タグ: ムチウチ

頭痛・めまい・吐き気などの症状の改善に関して。田無北口鍼灸院の施術・40代男性の改善例。

症状と改善例についてまとめていきます。

 

・・・全員が同じように

改善するわけではないと思いますが

参考になれば幸いです。

*プライバシーに配慮するため

個人情報等、多少脚色してあります。

 

頭痛およびめまいや吐き気など

自律神経症状が改善した例です。

 

頭痛に悩む方は多いです。

男性よりも女性が多い傾向にありますが

弊所では相談に訪れる方の男女比は

半々くらいの割合です。

 

詳しくは以下・・・

お名前 

伊藤 隆さま(仮名)

年齢

48歳(施術当時)

主な訴え 

首の疼痛・肩こり・目の疲れ

肩甲骨の痛み・めまい・吐き気

胃の痛み

締め付けられるような頭痛

(ご本人談)

 

施術開始時期

平成29年09月20日

改善時期

平成29年09月26日

週に1度程度、

現状2回の施術だが改善傾向。

加療継続中。

最低5・6回は施術を行う。

 

経過・状況など

肉体労働とデスクワーク半分ずつ。

車の運転も多く座っている時間も長い。

運転中にめまいがして

ぼーとしてしまい脳神経外科に相談。

CT精密検査を受けたが異常なし。

 

元々肩こりなど感じていたが

症状が強くなってきて困っていた。

誰に相談していいかわからなかった。

(ご本人談)

 

(1)思い当たる原因

ゲームが好きで

モニター画面を見ることも多い。

目もつかれていた。

(ご本人談)

 

(2)弊所での施術・見解

まずは状態把握。

 

肩甲骨周辺から頭部・頸部が

硬くなっている。痛みもあり。

そこを改善するために

鍼やお灸、関節運動などを行う。

(3)経過・施術など

第一回 平成29年9月20日

頭痛の状態は

締め付けられるような感じ。

緊張が強いタイプ。

肩こり症状もあり。

目の疲れもあり周辺のむくみ感あり。

・ 鍼灸

・ 吸玉

などで緊張を和らげる。

体型のバランスも調整する。

 

第二回 平成29年9月27日

前回に引き続き

緊張を取るための施術。

関節運動も行った。

 

痛みが和らぎ

胃の不調も楽になってきた。

(ご本人談)

 

改善してきたが

症状は強いためしばらく

週1で施術。

 

良くなってきたら

月に1回のメンテナンス施術に

切り替える予定でいる。

 

(4)総括

頭痛症状に加えて

吐き気やめまい、胃の痛みなどの

自律神経症状も出ていました。

 

頸部から背中周辺の緊張が強く

ご本人もゲームのやりすぎなど

思い当たる節があったため

まずは緊張を取ることに

集中してもらう。

 

2回の施術でも大分良くなってきた

ことを自覚してくれた。

 

今後も施術を行い改善を狙っていく。

 

(5)ご本人のコメント

伊藤 隆さま(仮名)

年齢・性別

48歳 男性

現在の状況

社会人25年目

 

Q1、施術前に辛いと感じていたことを

教えてください。

めまいがして

車の運転が15分くらいしかできず

頭がボーッとして気がめいってました。

頭痛や吐き気にも苦しんでいました。

 

Q2,施術後どうなりましたか?

めまいは徐々になくなりつつあります。

以前の生活を自分自身で振り返ったり

考えるようにもなりました。

1週間で首の痛みも緩んできました。

今後も続けていきたいです。

 

Q3,施術を受けるとどうなりますか?

自分の身体に変化があります。

胃の不調の改善など

あれ、と思うような

意外な部位もよくなります。

 

Q4,改善してほしいところがあればお願いします。

とくにありません。

2回連続で交通事故に遭ってしまいました・・・こんなことってあるんでしょうか?

交通事故や労働災害に

遭ってしまった方が治療を進めるうえでの

ご質問や疑問、不安・不満を公開しています。

同じようなことでお困りの方の

参考にもなるかもしれません。

★交通事故・労災事故に遭ってしまった方が抱える

疑問や不安についてのまとめはこちらから・・・

 

ご質問

相談者Jさん 男性30代

はじめまして。

先日交通事故に遭ってしまいました。

タクシーに乗車中後ろから追突されて

腰や首などを痛めました。

 

それから1か月ほど整形外科と整骨院に

通院しだんだん良くなってきましたが

何と昨日またタクシーに乗っていたら

追突されてしまいました・・・

 

こんなことってあるのでしょうか?

