タグ: リハビリ

「フレイル」に関して。

フレイルとは・・・

比較的新しい言葉で

日本老年医学会が2014年に提唱した。

 

健康な状態と要介護状態

(生活サポートが必要な状態)

の中間の状態のこと。

 

多くの高齢者は健常の状態から

筋力が衰える

サルコペニアという状態を経て

さらに生活機能全般が衰える

「フレイル」となり

要介護状態に至る。

 

高齢期に生理的予備機能が低下することで

ストレスに対する脆弱性が亢進して

・ 生活機能障害

・ 要介護状態

・ 死亡

などの状態に陥りやすい。

 

つまりフレイルとは

「加齢に伴う様々な機能変化や予備機能低下により

健康障害に対する脆弱性が増加した状態」

のことである。

 

フレイルは身体の状態のことだけでなく

精神的・社会的な要素も含む。

 

・・・

この辺りも考慮する必要が大いにあります。

ご高齢の方は

自律神経症状や痛み症状をはじめ

様々な症状が体に現れやすいのですが

 

・ 持病

・ 血圧などの状態

・ 飲んでいる薬の情報

 

などは

しっかり把握する必要があるでしょう。

 

そうして施術に当たらないと

危険な場合があります。

 

まずはしっかりお話伺いますので

「なんか調子が悪い」

というご高齢者の方やご家族の方は

遠慮なくご相談ください。

脳梗塞・脳卒中などによる麻痺とその施術に関して。

このページをご覧になっている方は

麻痺・片麻痺でお困りになっている方が中心でしょうから

脳出血や脳血管障害などに関しては

すでに知っている知識だとは思いますが

まとめて説明していきます。

 

 

脳出血などにより麻痺がおこってしまうと

様々なお困りごとが現れると思います。

それらの麻痺に関する治療は

病院の方で医師・理学療法士などと一緒に

リハビリ・筋力トレーニングなど訓練を行い

回復を目指していると思いますが

 

弊所の施術は

病院でやっているリハビリよりも画期的かつ

早く回復するということではなく

目的としては日常生活動作(ADL)向上の

お手伝いをしたり

麻痺によって生じた痛みの緩和などが中心となります。

*補完代替的治療を目指します。

 

ですので弊所は基本的に

「今、病院でやっているリハビリが正しいか?」

などのご質問にはお答えできませんし

施術は病院で行っているリハビリと

併用して行うのが望ましいといえます。

 

施術目的や計画などは

初回のカウンセリングでお話をよく聞かせてもらったうえで

ご説明させていただきます。

 

<脳血管障害とはなにか??>

脳血管障害とは脳神経を養っている血管の障害により起こります。

血管の狭窄、血管の破裂、血管の中で固まった血液が詰まる梗塞

・・・・

原因は様々ですがこれらにより

脳神経への血液供給が絶たれると

脳血管障害が起こります。

 

「脳梗塞」、「くも膜下出血」

などというものがその代表例です。

 

そして脳出血により損傷された部位により

様々な部位に障害が出ます。

一例をあげますと・・・

 

脳出血(左側被殻と放射冠)

→ 障害名 右片麻痺

 

というような感じです。

 

<脳梗塞の分類に関して>

脳梗塞は脳血管内において

血液が凝固(何らかの原因で固まること)し

詰まります(梗塞するのです)。

ここでは脳梗塞の4つの分類をしていきます。

 

(1)アテローム血栓性脳梗塞

粥状動脈硬化が基盤で起こる脳梗塞です。

血小板血栓が主体の梗塞で発祥の前段階として

TIA(一過性脳虚血発作)を多く発病するといわれます。

 

(2)心原性脳梗塞

心房細動や陳旧性心筋梗塞、

便膜疾患などの心疾患を背景に

形成されるフィブリン血栓が主体の梗塞です。

抗凝固両方が行われ

ワーファリンなどが投与されることが

多いです。

いわゆる血液をサラサラにする薬です。

 

