Go to Top

脳梗塞・脳卒中などによる麻痺とその施術に関して。

このページをご覧になっている方は

麻痺・片麻痺でお困りになっている方が中心でしょうから

脳出血や脳血管障害などに関しては

すでに知っている知識だとは思いますが

まとめて説明していきます。

 

 

脳出血などにより麻痺がおこってしまうと

様々なお困りごとが現れると思います。

それらの麻痺に関する治療は

病院の方で医師・理学療法士などと一緒に

リハビリ・筋力トレーニングなど訓練を行い

回復を目指していると思いますが

 

弊所の施術は

病院でやっているリハビリよりも画期的かつ

早く回復するということではなく

目的としては日常生活動作(ADL)向上の

お手伝いをしたり

麻痺によって生じた痛みの緩和などが中心となります。

*補完代替的治療を目指します。

 

ですので弊所は基本的に

「今、病院でやっているリハビリが正しいか?」

などのご質問にはお答えできませんし

施術は病院で行っているリハビリと

併用して行うのが望ましいといえます。

 

施術目的や計画などは

初回のカウンセリングでお話をよく聞かせてもらったうえで

ご説明させていただきます。

 

<脳血管障害とはなにか??>

脳血管障害とは脳神経を養っている血管の障害により起こります。

血管の狭窄、血管の破裂、血管の中で固まった血液が詰まる梗塞

・・・・

原因は様々ですがこれらにより

脳神経への血液供給が絶たれると

脳血管障害が起こります。

 

「脳梗塞」、「くも膜下出血」

などというものがその代表例です。

 

そして脳出血により損傷された部位により

様々な部位に障害が出ます。

一例をあげますと・・・

 

脳出血(左側被殻と放射冠)

→ 障害名 右片麻痺

 

というような感じです。

 

<脳梗塞の分類に関して>

脳梗塞は脳血管内において

血液が凝固(何らかの原因で固まること)し

詰まります(梗塞するのです)。

ここでは脳梗塞の4つの分類をしていきます。

 

(1)アテローム血栓性脳梗塞

粥状動脈硬化が基盤で起こる脳梗塞です。

血小板血栓が主体の梗塞で発祥の前段階として

TIA(一過性脳虚血発作)を多く発病するといわれます。

 

(2)心原性脳梗塞

心房細動や陳旧性心筋梗塞、

便膜疾患などの心疾患を背景に

形成されるフィブリン血栓が主体の梗塞です。

抗凝固両方が行われ

ワーファリンなどが投与されることが

多いです。

いわゆる血液をサラサラにする薬です。

 

(3)ラクナ梗塞

近年日本人に増加しているタイプです。

ラクナ梗塞は脳内の穿通動脈が

高血圧性細小動脈病変(リポヒアリノーシスなど)により閉塞して生じます。

ラクナという言葉はラテン語で『小さな空洞化』を意味します。

このラクナ梗塞の原因として最も重要なのは、

高血圧症であり、糖尿病も関与します。

 

(4)その他

その他の原因が関与し起こる脳梗塞です。

 

 

<脳梗塞の背景>

季節やその方が抱えている疾患にも関係します。

 

たとえば・・・

夏場は動脈硬化を基盤とした脳梗塞で

アテローム血栓性脳梗塞とラクナ脳梗塞が

多いといわれ

冬場はインフルエンザや感冒による

ラクナ脳梗塞が増えるといわれます。

 

また糖尿病や通風などの代謝性疾患や

高血圧症などの持病を抱えていると

脳梗塞が発症しやすくなります。

 

これらの持病や季節などの背景も

考慮し施術計画を立てていきます。

 

<中枢神経麻痺と末梢神経麻痺について>

麻痺の大きな分類として

・ 末梢神経麻痺

・ 中枢神経麻痺

があります。

 

中枢神経とは脳と脊髄のことで、

中枢神経から枝分かれした神経を末梢神経といいます。

 

脳梗塞や脳出血により脳神経への血液供給が絶たれ

担当する神経分野に影響が出た時にそれぞれ

機能障害の名前がつきますが

運動神経に障害が出た場合を「片麻痺」と呼びます。

 

中枢神経麻痺における運動機能障害の特徴は

痙性(けいせい)麻痺と呼ばれる

末梢神経麻痺にはない独特な筋緊張を示すことです。

この痙性麻痺は手や足に特に顕著にみられます。

 

関節を曲げる筋肉に起こり

屈筋痙性麻痺と呼ばれます。

 

上肢で起こると

手首や肘が屈曲したまま伸ばせなくなりますし

下肢で起こると

足首が内側に曲がる内反尖足が起こったり

歩行では外側へ回しながら動く

「ぶんまわし歩行」をするようになります。

 

<脳梗塞による片麻痺への鍼灸施術>

運動機能を改善させたり、関節拘縮予防のために

痙性麻痺屈筋群への施術を行い

緊張の緩和を図ります。

 

ほかには体幹のバランスを考え

痛みやマヒが出ていない部分に対し

温めたりするなどのアプローチもできます。

麻痺そのものもそうですが

例えば麻痺によって生じた痛みの緩和など

にも効果が期待できます。

 

前述したように

高血圧や糖尿・通風など内科的疾患を

お持ちの方も多いために

それらの症状も考慮し施術することで

症状の改善やQOL(生活の質)向上のお役に立てます。

 

お困りの方は一度ご相談ください。

, , , , , ,
今すぐ「お電話相談」はコチラ