なんか体調も悪いですし

保険会社に報告するのもめんどくさいです、、、。

 

回答

こんにちは

大変でしたね。まずはお見舞い申し上げます。

 

大変だとは思いますが

保険会社に連絡して今後の手続きなど

話を聞いて方が良いでしょう。

 

また病院でもまた新たに

診断書をもらっておいたほうが

良いかと思われます。

 

2回連続の事故は

確率論でいったら低いのでしょうが

実際は結構よくあるように感じます。

 

法律専門用語もあります。

「異時共同不法行為」

というやつでしょうね。

 

検索すると弁護士さんの解説などが

沢山出てきますので

調べてみるといいかもしれません。

 

何にせよ

治療に集中するのが肝要です。

お大事にしてください。

 

*交通事故・労災事故に遭ってしまった方で

何かお困りのことがありましたら弊所までお尋ねください。

平日土曜日22時までリハビリ可能です。

日曜日と祝日も営業しています。夜間と土日祝日に通院できます。

生活指導や運動指導もします。

詳しくはこちら・・・

交通事故被害者です。保険会社が「いつまで治療しているんだ!早くやめろ。」と言ってきます・・・。どうしたらいいでしょうか??

交通事故に遭ってしまった方が治療を進めるうえでの

ご質問や疑問、不安・不満を公開しています。

同じようなことでお困りの方の参考になるかもしれません。

★交通事故・労災事故に遭ってしまった方が抱える

疑問や不安についてのまとめはこちらから・・・

5915877_s

ご質問内容

はじめまして

4ヶ月ほど前に交通事故にあってしまいました。

 

自動車に乗車中、後ろから追突されて

いわゆるむち打ちのような状態になってしまいました。

 

いまでも首の周辺や肩甲骨の周辺が痛いです。

手に痺れ感もあります。

近所の整形外科と整骨院に週3回ほど通院しています。

リハビリをするとやはり少し楽になります。

 

・・・しかし最近になって相手保険会社に

 

「いつまで治療しているんですか?

骨折がない普通の捻挫ならば3か月程度で終わりですよ」

とイヤミのようなことをいわれました。

 

どうやら通院先の整骨院にも

同じような内容の電話をしているらしいのです。

 

このような場合、

治療をやめなければいけないのでしょうか?

教えてください。

 

回答

はじめまして。

まずはお見舞い申し上げます。大変でしたね。

 

・・・さてご質問の件ですが

治療をする・しないは

あなたが医師などとと話し合って

決めることであり

 

保険会社に治療の中止を言われる筋合いは

全くありません。

 

ですので治療は継続するのが良いかと思います。

理由などは以下で解説していきますね。

 

解説

相手保険会社は

おそらく加害者の任意保険会社であり

「一括対応」

といって治療費の立替払いを担当しているのだと思います。

 

ですので

治療費の立替払いをもうしないよ、

という話ならば分かるのですが

治療そのものを中止させようとする行為は

明らかにおかしい越権行為です。

 

治療費の立替払いがなされなくても

自分が治療を続けたければ

健康保険や労災保険、もしくは自費など

治療を続ける方法はいくらでもあります。

 

また治療を中止して

たとえ症状が残ってしまっても

相手保険会社が責任を取ってくれることはありません。

 

相手保険会社というのは加害者側の代理人であり

あなたにとってプラスの提案をしてくれるとは限りません。

その点の関係性をよく考えていただき

もしも気になるならば中立機関の

そんぽADRに相談したり

 

弁護士に相談するようにするといいでしょう。

治療はしっかりと後悔のないよう続けることをオススメします。

ご参考までに。

 

*交通事故・労災事故に遭ってしまった方で

何かお困りのことがありましたら弊所までお尋ねください。

平日土曜日22時までリハビリ可能です。

日曜日と祝日も営業しています。夜間と土日祝日に通院できます。

生活指導や運動指導もします。

詳しくはこちら・・・

 