(3)ラクナ梗塞

近年日本人に増加しているタイプです。

ラクナ梗塞は脳内の穿通動脈が

高血圧性細小動脈病変(リポヒアリノーシスなど)により閉塞して生じます。

ラクナという言葉はラテン語で『小さな空洞化』を意味します。

このラクナ梗塞の原因として最も重要なのは、

高血圧症であり、糖尿病も関与します。

 

(4)その他

その他の原因が関与し起こる脳梗塞です。

 

 

<脳梗塞の背景>

季節やその方が抱えている疾患にも関係します。

 

たとえば・・・

夏場は動脈硬化を基盤とした脳梗塞で

アテローム血栓性脳梗塞とラクナ脳梗塞が

多いといわれ

冬場はインフルエンザや感冒による

ラクナ脳梗塞が増えるといわれます。

 

また糖尿病や通風などの代謝性疾患や

高血圧症などの持病を抱えていると

脳梗塞が発症しやすくなります。

 

これらの持病や季節などの背景も

考慮し施術計画を立てていきます。

 

<中枢神経麻痺と末梢神経麻痺について>

麻痺の大きな分類として

・ 末梢神経麻痺

・ 中枢神経麻痺

があります。

 

中枢神経とは脳と脊髄のことで、

中枢神経から枝分かれした神経を末梢神経といいます。

 

脳梗塞や脳出血により脳神経への血液供給が絶たれ

担当する神経分野に影響が出た時にそれぞれ

機能障害の名前がつきますが

運動神経に障害が出た場合を「片麻痺」と呼びます。

 

中枢神経麻痺における運動機能障害の特徴は

痙性(けいせい)麻痺と呼ばれる

末梢神経麻痺にはない独特な筋緊張を示すことです。

この痙性麻痺は手や足に特に顕著にみられます。

 

関節を曲げる筋肉に起こり

屈筋痙性麻痺と呼ばれます。

 

上肢で起こると

手首や肘が屈曲したまま伸ばせなくなりますし

下肢で起こると

足首が内側に曲がる内反尖足が起こったり

歩行では外側へ回しながら動く

「ぶんまわし歩行」をするようになります。

 

<脳梗塞による片麻痺への鍼灸施術>

運動機能を改善させたり、関節拘縮予防のために

痙性麻痺屈筋群への施術を行い

緊張の緩和を図ります。

 

ほかには体幹のバランスを考え

痛みやマヒが出ていない部分に対し

温めたりするなどのアプローチもできます。

麻痺そのものもそうですが

例えば麻痺によって生じた痛みの緩和など

にも効果が期待できます。

 

前述したように

高血圧や糖尿・通風など内科的疾患を

お持ちの方も多いために

それらの症状も考慮し施術することで

症状の改善やQOL(生活の質)向上のお役に立てます。

 

お困りの方は一度ご相談ください。

ご高齢者、マヒが残ってしまった方、寝たきり、歩行困難の方への出張、「鍼灸マッサージ」にも対応いたします。

田無北口鍼灸整骨院では、以下の疾患等により

通院できない方への訪問「鍼灸マッサージ」も行っています。

IMGN6156

 一例

脳血管障害後遺症(脳梗塞、くも膜下出血など)
脊髄損傷後遺症
骨折術後の後遺症
リウマチ
パーキンソン病・症候群
変形性膝関節症
変形性脊椎症
筋萎縮
関節拘縮
疾病のため日常生活が困難な方等

脳梗塞後遺症、
脳出血後遺症、
骨折後の関節拘縮、
パーキンソン病、
リウマチ、
脳性麻痺(成人)、
変形性頚椎症、
変形性脊椎症
(頚部痛、背部痛、腰痛)、
変形性腰椎症、
変形性膝関節症、
変形性関節症、
多発性脳梗塞、
くも膜下出血、

脳腫瘍術後、
脳挫傷、
脊髄小脳変性症、
筋萎縮性側索硬化症、
球脊髄性筋萎縮症、
シャイ・ドレーガー症候群、
大脳皮質基底核変性症、
運動ニューロン病、
筋緊張性ジストロフィー、
後縦靭帯骨化症、
頚椎症性脊髄症

