Go to Top

寝違え・ぎっくり腰のご相談に関して ~施術方法や回復までの目安

15243106_s

最近、ぎっくり腰や寝違えのご相談を頂くことが多いので

こちらに施術方法や回復までの目安をまとめておきます。

 

(1)まずやるべきこと 応急処置

49337482_s

まず寝違えた時やぎっくり腰を起こした時などは

安静が原則です。

 

無理に動かしたり

自分でストレッチなどをしようとするとかえって

痛みが増す場合があります。

 

安静にしできればアイシングなどをすると

少し痛みが和らぎます。

*応急処置に関しての詳細はこちら…

 

(2)田無北口鍼灸整骨院での施術に関して

 

1、検査・炎症反応の確認

まずはじめに現在の痛みの状態や

炎症反応の観察をします。

具体的には

温めて楽になるか?冷やして楽になるか?

の確認ですがほとんどの場合

痛めた直後は冷やして楽になることが多いです。

 

2、検査・動作の確認

どの状態で痛みが強くなるか?

確認していきます。

首や腰を曲げた状態で痛みが増すのか?

無理なくできる範囲で確認をしていきます。

 

3、施術

21253641_s

アイシングや低周波、鍼(はり)などの

施術を行います。

 

4、説明

施術後、(できる範囲で)再度動作分析など行います。

痛みが引いているか増しているかの確認もします。

また回復までの説明を行います。

大抵の場合

ぎっくり腰や寝違えにより強い痛みが出ていたとしても

一週間でベーシックケアコース3回ほどの施術を行えば

症状は改善します。

 

生活指導も行います。

痛みがあるうちは飲酒や運動は厳禁です。

施術がうまくいったとしても生活指導を守らないと

体調が回復しないことも多いです。

必ず守るようにしてください。

 

また

・ 痛みだけでなく痺れを伴う

・ 1週間経過しても一向によくならない、

・ 持病があり体調に不安がある

などの場合は病院の診察を受けることもお勧めします。

遠慮なく申し出てください。

 

料金などの詳細はこちらから・・・

何でもお気軽にご相談ください。

今すぐ「お電話相談」はコチラ