交通事故治療相談室の冊子「交通事故後の治療で絶対後悔をしない!!重要ポイント」~西東京市(泉町・北原町・北町・栄町・芝久保町・下保谷・ 新町・住吉町・田無町・中町 西原町・東町・東伏見・ ひばりが丘・ひばりが丘北・富士町・保谷町・緑町・ 南町・向台町・柳沢)で交通事故に遭ってしまいお困りの方へ

交通事故に遭ってしまった方からのご質問や疑問、不安・不満を

こちらでも公開していきます。

同じようなことでお困りの方の参考になるかもしれません。

★交通事故・労災事故に遭ってしまった方が抱える

疑問や不安についてのまとめはこちらから・・・

 

弊所、田無北口鍼灸整骨院では

交通事故に遭ってしまった方が治療を進めるうえで

迷うことのないよう冊子をお配りしています。

image

弊所の運営母体である

「一般社団法人 交通事故治療相談室」

が執筆を担当しました。

 

基本事項のまとめである

「交通事故治療で絶対後悔をしない!!」重要ポイント

冊子を公開していきます。

 

病院や整骨院でリハビリを始める前に

以下のことに目を通し流れを把握しておきますと

楽にリハビリに集中できると思います。

 

手続きの方法や治療の進め方など参考にしてみてください。

a0002_004057

<こんなお悩みはないですか??>

こんにちは、交通事故治療相談室です。
交通事故の被害に遭われた患者様は、
手続きのこと、通院のこと、治療のことなど、
不安に感じることが多いと思います。

これまでにさまざまな事故、
症状の患者様のケアをさせていただく中で、
治療以外のこと
(手続きの指導、病院のご案内など)
も含めたサポートを数多く行ってきました。

●「本当に治るのか?どれぐらいで?」

●「自賠責保険の仕組みや手続きが分かりづらい・・・」

●「保険会社の担当者とのやりとりは
どうしたらいいのだろう・・・」

初めて交通事故の被害者になってしまった
患者様の不安は大きなものがあります。

実際、こういったことに対する
情報があるかどうかで、安心感/体調の回復度合いにも
大きな違いが出てきます。

そこで、事故に遭われた患者様が、
納得・満足のいく治療を受けられるように、
今までに寄せられた数多くの不安な点や、
よくあるご質問にお答えした内容をまとめました。

ぜひ、あなたの快適な治療のための
ご参考になさってください。

一日も早く、快適な生活と笑顔を取り戻せますよう、
お役に立てれば幸いです。
執筆
一般社団法人 交通事故治療相談室

―――――――――――――――――――――――――――――
1. 事故にあってしまったら、まず何をどうしたらいい?
―――――――――――――――――――――――――――――
※もう完了している部分もあるも知れませんが、
確認のために目を通しておきましょう。

6660574_s

1)けが人の救護と道路上の危険除去

負傷者の救護、二次災害の防止、
安全確保を最優先します。
重傷の場合は、すぐに救急車を呼びましょう。


2)警察へ届け出る

事故に遭ったら、規模に関係なく、
まず警察に電話しましょう。
警察への届出を怠ると、
保険会社に保険金を請求する際に必要となる
「交通事故証明書」が発行されません。
加害者には届出の義務がありますが、
その届出をしないことがあります。
その場合には被害者からも届出る事が必要です。

(特に怪我を負った場合は
「人身扱い」の届出が重要です。)

必ず届けるようにしましょう。

その際、届出て警察署と
担当官の名前はメモしておきましょう。


3)相手(加害者)と加害車両の情報を収集

加害者の氏名・住所・自宅と携帯の電話番号・
車の登録ナンバー、
自賠責保険(共済)、証明書番号、
他にも勤務先や雇主の住所、
氏名、連絡先
(※業務中であれば、
運転者だけでなく雇主も賠償責任を負う事があります。)
をしっかりと確認しましょう。