多発性硬症、
脊柱管狭窄症、
脊髄損傷、
腰椎圧迫骨折、
大腿骨頚部骨折、
糖尿病性抹消神経障害、
関節運動障害、
筋麻痺、関節拘縮、
その他疼痛疾患など

IMGN6208

寝たきりの方、脳梗塞による麻痺が残ってしまった方など・・・

まずはお電話ご相談ください。

身体の緊張がほぐれて、お痛み等が緩和されます。

まずはお電話にて状況をお伺いし、お会いしてから

現在介護を受けているか、など

さらに詳しい状況をお話しいただきます。

 

施術の流れ

(1)まずは田無北口鍼灸整骨院までお問い合わせください。

電話 042-497-4586

ご本人、ご家族、ケアマネージャーさま・・・・

どなたから出のお問い合わせでも応じます。

お身体の状態などを簡単に教えてください。

(脳梗塞による麻痺、大たい骨骨折による歩行困難など)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、その際にご自宅へ伺う日時を決めさせて頂きます。

a1180_009246

(2)お約束の当日、施術者がご自宅へ伺います。

詳しくお体の状態を聞かせて下さい。

また、今後どうなりたいか?どうしたいか?ご希望をお聞かせ下さい。

ツライ・痛い事はしたくない方・多少ツラくても頑張りたいなど、

それぞれのご希望があると思います。どんな事でもご相談下さい。

(3)希望者には無料施術体験

IMGN6156

お試しで、マッサージやリハビリのためのトレーニングを受けてください。

大体10~15分ほどです。

初回ですので、無理のないように、少なめの時間で行います。

施術は合う合わないがありますので、この時点でお断り頂いても結構です。

(4)医師への施術同意書類をお渡しします。

a0001_015540

もし継続したい場合は、かかりつけの医師あての

お手紙と種類をお渡しします。

簡単な同意書ですので、書いて頂いて下さい。


(5)医師に書類を書いてもらったら、本格的にスタート。

a0001_014076

毎週伺う、曜日・時間を決めます。

また、短期目標・中期・長期目標もご一緒に決めます。

無理のないように頑張っていきましょう!

 

■初回以降

決められた曜日・時間に施術者が伺います。

※体調のよくない場合は、あらかじめご連絡を下さい。

お休みしたり、施術日の振替をします。

毎回、カウンセリング(問診)を行います。

今日の体調や、血圧・脈拍などのチェックを行います。

施術スタート。

おひとりおひとりに合わせたプログラムで、マッサージや軽いトレーニングを行います。

時間は20~30分ほどです。

今日の施術内容やご様子などを、

施術者が日誌に記録します。

ご家族やヘルパーさんなど誰でも見られる日誌です。健康管理の指針にもなります。

ぜひチェックしてもらってください。

 

料金の目安(健康保険使用の場合、一例)

健康保険が適用となることもございます。

 

腕・体・足の麻痺の場合

半身麻痺で、直前に伺った患者さんのお宅から
1km離れたお宅にお住まいのご利用者の方の場合。(2013/05/21現在の料金体系)
3局所(腕・体・足) + 往療費  = 合計
  ¥270×3    + ¥1,800  =¥2,610

ここから各種保険の一部負担分(1~3割)を患者様にご負担いただきます。
ので上記の場合で老人障害者医療保険(1割)なら1回 ¥270になります。

ご不明な点はご相談ください。

 

出張対応範囲

西東京市田無町2丁目から16キロメートルの範囲なら出張対応可能です。

 

施術を受けられた方からの喜びの声(一例)

a0800_000679

 

ご参考までに、田無北口鍼灸整骨院の訪問マッサージを受けたかやからの

ご感想を掲載しておきます。

症状にあわせ、様々なトレーニングや施術を行うことができます。

EPSON MFP image

(1) I.H さん 男性 66歳

こちらの患者さんは、10年ほど前から足に痺れや麻痺がでてきたのですが

元々我慢強い方なので、病院には行っていなかったそうです。

しかし度々転び、歩行もままならなくなり、ようやく病院へ。

胸椎に腫瘍があり、神経を圧迫しているための下半身の麻痺と診断され、

腫瘍摘出手術を受けました。

 

