に行けばよいか?

誰に相談すればいいか?

 

不安で迷っている方も多い

と思われます。

 

弊所では、まずはしっかり

お話を伺いどうすればいいのかのアドバイスを

させていただきます。

 

どんな場合で・どんな状況で

病院や助産院受診を

オススメすることになったのか?

 

今回は症状が強かったため

整形外科の治療と

弊所の鍼灸施術を併用した事例です。

 

プライバシーに配慮し個人情報などの

状況は多少脚色し事例をまとめていきます。

 

似たようなことでお悩みの方の

お役にたてましたら幸いです。

 

また不安な場合は自己判断せずに

専門家に相談することをオススメします。

 

クライアント名

竹中 勇作さま(仮名) 40代男性

 

来所日

2017年8月中旬

 

主な訴え・症状など

左首肩のコリ・痛み

背中をかく(結帯)動作ができない

肩の動きが悪い

 

(ご本人談)

 

肩関節周囲炎いわゆる

四十肩疑い。

鍼(はりきゅう)をすることで

痛みや関節可動域は改善するが

炎症症状が強い場合

治療が長期にわたることもあると説明。

 

整形外科での注射(ブロック注射)

や投薬(痛み止め等)も

うまく併用するといいのではないか?

とお伝えする。

 

薬を飲むと治るわけではないが

痛みがあって眠りの質が

悪くなっているようならば

整形外科にも通院することを勧めた。

弊所では週1回程度の施術を行う。

 

経過

何度か施術を行い

少しずつ回復してきている。

 

8月末に

「整形外科にも行きたい」と申し出。

 

市内の整形外科をご案内。

ご自身でHPなど調べてもらい

興味を持ったようなので

紹介状も書いて渡した。

 

(1)整形外科での診察

医師診察

肩関節周囲炎と診断

(お手紙にて診察内容を教えてもらう。)

医師の指示に従ってもらいつつ

弊所での施術も併用して受けるよう勧めた。

 

総括

四十肩・五十肩症状の場合

疼痛が強く眠れない場合などは

肩への石灰沈着が

疑われる場合があります。

 

一度整形外科での診察を

受け薬物療法などと併用した方が

良い場合もあります。

 

本ケースでは

クライアントが病院紹介を

希望したために紹介状を書きました。

 

同じようなことでお悩みの方や

痛みがあるがどうすればいいかわからない方は

お気軽にご相談ください。

田無北口鍼灸院から病院をご案内した例:整形外科 ぎっくり腰の申し出 → 圧迫骨折の診断

弊所では以下のような場合

病院などの受診を

オススメすることがあります。

 

(1)施術を行い改善しない場合や

逆に悪化している場合

(2)施術者の判断で

専門家の判断を仰いだほうが

良いと思われる場合・緊急性がある場合

(3)クライアントさんが不安な場合

 

また

病院に行けばよいか?

鍼灸院に行けばよいか?

誰に相談すればいいか?

 

不安で迷っている方も多い

と思われます。

 

弊所では、まずはしっかり

お話を伺いどうすればいいのかのアドバイスを

させていただきます。

 

どんな場合で・どんな状況で

病院や助産院受診を

オススメすることになったのか?

プライバシーに配慮し個人情報などの

状況は多少脚色し

事例をまとめていきます。

 

似たようなことでお悩みの方の

お役にたてましたら幸いです。

 

また不安な場合は自己判断せずに

専門家に相談することをオススメします。

 

クライアント名

中村 桂子さま(仮名) 50代女性

 

来所日

2017年8月中旬

 

主な訴え・症状など

腰が痛い。ぎっくり腰のような症状。

1週間前に自宅で転倒した。

(ご本人談)

 

ぎっくり腰の場合だと

鍼(はりきゅう)をすることで

2・3回で改善していくが

ぎっくり腰ではなかった場合

(筋肉以外の組織が損傷している場合)

病院の診察を勧める、と説明。

 

施術をしてもよくならない場合

悪化している場合はすぐに申し出てもらう。

転倒してから痛む

という受傷状況が気になる。

 

圧迫骨折と言って骨折の可能性もある。

高齢者の女性に多いが

可能性はあるので

その可能性も最初にお伝えした。

 

続けて3回程度の施術を行う予定。

 

経過

2回施術しても痛みが強いため

整形外科への受診を勧めた。

近隣の整形外科ご案内。

 

ご自身でHPなど調べてもらい

興味を持ったようなので

紹介状も書いて渡した。

 

(1)整形外科での診察

医師診察

圧迫骨折と診断。

(お手紙にて診察内容を教えてもらう。)

医師の指示に従ってもらいつつ

弊所での施術はいったん中止するよう

お伝えした。

 

骨折部位をかばっていて

ほかの部位が痛くなる、などの状況ならば

施術できないこともないが

まずは骨折の治療に集中してもらう。

 

総括

田無北口鍼灸院で

カウンセリングを行っていると

「転倒した後の痛み」

を訴える方がいらっしゃいます。

 

本ケースでは

 

最初から骨折の可能性もお伝えしていた為

スムーズに病院の治療に切り替えることが

できました。

 

同じようなことでお悩みの方も

お気軽にご相談ください。

まずはどうすればいいのか?など

アドバイスをさせていただきます。

今すぐ「お電話相談」はコチラ