もし可能であれば、
免許証と車検証の写真をとっておいてください。

時間の経過と共に、
相手の話の内容が変わることはよくあることです。

4)事故状況の記録

事故のショックも加わり、
事故当時の記憶はどんどん薄れる事があります。

必ず事故現場の見取り図や事故の経過、
痕跡、ブレーキ痕、壊れた自動車などの部品等、
加害車両、被害車両の写真などの記録を、
可能なかぎり残しておきましょう。

データとして賠償交渉終了時まで
残しておけば安心です。

できれば目撃者の名前・連絡先を
聞いておきましょう。

後日、何らかの争いになった際の
証拠にもなります。

5)ご自分の保険会社に事故の連絡をします 

乗っていた車の加入している保険会社に
交通事故にあった事を連絡して下さい。

搭乗者傷害保険を掛けている場合、
請求することが出来ます。

(搭乗者傷害保険は等級に影響しない事故の1つです。
等級を下げることなく、
保険料を受け取ることができるのです。

a0001_014058

6)外傷がなくても
病院か整骨院(接骨院)を受診しましょう

救急車で運ばれるようなケガなら当然ですが、
後日診察を受ける場合でも、人身事故の取り扱いに
していないと治療費などの支払いが受けられなくなります。

事故直後は興奮状態になるため、症状が出ない方もいますが、
できるだけ当日に受診しておいてください。

たとえその日は何の症状が出なくても、
後から何らかの症状が現れることは
往々にしてあります。

軽微な事故に見えても後で
体に異常が出た・・・

などということはよくあることです。
※もし省略してしまったステップなどがある場合も、
リカバリー方法がないかどうかご相談下さい。

44850148_s

―――――――――――――――――――――――――――――
2.ありがち・要注意!「あとで後悔をする代表的パターン」とは?
―――――――――――――――――――――――――――――

実は、一番多いのが
『自己判断による手続きミス』
によりあとで後悔するということです。
1)「たいしたことないから警察を呼ばなくてもいいや」

2)「別に病院へ行かなくても平気だろう」

3)「痛みはそんなに強いわけじゃないから、
週に1回も通えば十分だろう」
などという自己判断により
後悔をしてしまうケースです。

1)警察を呼ばないという
自己判断のリスクについて:

警察を呼ばないで事故証明を取らなければ
自賠責保険を使っての
治療が受けられなくなる可能性があります。
必ず事故証明を取るようにしましょう。

* また当初「物損事故」として処理されている事故でも、
外傷が見つかった場合
「人身事故」に切り替えることも可能です。

詳しくは各警察署のHPをご覧になるか
最寄りの警察署へお問い合せ下さい。


2)病院に行かないという
自己判断のリスクについて:

24時間以内に病院を受診し医師による診察を受けないと
交通事故による外傷として認められないこともあるのです。

交通事故による外傷は、
しばらく時間が経過してから体の不調を引き起こすことが
大変多いのです。

気持ち悪くなったり、
体の各部位が痛くなったりすることもあります。

自己判断で手続きを省略したりすることは
避けましょう。


3)治療にあまり通わないという
自己判断のリスクについて:

また、同じ理由で接骨院・整骨院、病院に通う頻度を少なくするのも、
もったいないです。

初期段階でしっかり治療を行えばやはり
回復がとても早い上に、
予後(事故後半年以上たってから)
の体調がとても良いのです。

交通事故の場合は、
『時間差で起きる症状(半年後などに体調悪化)』
がもっとも怖いのですが、
それもしっかりしたケアにより、起こりにくくなります。

また、
「痛みが続けばずっと治療を受けられる。」
というものではなく
ある一定の期間が来れば治療は打ち切りとなるのです。

(症状にもよりますが
3ヶ月から半年が治療期間の目安)

このような理由から、我慢できる範囲の痛みだからと、
治療を中止されないことをおすすめしております。

a0001_014026

<もう1点、見逃しがちな重要ポイント> 


最初に受診した病院での診断(書)は後の治療の
判断基準となります。

ですから「そのときに痛い場所」だけでなく
少しでも気になる部位については、
必ず医師にすべて訴えておきましょう。
* ただし、本当は痛くないのに
保険金目当てなどの理由で
痛みを訴えることは「詐病」といいます。

絶対にやめてください。

 

・・・

何かわからないことなどあればいつでも

田無北口鍼灸整骨院までお尋ねください。

 

*交通事故・労災事故に遭ってしまった方で

何かお困りのことがありましたら弊所までお尋ねください。

平日土曜日22時までリハビリ可能です。

日曜日と祝日も営業しています。夜間と土日祝日に通院できます。

生活指導や運動指導もします。

詳しくはこちら・・・

 

