Go to Top

生活保護を受けている方が鍼灸治療を受ける方法について。

生活保護を受けている方というのは

働けない方なので

持病がある方が多いと思います。

 

持病がある方は、鍼灸治療が適しています。

痛みやしびれなど慢性症状に

非常に効果が高いです。

 

痛みは大きく分けて3種類の痛みがあります。

・ 侵害受容性疼痛(しんがいじゅようせい とうつう)

指を切ったり

けがをした時などの痛みです。

・ 神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせい とうつう)

ヘルニアなどの圧迫による痛みです。

・ 心因性疼痛(しんいんせい とうつう)

ストレスによる痛みです。

 

下の2つはあまり痛み止めが効かず

なおかつ治りづらいといわれています。

鍼灸治療が有効ですので是非お試しください。

 

手続きの仕方などもご説明します。

まずはお気軽にご相談くださいませ。

手続きの流れは以下になります。

 

1、弊所へ相談

症状を把握、施術や手続きの流れについて説明。書類お渡し。

 

2、行政へ連絡・相談

 

3、医師の診察、同意書発行(医師同意が必要)

 

4、施術開始

行政から医療券が発行。施術がスタート。

 

★ご自宅での施術も受けられます。(出張対応)

 

・・・また西東京市田無町で

保険診療による鍼灸施術を受ける方法は

こちらにまとめてあります。

詳細知りたい方はどうぞ。

今すぐ「お電話相談」はコチラ