タグ: ランナー膝

ランナー膝、鵞足炎に関して。田無北口鍼灸院の施術・40代男性の改善例。

症状と改善例についてまとめていきます。

 

・・・全員が同じように

改善するわけではないと思いますが

参考になれば幸いです。

*プライバシーに配慮するため

個人情報等、多少脚色してあります。

 

病院で鵞足炎(がそくえん)の

診断を受けるものの

「負担がかかりすぎなんで、

休んでください」

といわれるだけで

どうしていいかわからない・・・

早くランニングを再開したいのに・・・

 

お悩みの方は結構いらっしゃいます。

結論から言いますと

鵞足炎は改善可能です。

(すぐによくなる方・時間かかる方

それぞれ差はありますが。)

詳しくは以下・・・

 

お名前 

高田高志さま(仮名)

年齢

41歳(施術当時)

主な訴え 

膝の痛み

 

2週間前に整形外科で

「鵞足炎」と診断を受けた。

(ご本人談)

施術開始時期

平成27年9月16日

改善時期

平成27年10月3日

(週に1度程度。全4回の施術。)

経過・状況など

普段はデスクワークをしてる。

 

本格的にランニングをやっていて

フルマラソンも走る。

東京マラソンはもちろん、那覇や

ホノルルマラソンも経験あり。

直近だと10/7に大会に出る。

それまでに良くしたい。

 

田無北口鍼灸院にくる

2週間前に整形外科に行ったら

鵞足炎と診断されたが

「休んでください」

といわれて痛み止めと

シップをもらったが改善しないので

相談にきた。

(ご本人談)

 

(1)思い当たる原因

ランナーなので

走りすぎが原因かと思う。

(ご本人談)

 

(2)弊所での施術・見解

まずはじめに鵞足炎は

ほとんどの場合で良くなる、と説明。

 

炎症が起きているならば

最初はアイシングなども行い

症状を緩和させる。

 

それから膝に負担がかかってしまう

根本的な原因は

筋肉のバランスやフォームにある。

 

 

弊所で筋肉バランスを調整すると

痛みが緩和されるだけでなく

結果的に負担がかかりづらいフォーム

になることも説明。

 

仕事中は座りっぱなしであることも

筋肉のバランスの不調に関係している。

 

少しO脚(おーきゃく)気味のバランス。

日常生活で膝への負担が

気になるのであれば

サポーターの使用なども視野に入れる。

 

(3)経過・施術など

第一回 平成27年9月16日

10/7に大会に出たいという

大きな目標があるため

そこに向けて調整していく。

 

足のバランスを見ると

少しO脚気味。

右膝内側に炎症反応もあり。

 

まずは

・アイシング

・鍼通電・低周波(パルス療法)

で痛みと炎症を抑える。

 

それから筋肉のバランス改善の

ために

・ 股関節運動

・ ストレッチ

・ 骨盤調整

などの施術も行った。

 

施術後楽になったが

日常生活でも

不安があればサポーター使用

勧めた。膝への負担減らす目的。

 

★ 写真は

スパイラルウェッジサポーターだが

実際はアーチウェッジヒールサポーター

を購入。フィット感ある。(ご本人談)

第二回 平成27年9月19日

前回で痛みは少し引いた。

鍼の施術を気に行ってくれた。

炎症反応も落ち着いてきた。

経過良好。

 

第三回 平成27年9月26日

大分良い。痛み感じなくなってきた。

軽めでランニング再開。

無理はしないよう伝えた。

 

第四回 平成27年10月3日

経過良好。

 

退会終わった後も

引き続き調整してほしいと

お願いされる。快諾。

 

(4)総括

膝や踵のオーバーユースによる痛みは

難しい部分もありますが

サポーターなど使用しながら

うまく調整していけば

治りも早いです。

 

また調整を行うと

患部への負担が減るだけでなく

股関節や下半身の状態もよくなるので

結果的にフォームも改善されることが

多いです。

★ゴルフなどでも同じです。

お困りの方は是非ご相談ください。

ランナーの方からの鍼灸等、治療相談が多いです。(マラソン、ハーフマラソン等)

ここ最近、ランナーの方からの治療相談が多いです。

 

東京マラソンが開催されて以降

女性や様々な年代の

ランナーが増加したといわれていますが

それに伴い痛みや不調を訴える方も増えている

ということでしょう。

 

インターネットで検索すると

ランナー専門の治療院などの情報も出てきます。

 

*専門、と一口にいってもだれでも

専門家を名乗れるのでどこまで信ぴょう性があるのかは

謎ですが・・・・。

専門性を知りたい場合は

「選手やチームに帯同しているか?」など

まずは実績を聞いたほうが良いかと思われます。

 

ランナーの方が訴える痛みや不調は

どんなものが多いのでしょうか?

など、まとめていきたいと思います。

 

<1>ランナーの方の特徴

(1)体脂肪が少ない

ランニングは有酸素運動で脂肪を燃焼させるため

体脂肪が低くなります。

そのためランナーの方は体脂肪が少なく

やせ型の方が多いです。

 

(2)オーバーユース(使いすぎ)による痛みや不調が多い

病気やけがで痛みが出ているということではなく

(ランニング中の足首捻挫というケースもありますが)

むしろ使い過ぎによる痛みや不調が多いです。

ケガや病気でないために筋緊張のバランスや

生活習慣などを変えて改善させる必要があります。

 

(3)かかとや足首、膝など下半身の不調が多い

使い過ぎによる不調は腰から下半身に

集中する傾向があります。

 

 

<2>ランナーの方によく見られる症状

・ 膝の痛み(鵞足炎)

筋肉のバランスの不調や使い過ぎにより

膝に痛みが出ることがあります。

鵞足炎と言って内側に痛みが出ることも多いです。

・ 踵の痛み(足底腱膜炎)

負荷のかかり方により足底(かかと)に

痛みが出ることも多いです。

・ 腰痛

骨盤周辺や股関節のバランスの不調から

腰痛を訴える方も多いです。

・ 坐骨神経痛

お尻の筋肉(梨状筋)の緊張から由来する

神経痛のほか、ヘルニアなどが原因で起こる

神経痛もあるので注意が必要です。

 

<3>施術とその目的

ケガや病気でない痛み・不調というのは

加重のバランス・筋肉の緊張のバランスを変えたり

しながら調整していくことになります。

 

具体的には3回から5回以下のような施術を行い、

経過を観察していきます。

必要な場合は病院を紹介し

MRIなどの精密検査も勧めます。

 

(1)問診・カウンセリング

週にどのくらい走るのか?

次の大会はいつなのか?

いつまでにどの程度の回復を望むのか?

など、ご本人の希望も含め細かくお話を伺っていきます。

 

(2)状態把握・検査

どの状態で痛みや不調が出るのか?

筋肉の緊張やバランスはどうなっているのか?

朝と夜だとどちらが不快か?

など、お身体を実際に動かしながら状態を把握していきます。

(3)施術(鍼灸、ストレッチなど)

どの部分に施術を行えば効果的か見極め

はり灸などの施術を行っていきます。

体に生じている痛みや不調を取りのぞきたい

というだけでなく

定期的に体のメンテナンスを行い

レースや大会に向けて調整したいという方も多いです。

(1,2週間に一度の調整を行うことが多いです。)

 

お困りの方は一度ご相談ください。