事故の大きさとむち打ち損傷について ~相手保険会社から軽い事故だったんだから早く治療をやめなさい、といわれています。

交通事故に遭ってしまった方からのご質問や疑問、不安・不満を

こちらでも公開していきます。

同じようなことでお困りの方の参考になるかもしれません。

★交通事故・労災事故に遭ってしまった方が抱える

疑問や不安についてのまとめはこちらから・・・

 

ご相談内容

こんにちは

先日交差点で停車中、後ろから

追突されむち打ち症のような状態になってしまいました。

 

1か月経過した今でも痛みが強く困っています。

 

ところが相手保険会社は

 

「追突事故の規模が小さいので

早く治療をやめてください」

 

と言ってきて、とても困っています。

痛みが強いのに事故の規模が小さいという理由で

早目に治療をやめなければいけないのでしょうか?

教えてください。

 

回答

はじめまして

まずはお見舞い申し上げます。

大変でしたね。

さてご質問にお答えします。

 

事故の規模とおケガの状態には

相関関係があると思いますが

必ず一致するというものでもありません。

 

まずは担当の医師に相談し

治療の必要性の確認をしてください。

 

その上で相手保険会社と話をして

もしも話が進まないようでしたら

そんぽADRセンターなどにも相談してみるといいと思います。

 

<参考>

そんぽADR

http://www.sonpo.or.jp/useful/soudan/adr/

 

体調がよくなることをお祈りしています。

お大事にしてください。

 

解説

1996年のStovnerの報告によると

「事故の衝撃の大きさと
むち打ち損傷の慢性化には関係ない」

と結論が出されていて、
この結果は現在も多く支持されています。

(シュプリンガージャパン社
むち打ち損傷ハンドブックより)
大きな事故だったとしても
ケガの状態が良ければ
早期に回復することもあるでしょうし

小さな事故だったとしても
打ち所が悪ければ
治療が長くなるのが難しいところです。
担当医師とよく相談の上
相手保険会社さんとお話してみてください。
また、相手保険会社の
了承が得られなくても、
いったんは自己負担となってしまいますが
病院等で治療を受けることもできます。

*届出を出せば健康保険なども
使えることもあります。

まずは体を治すことが大事だと思います。
しっかりと治療をしてください。

 

*交通事故・労災事故に遭ってしまった方で

何かお困りのことがありましたら弊所までお尋ねください。

平日土曜日22時までリハビリ可能です。

日曜日と祝日も営業しています。夜間と土日祝日に通院できます。

生活指導や運動指導もします。

詳しくはこちら・・・

 

a0001_017432

交通事故後から痛みが続いています。温めたほうがいいんですか?冷やしたほうがいいですか?

交通事故に遭ってしまった方からのご質問や疑問、不安・不満を

こちらでも公開していきます。

同じようなことでお困りの方の参考になるかもしれません。

★交通事故・労災事故に遭ってしまった方が抱える

疑問や不安についてのまとめはこちらから・・・

 

ご相談内容

はじめまして。

先週事故に遭ってしまい事故後から首や頭の痛みが

続いています。このような場合は冷やしたほうがいいのでしょうか?

温めたほうがいいのでしょうか?

教えてください。

また冷湿布と温湿布だとどちらを使えばいいですか?

回答

はじめまして。

大変でしたね。まずはお見舞い申し上げます。

温めたほうがいいか?冷やしたほうがいいか?は

弊所でもよく聞かれる内容です。

状態にもよりますが事故後から一週間ならまだ冷やして

安静にしたほうが無難でしょう。

冷湿布と温湿布については冷湿布を使うのが良いと思います。

解説

温めるか?冷やすか?についてはよく議論される内容ですが

受傷後から1から2週間の間は炎症反応が起きてることが多いので

冷やしたほうが無難だと思います。

もしも迷ったらアイスノンをあてて気持ちいいか?

ホカロンをあてて気持ちいいか?

ご自身の体で反応を見てみるのもいいかと思います。

 

またシップについてですが

温湿布と冷湿布の違いは

カプサイシンというトウガラシ成分が入っているかどうか?

