Go to Top

階段から転んでしまった、サッカーをしていたら躓いて足をひねってしまった・・・など。ケガをしたらまずは何をすべきか??RICE処置について。

上記タイトルのように

「怪我をしてしまった場合」

まずは何をどうすればいいのか?

応急処置方法をまとめていきます。

 

以前にもご紹介しましたが

役に立つ応急処置だと思うので再度ご紹介します。

 

<応急処置・RICEについて>

初期対応の基本となっているのが、
R(安静)I(冷却)C(圧迫)E(挙上)です。
応急処置時に必要な4つの処置の頭文字をとりRICE処置と呼びます。

アスリートの治癒を早め競技への復帰を早めるために

行われている処置として知られています。

*家庭でもできる応急処置ですのでお試しください。

 

•Rest(安静)

受傷直後から体内で痛めた部位の修復作業が始まります。

しかし、患部を安静させずに運動を続けることでその作業の開始が遅れてしまいます。

その遅れが結果的に完治を遅らせ

リハビリテーションに費やす時間を長引かせてしまいますので、

受傷後は安静にすることが大切です。

 

•Ice(アイシング)-患部の冷却

冷やすことで痛みを減少させることができ、

また血管を収縮されることによって腫れや炎症をコントロールすることができます。

36486061_s

 

 

 

 

 

 

 

 

•Compression(圧迫)-患部の圧迫

適度な圧迫を患部に与えることで腫れや炎症をコントロールすることができます。

 

•Elevation(挙上)-患部の挙上

心臓より高い位置に挙上をすることで

重力を利用し腫れや炎症をコントロールすることができます。

 

また応急処置を行った後はすぐに

病院や接骨院(整骨院)などを受診し

診察や処置を受けることをオススメします。

 

骨折などの可能性もあるためです。

自己判断はしないようにしましょう。

, , , , , , , , , , , , , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