Go to Top

なかなか治らないしつこい痛みについて。→ 慢性疼痛は鍼灸治療が有効であることも多いです。

腰痛や頭痛などをはじめ、

「身体の部位がとにかく痛い。

整形外科に行っても治らない。

薬では改善しない。」

という方がいらっしゃいます。

 

すべてではありませんがこれらの

しつこい痛み(慢性疼痛)に

鍼灸等が有効な理由を書いていきます。

 

(1)慢性疼痛が起こる理由・分類・薬剤

1、侵害受容器性疼痛

炎症成分・発痛物質の増加で

起こります。組織の損傷を感知して

起こる痛みです。

切り傷・骨折・肉離れなど・・・

ほとんどの痛みはこれに当たります。

変形性質関節症、がん、偏頭痛、

緊張型頭痛などもこれに当たります。

痛み止めの薬が有効とされています。

 

痛み止め(NSAIDsのセルコックスや

ロキソンニンなど)や外用薬(バップ)など

が処方されます。

 

2、神経障害性疼痛

神経線維が傷害されると起こります。

例えば

神経根の圧迫=手根管症候群

新家の損傷=糖尿病など

また幻肢痛といって

切断した手が痛むことなどもありますし

帯状疱疹後の神経痛もこれに当たります。

 

神経系が痛みに敏感な構造になってしまうため

痛みの原因がなくなった後も

痛みが続くことがあります。

 

神経ブロック注射や

内服薬ではリリカやトラムセットなど

が処方されることが多いです。

 

3、中枢機能障害性疼痛

脳の疼痛記憶やストレス、

鬱により痛みが増します。

サインバルタやりーぜなどの

抗うつ剤が処方されることもあります。

 

(2)慢性疼痛とは??トリガーポイントとは?

数か月から数年にわたり持続や再発を

繰り返す痛みのことです。

通常以下のいずれかに当てはまる痛みは

慢性疼痛とみなされます。

 

・ 痛みの元の原因になった

ケガや病気がなくなった後も

3か月以上の痛みが続く

 

・ 数か月から数年にわたり

再発したり消えたりする

 

・ 慢性疾患(がん・関節炎・糖尿病・

線維筋痛症など)が原因で起こるものや

治らないけがに伴うもの

 

慢性疼痛があると痛みに対する神経系の感度が

非常に高くなってしまうことがあります。

少しの刺激でも敏感になってしまうのです。

 

またある場所から別の領域へ

痛みが放散することもあり

この場所をトリガーポイントということもあります。

 

(3)病院の薬に関して

病院では薬物療法が主体となります。

痛み止め系のお薬ですが

痛みが軽減する場合もありますが

なかなか改善しない場合もあるのです。

また胃の不調を起こすなどの副作用もあります。

 

そのような場合、病院の薬や

痛みとうまく付き合いながら

鍼灸治療などの方法も

視野に入れてもいいかもしれません。

 

(4)鍼灸治療に関して、その他

鍼灸治療は痛み全般に効果があります。

筋肉を緩め血行をよくする作用があるためです。

鍼灸を行うと脳内から

モルヒネ用物質という鎮痛作用がある物質が

放出されることもわかっています。

 

 

, , , , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