の違いだけで成分的にはさほど差がありません。

 

ただ受傷後すぐは冷湿布をしたほうが

無難だと思います。ご参考までに。

 

*交通事故に遭ってしまった方で何かお困りのことがありましたら

弊所までお尋ねください。平日土曜日22時までリハビリ可能です。

日曜日と祝日も営業しています。夜間と土日祝日に通院できます。

生活指導や運動指導もします。

詳しくはこちら・・・

37567446_s

被害者に過失があるとき過失相殺が行われると聞きました。過失の程度の判断はどのように決められるのですか?~交通事故の過失割合について。

交通事故に遭ってしまった方からのご質問や疑問、不安・不満を

こちらでも公開していきます。

同じようなことでお困りの方の参考になるかもしれません。

★交通事故・労災事故に遭ってしまった方が抱える

疑問や不安についてのまとめはこちらから・・・

 

ご質問内容

「はじめまして。先日、交差点で交通事故に巻き込まれました。

相手保険会社に

『あなたの過失も大きい』

といわれていますが、そもそも過失の程度の判断は誰がどのように

決めるものなのですか?

また過失相殺ってなんですか?教えてください」

 

お答え

はじめまして。まずはお見舞い申し上げます。

大変でしたね。

・・・さてご質問にお答えいたします。

過失相殺については交通事故診療ハンドブック(ぎょうせい)

という本にかかれていたので

抜粋して紹介いたします。

 

過失相殺とは

自らの故意過失に基づく損害を第三者に負担させるべきではない

という公平の理念によって導入された制度

民法第722条第1項に

「被害者ニ過失アリタルトキハ

裁判所ハ損害賠償ノ額ヲ定ムルニ付キ之ヲ斟酌スルコトヲ得」

と規定されているように

被害者に過失があった時は裁判所の裁量によって決められます。

(以上・交通事故診療ハンドブックより)

 

簡単にいいますと

過失がある場合、慰謝料等が減額されますよ

という制度で

裁判所の判断が基準になっています。詳細は以下にも書きます。

 

解説

今回のご質問は治療に関する質問ではなく

どちらかというと賠償に関すること、法律に関することです。

 

・・・なのでもしもわからないことや

疑問などがあれば

弁護士に相談するとよいと思います。

 

保険会社によっては

一方的に

「あなたにも過失がありますよ。」

といってくることもあるようですが

前述のように最終的には

相手保険会社ではなく裁判所が判断すべきことです。

 

ですので

・ 相手保険会社の言う過失割合に納得がいかない場合

・ 過失相殺や過失割合により

どのようなことが今後の治療や賠償で生じるか??不安な場合

 

・・・などの場合は

専門家である弁護士などの判断を仰ぐといいでしょう。

 

もちろん、そんぽADRなどの専門機関でも

電話で相談すれば教えてくれると思いますが

わかりずらい場合は弁護士等に相談した方が早いかもしれません。

 

ご参考までに。

 

*交通事故に遭ってしまった方で何かお困りのことがありましたら

弊所までお尋ねください。平日土曜日22時までリハビリ可能です。

日曜日と祝日も営業しています。夜間と土日祝日に通院できます。

詳しくはこちら・・・

31179356_s

交通事故に遭ってしまったが、何をどうすればいいのかわからない・・・(漠然とした不安について)

交通事故に遭ってしまった方からのご質問や疑問、不安・不満を

こちらでも公開していきます。

同じようなことでお困りの方の参考になるかもしれません。

★交通事故・労災事故に遭ってしまった方が抱える

疑問や不安についてのまとめはこちらから・・・

 

ご質問内容

「はじめまして。

1週間ほど前に、自転車に乗っていたところ車にはねられて

交通事故に遭ってしまいました。

仕事中に特に頚が重くなり、現在も頭が痛いです。

 

交通事故に遭うのは初めてなのですが

本当に治るのでしょうか?

 

また搬送された病院で保険が効かず

預り金として2万円預けたのですが

これって返ってくるのでしょうか?

 

不安なので教えてください。」

 

お答え

「はじめまして。まずはお見舞い申し上げます。

質問にお答えします。

まず、病院で支払った預り金などに関しては、

警察を呼んで事故証明を取っていれば

自賠責保険が使えるため

返ってこないということはまずないかと思います。

 

また、本当に治るのか?

というお話についてですが

100%治ります、必ず治ります。

とは言えません。

 

ただ仕事や自分の用事を優先していては

治るものも治りませんし、しっかり治療したほうが

予後もいいため、

治療に集中してください。

 

ある一定の期間治療に集中して

それでも

仮に痛みが残っってしまった場合は

後遺症として申請することもできます。

詳しくは以下に解説していきます。

 

解説

交通事故は一生のうちでも遭うか遭わないか?

