Go to Top

いわゆる四十肩や五十肩。田無北口鍼灸院の施術について。

四十肩・五十肩は中高年に多い

退行性疾患で痛みと運動制限が特徴である。

 

ほとんどの場合で何度か

鍼灸施術を受ければ改善が早まるが

石灰沈着や強い疼痛が

見られることもあり

時間がかかることもあります。

 

結論から言いますと

整形外科の薬物療法との併用が

早く改善するためオススメです。

詳しくは以下・・・

★弊所で施術を行い改善した例、

50代男性はこちら・・・

 

(1)四十肩・五十肩とは?

正式名称は肩関節周囲炎。

肩関節の疼痛と運動制限が見られる。

 

明らかな原因なしで生じる

突発性のものと

腱断裂や肩の外傷から生じるもの

あるいは神経疾患や肺疾患などに

起因する2次性のものに分けられる。

 

(2)まずは状態確認。

どのような痛みが生じているか?

夜間に痛みが強くなるのか?

動かすと痛むのか?

どの角度で痛みが出るのか?

…など細かく見ていきます。

 

症状に応じて刺激の量を調整し

施術のプランをたてます。

 

(3)鍼灸施術を行うことのメリット

ズバリ痛みの改善があります。

可動域の改善や

筋緊張の改善もあります。

ほとんどの方がその場で何らかの効果を感じます。

*もちろん状態はまた戻るので

何度か施術を行う必要がありますが・・・

 

その結果、鍼灸施術を行うことで

より早く改善するのです。

 

鍼通電(パルス療法)で

低周波を流しながら

筋肉を動かすことが多いです。

 

疼痛部位やツボにお灸を行い

可動域改善も狙っていきます。

(4)整形外科の治療も

併用することのメリットもお伝えします。

四十肩や五十肩の症状の場合

整形外科では投薬や消炎鎮痛目的の

注射が行われることが多いです。

また画像診断も行うために

状態把握も行えます。

 

この症状では薬物療法や注射などと

併用しながら鍼灸施術を行うと

メリットも多いですし改善が早いです。

 

もちろん無理に薬物療法などを

勧めることはありませんが

メリットに関しては

しっかりとお伝えしていきます。

詳しくはお尋ねください。

, , , , , , , , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