腫瘍は摘出され神経も無事だそうですが、

神経を圧迫した状態が5~6年ほど続いていたので、下半身麻痺は続いたままです。

 

術後リハビリ病院で半年間入院し、退院後にお知り合いの紹介で、

わたしがリハビリマッサージに伺うようになりました。

 

3年ほど伺っていますが、当初は自力で足が動かせず、

また強く押しても感覚がありませんでした。

現在では、左足は「足の指を押されている」という感覚があり、

右足は「太ももの裏を押されている」という感覚まで戻りました。

「なんとなくだけど自分の足、という感覚が戻ってきている」とおっしゃっています。

 

また、左足はある程度自力で動かせるようになり、

車いすや昇降機のステップに、自力で足が乗せられるようになっています。

 

右足は自力で動かせませんが、ステップからずり落ちたりすることがなくなりました。

これにより知らない間に足が落ちていて、捻挫や骨折、などのリスクも軽減されました。

また、自力でベッドから車いすへの移動ができるようになり、ご家族の負担も軽減されました。

ゆっくりではありますが、回復しています。

 

これからの目標として、自力での立位保持、長期目標としては、自力での歩行です。

現在、週3回 トレーニング20分、マッサージ10分 を行っています。

※ ご本人の状態・目標を考慮し、相談したうえでトレーニングメインにしています。

皆さんがこの通りではありません。

scan-001 (3)

(2) H.Iさん 女性 86歳

3年前、転倒による大腿骨骨折により入院。

退院後、骨折の恐怖感からあまり歩かなくなり、筋力低下。自力での歩行が不可能となりました。

 

現在、伺って1年ほどです。

軽いトレーニングとマッサージにより、関節の拘縮からくる痛みが緩和されたそうです。

また、ご家族がいらっしゃるのでヘルパーさんは入っておらず、

デイサービスなどもお好きではないとのことで他者との関わりがあまりなかったそうですが、

マッサージ師が週2回伺う事によりモチベーションが上がるようで、

ベッドでの時間が短くなり、リビングで椅子に座ることが多くなったそうです。

 

指導したトレーニングを、ご自分でもやってくださっているそうです。

また、つかまって立つ事ができるようになったので、

ポータブルトイレではなく、自力で歩いてトイレに行くことが今の目標です。

 

また、定期的に体を動かしマッサージをすることで浮腫みが改善されました。

 

短期目標は、つかまって立つこと。

中期目標は、自力でトイレまで歩く。 長期目標は、歩いての外出。

短期目標をクリアしています。

 

週2回 トレーニング10分 マッサージ10分 施術を行っています。

 

担当 

IMGN5666

小谷里奈子(あんまマッサージ指圧師)

あん摩マッサージ指圧師の小谷です。

東久留米市在住で子育てをしながら、豊島区を中心に訪問マッサージを8年続けております。

女性ならではの優しさ、きめ細やかさで、

安心安全をモットーにマッサージを行っていきたいと思っております。

体に触れさせていただきますので、

まずは利用者の方とコミュニケーションをとり、

信頼関係ができた上でリラックスしていただき、

そこで初めて本当の施術がスタートできると考えています。

まずは『また会いたいな』と、

訪問を楽しみにしていただけることを目標(?モットー)にし、がんばっていきたいと思います。

 

少しでも今の状態が改善し、

利用者様が明るくなることで、ご家族の方も明るくなれると信じております。

ご一緒にゆっくりがんばりましょう。

 

写真 (3)

 

 

 

 

 

 

白石健二郎(鍼灸師)

鍼灸による出張施術を担当します。

痛みの調整には自信があります。

寝たきりの方や神経痛がひどい方はご相談ください。

今すぐ「お電話相談」はコチラ