といった偶発的なモノで

手続きや治療になれているという方はまずいらっしゃいません。

 

そのため誰しもこのような

漠然とした不安を抱えてしまうのだと思います。

 

そんな時、弊所では

 

・ 治療開始から終了までの見通し

・ 困った時の相談機関

・ 治療に集中することの重要性と後遺症が残ってしまった際のこと

 

などについて最初にある程度詳しくお伝えし

安心して治療(施術)に集中してもらうよう

心がけております。

 

まず治療開始から終了までの見通しですが

むち打ちやねん挫のいった症状では

事故から3か月から半年が

治療終了までの一つの目安となりますので

その期間は治療に集中してもらいます。

 

その結果

痛みが取れない、関節可動制限が生じている

などの後遺症が残ってしまった場合には

医師・専門家(弁護士等)に相談しながら

手続きを勧めるようお伝えしていきます。

 

また治療のこと・医学的なことでしたら

我々も相談に応じることができますが

手続きのことなど、休業損害のことなど補償面に関することは

ご質問に応じることができません。

 

しかしながらそもそも

だれに何を相談すればよいのかがわからない方が多いため

 

「こういったときはそんぽADRに聞くといい」

「弁護士さんに相談してみたらどうか?」

 

という窓口をお伝えすることはできます。

 

いずれにせよ

心理面の不安や不満を少しでも和らげ

治療に集中してもらうことで

より一層の回復が期待できます。

 

何かお困りのことがあれば

お気軽に弊所までご相談ください。

 

*交通事故に遭ってしまった方で何かお困りのことがありましたら

弊所までお尋ねください。平日土曜日22時までリハビリ可能です。

日曜日と祝日も営業しています。

詳しくはこちら・・・

29196111_s

2016年4月より 営業時間の変更のお知らせ ~平日夜間(22時まで)、土日祝日もリハビリできる~

施術時間のご案内

 

月曜日~土曜日

午前の部 09:00~12:00 午後の部 15:00~22:00

 

日曜日・祝日

午前9時から15時

 

休診日

金曜日 年末年始

★月曜日から土曜日午前は
完全予約制自由診療のみ、
保険診療は午後から行います。

平日の夜間(22時まで)

土日祝日もリハビリで切る施術所として

田無をはじめ東久留米・花小金井・武蔵野市・小金井市など

周辺地域の皆様に貢献していければ、と考えています。

平成28年4月1日より実施。
営業時間外施術もお気軽にご相談ください。

10985187_959088657520329_8325261816563219205_n

通勤途中にケガをしてしまいました。労災保険を使うと会社に迷惑がかかるので健康保険を使いたいのですが・・・

交通事故・労災事故に遭ってしまった方からのご質問を

こちらでも公開していきます。

同じようなことでお困りの方の参考になるかもしれません。

★交通事故・労災事故に遭ってしまった方が抱える

疑問や不安についてのまとめはこちらから・・・

 

ご質問内容

「通勤途中にケガをしてしまいました。

駅の階段を降りようとしたところ後ろの人から押されて

転んでしまったのです。

足首やふくらはぎをケガしてしまいました。

歩行もつらい状況です・・・

病院に行ったところ、

『通勤中のおケガなので労災申請してください』

といわれましたが

以前も同じようなけがをした時に会社に相談したところ

嫌な顔をされ、

今回も会社に迷惑をかけるのが嫌なので

労災保険を使いたくありません。

自分の健康保険を使って治療することはできますか?」

 

お答え

「できません。

健康保険ではなく自費での治療なら可能です。」

 

・・・過去に似たようなケースのご相談が弊所にあり

実際にその患者さんが加入する某・健康保険組合に

質問してみました。

 

その健康保険組合の担当の方のお答えとしては

 

「労災保険か健康保険かは、どちらかを好きに選べる

という性質のものではない。

あくまで労災保険を使いたくないというのならば

自費扱いになる。

 

とのことでした。

 

・・・それにしてもなぜ会社が労災保険の使用を

嫌がるのでしょうか?

