Go to Top

田無北口鍼灸院から病院をご案内した例:整形外科 ぎっくり腰 → 腰椎椎間板ヘルニア疑い → 骨嚢胞(こつのうほう)

弊所では以下のような場合

病院などの受診を

オススメすることがあります。

 

(1)施術を行い改善しない場合や

逆に悪化している場合

(2)施術者の判断で

専門家の判断を仰いだほうが

良いと思われる場合・緊急性がある場合

(3)クライアントさんが不安な場合

 

また

病院に行けばよいか?

鍼灸院に行けばよいか?

誰に相談すればいいか?

 

不安で迷っている方も多い

と思われます。

 

弊所では、まずはしっかり

お話を伺いどうすればいいのかのアドバイスを

させていただきます。

 

どんな場合で・どんな状況で

病院や助産院受診を

オススメすることになったのか?

プライバシーに配慮し個人情報などの

状況は多少脚色し

事例をまとめていきます。

 

似たようなことでお悩みの方の

お役にたてましたら幸いです。

 

また不安な場合は自己判断せずに

専門家に相談することをオススメします。

 

クライアント名

斉藤隆文さま(仮名) 40代男性

 

来所日

2017年3月末

 

主な訴え・症状など

腰痛症

1週間ほど前自宅で荷物を持ち上げた際に

痛みが走る。

それから仕事中も我慢していたが

疼痛増強。田無北口鍼灸院へ相談。

ぎっくり腰のような症状。

はり灸やアイシングなどの施術を行う。

 

経過

その日の夜~翌朝にかけても

疼痛が引かないとのこと。

寝てる時も腰が痛む。

 

痛みが強いために

整形外科を受診してもらい

精密検査を勧めた。

(1)整形外科での診察

医師診察

腰椎椎間板ヘルニア疑い

(お手紙にて診察内容を教えてもらう。)

 

そのため椎間板ヘルニアかどうか

さらに正確に診察するため

総合病院でのMRI検査を勧められた。

 

(2)総合病院での診察

MRI検査 医師診察

クライアントさんより

「骨嚢胞(こつのうほう)」

という骨の疾患との報告を頂く。

 

大学病院クラスへの受診を勧められた模様で

鍼灸の施術は中止した。

医師の指導に従うようお伝えした。

 

総括

田無北口鍼灸院でも

動きの中で検査を行い

回復までにある程度の見通しは立ちます。

 

・・・しかしながら

今回は疼痛の状態が強く

ぎっくり腰や単純性の腰痛でない

ほかの疾患が疑われた為に

整形外科を紹介し

病気の発見につながりました。

 

上記のように

「腰痛だと思ったら実は・・・」

というような

病気などが潜んでいる場合もあるため

精密検査をオススメすることもあります。

不安な場合もいつでもお申し出ください。

 

しっかりとお話を伺い

弊所で対応できない場合は

他医療機関をオススメするなど

フォローをさせていただきます。

, , , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