がんの手術後の腰痛症・めまいなどの自律神経症状に鍼と漢方内科でフォローし改善した症例。

がんの手術後の腰痛症・めまいなどの自律神経症状に鍼と漢方内科でフォローし改善した症例。


弊所は

病院と連携している

ということを一つのアピールにしてます。

今回は連携しながら施術した症例報告をします。

がんの手術後腰痛になった

患者さんを取り上げました。

 

病院と連携することで

そのような持病を持つ方も

安心して見れるようになるのは大きな強みでしょう。

 

動画でも説明していますが

鍼灸は補完治療がメインです。

極端な話はしませんが安心して

施術を受けてくだされば幸いです。

(以下・症例)

 

>>>>>>>>

本症例は胃がんの術後4か月後より

腰部・背部の痛み、および

めまい不調が発生し

鍼灸治療と医師による漢方処方により

症状が改善した症例である。

週に1,2回の鍼灸施術11回程度で症状が改善した。

 

鍼灸院だけでなく医師の診察や処方による

治療の相乗効果が示唆された。

 

お名前:

桜井 花子さま(仮名)

45歳女性 主婦

初診:

平成30年3月5日

主訴:

左腰痛・背部痛

めまい、自律神経症状

既往歴:

胃がん

現病歴:

平成29年12月 某F総合病院で胃がん手術。

1/3摘出。

 

術後からしばらくして主訴である

腰痛・背部痛、自律神経症状が発生。

 

平成30年2月頃、近所のF総合病院にて診察。

シップ薬処方のみで満足が得られなかったため

弊所を受診した。鍼灸治療に期待している。

 

発生時期・発生状況は不明だが

術後しばらくたってから

主訴が気になり始めたとのこと。

 

家族歴:

特筆することは特になし

 

所見・方針:

全身の筋緊張あり。

頸部・左背部の緊張がとくに強い。

腰痛のためSLRテスト実施。陰性。

平成30年2月にF総合病院にて脳CT検査。

異常なし。

 

筋緊張や心因性のものが原因であると推測。

術後からがんに効果があるとされる

健康食品も服用。

知人に勧められた。

 

既往歴や心因性の原因から

鍼灸だけでなく漢方も併用したほうがいいと判断し

漢方内科への受診も勧める。

受諾してもらう。

漢方内科クリニック紹介。

 

施術:

乳がんの告知後から体調が悪くなったようなので

精神的な不安を取りのぞけるよう

現在の通院や投薬状況など伺う。

 

ある程度の治療計画を立て

改善までの目安も伝えた。

 

最初は集中的に施術を行い

少しずつ間を開けていく。

 

うつ伏せの状態で施術は胸が気になるので

バスタオルやマットで調整。

不安感が出ないようにしながら施術。

背部兪穴に鍼・温灸。

特に肝兪・膈兪が硬い。

 

風池・亜門・完骨など

自律神経症状の改善目的で

頚周辺の経穴にも刺鍼。

 

経過:

1回目 3/7

時間をかけて問診を行う。

自律神経症状や検査についても

細かく記入してもらい、よくお話を伺った。

 

施術計画についても説明。

同意を得る。

漢方内科も紹介できる旨伝える。

 

*必ず行かなければ

いけないわけではない。

 

2.3回目 3/11.3/14

引き続き緊張を取る目的の施術。

施術レポートをお渡しし

現状について理解を深めてもらう。

 

4・5回目 3/16.3/18

施術アンケート実施。

現状感じている疑問や不安を吐き出してもらい

施術にフィードバックさせる。

やはり病気のことが気になるようで

マインドフルネス(瞑想)のお話なども

お伝えする。

選択肢を多く持つことで不安感を減らしてもらう。

 

また漢方内科への通院も希望したために

紹介状渡す。

 

6回目 3/25

漢方内科受診。投薬開始。

お手紙をもとに

施術方針について再度説明。

何かあれば医師にも相談するよう伝える。

 

7.8.9回目 4/1、4/9、/17

緊張緩和。

疼痛改善傾向。

 

10回目 4/23

改善傾向のため今後は自宅でのセルフケア

(お灸など)継続しつつ

少し間を開けて施術しメンテナンスするよう説明。

漢方内科・鍼灸院ともに月に1.2回程度は

通院するよう指導。

 

生活指導:

自宅でセルフケアでできるお灸や

マインドフルネス瞑想のことなどもお伝えし

なるべく多くの選択肢を持ってもらうことで

精神的なゆとりを持ってもらった。

 

考察:

がんの補完代替医療として

健康食品や代替療法に費やすお金は

なんと月平均57000円、年間で

684000円という情報がある。

*参考 国立がん研究センター

「統合医療は信用できるか?」より

 

心理的な不安からエビデンスレベルの低い

健康食品などに手を出してしまう方も多い。

 

鍼灸師は鍼灸というタッチセラピーを通し

患者の不安感を取り除いたうえで

正しい情報を患者に与え

漢方を処方できる医師とも協力し

がん患者の施術・鍼灸治療に当たれば

この費用を今より安く抑えなおかつ

安全に治療効果も高めることができ

患者満足度が高い治療を提供できるのではないか?

と考えている。

 

引き続き医師と連携しながらの

がん患者の鍼灸治療にあたりたい。

今すぐ「お電話相談」はコチラ