 

考えられることとしては

会社の方が

「掛け金が上がる」

と思いこんでいるということです。

 

これは明らかな誤解で

通勤途中の事故では掛け金が上がることはありません。

 

またあまり規模の大きくない会社ですと

社長さんが労災保険の仕組みをあまり理解しておらず

申請するのに

社会保険労務士さんに書類作成などを頼まなければならず

依頼の費用が発生してしまうから、

という話も聞いたことがあります。

 

・・・しかしながら事故に備えるのが保険の役割ですし

会社が労災保険を使わせないという行為は

労災隠しにもつながってしまうため

さらなるペナルティーが生じてしまうこともあります。

 

社員の方からの求めがあれば

労災保険を使って

治療を受けさせてあげることをオススメします。

 

*交通事故・労災事故に遭ってしまった方で

何かお困りのことがありましたら弊所までお尋ねください。

平日土曜日22時までリハビリ可能です。

日曜日と祝日も営業しています。

詳しくはこちら・・・

025

3か月ほど前に交通事故に遭いました。・・・学校や仕事が忙しく、病院に通えません。リハビリをする時間がなく体調も悪化しています。どうすればいいでしょうか?

交通事故に遭ってしまった方からのご質問や疑問、不安・不満を

こちらでも公開していきます。

同じようなことでお困りの方の参考になるかもしれません。

★交通事故・労災事故に遭ってしまった方が抱える

疑問や不安についてのまとめはこちらから・・・

 

ご質問内容

「3か月ほど前に交通事故に遭ってしまいました。

自転車に乗っていたところはねられてしまい転倒。

首や肩腰を強打して今でもすごい痛いです。

 

しかし、仕事が忙しくなかなか病院に行けません。

相手保険会社からは

『あまり病院に行かれていないなら治療を終わりにしてはどうですか?』

といわれています。

 

私としては

今でも痛いので治療を終わりにしたくはありません。

どうしたらいいでしょうか?」

 

お答え

とにかく治療に集中することをオススメします。

 

理由は、交通事故など自賠責保険を使って行う治療は

できる期間が限られているからです。

 

また、たとえ学校や仕事がいそがしくて

体調が悪かったけど通院できなかった状態だったとしても

治療に行っていなければ

相手保険会社からは

「もう治っている」とみなされてしまうのです。

 

・・・まとめますと

・ 治療できる期間が限られていること

・ 病院などに行っていないのならば

もう治っている、とみなされてしまうこと

 

これらはご自身がどう説明しても

覆すことは難しいと思います。

 

最初に交通事故後の治療におけるルールを理解されたうえで

治療に集中すること

をオススメします。

 

*交通事故に遭ってしまった方で何かお困りのことがありましたら

弊所までお尋ねください。平日土曜日22時までリハビリ可能です。

日曜日と祝日も営業しています。

詳しくはこちら・・・

a0002_004054

(バイクや自転車の転倒事故に多い)骨挫傷とは何か?

交通事故に遭ってしまった方からのご質問を

こちらでも公開していきます。

同じようなことでお困りの方の参考になるかもしれません。

★交通事故・労災事故に遭ってしまった方が抱える

疑問や不安についてのまとめはこちらから・・・

 

ご質問内容

「先日バイクで転倒してしまい膝を強打しました。

救急で近くの病院に運ばれたのですが

診断書に骨挫傷と書かれていました。

 

初めて聞いたのですがどんな状態なのでしょうか?」

 

お答え
骨挫傷というのは比較的
新しく使われだした言葉のようで
聞きなれない方もいるかもしれません。

骨を強く打ち付け
骨にまで炎症が広がっているような状態の
時にお医者さんが下す診断名のようです。

バイクなどで転倒して
骨付近を強く打ち付けた患者さんに
この診断名がついていることが多いです。

・・・
レントゲンではなくMRIをとらないと
炎症症状が確認できない、とも言われていますが
疼痛や炎症の状態を見て
医師のほうでこの診断を下すことがあるようです。

比較的新しい言葉なので
ネット上でも「骨挫傷って何ですか?」

という質問を見かけることも多いですが
強く打ち付けて炎症が骨にまで広がっている状態

と理解するといいかもしれません。

 

*交通事故に遭ってしまった方で何かお困りのことがありましたら

弊所までお尋ねください。詳しくはこちら・・・

6660574_s

 

 

 

 

 

今すぐ「お電話相談」はコチラ