肩こりに関して。田無北口鍼灸院の施術・20代女性の改善例。

肩こりに関して。田無北口鍼灸院の施術・20代女性の改善例。

症状と改善例についてまとめていきます。

 

・・・全員が同じように

改善するわけではないと思いますが

参考になれば幸いです。

*プライバシーに配慮するため

個人情報等、多少脚色してあります。

 

また肩こり症状は

本人の自覚や体質・生活習慣が

大きく関係しますが

十分改善可能です。詳しくは以下・・・

 

お名前 

山田小百合さま(仮名)

年齢

20歳(施術当時)

主な訴え 

首の疼痛

頭が締め付けられる感じ

肩こり

顔がむくむ気がする

(本人談)

施術開始時期

平成28年5月15日

改善時期

平成28年6月12日

(週に1度程度。全5回の施術。)

経過・状況など

ラ○ィネという

整体チェーン店に行ったが

あまり説明もしてもらえず

症状も改善しなかったため

不安と不満を感じている。

 

一番気になるのは肩こり症状

ではあるが

顔のむくみなども気になるので

美容鍼灸なども試したい。

(本人談)

 

(1)思い当たる原因

もともと肩こりはあったが

平成27年12月頃

就職活動をしていたころから

さらに調子が悪くなった。

 

デザイン会社に就職が決まったが

仕事が始まると忙しくなるとのことで

その前に調整を希望。

 

高校生の頃から、こりは感じていた。

姿勢が悪いのが原因かもしれない。

 

肩コリがひどくなると

首が痛くなったり頭痛が出る。

体調に不安があるが

どこに相談すればよいかわからない。

(本人談)

 

(2)弊所での施術・見解

まずはじめに

肩こり症状は本人の感じ方や

生活習慣の問題も大きいと説明。

 

肩が痛いから肩をもむ

ということでは

根本的な解決にはならないため

生活習慣や感じ方

(朝がつらいのか?いつ気になるか?など)

詳しく伺う。

 

たしかに運動不足や姿勢の問題

スマホ見過ぎなどの問題もあるので

その部分はご自身で改善してもらう。

 

現在の体の不調は生活習慣が

コリを生み出していて

病気ではないが放置したり悪化すれば

神経の圧迫によるしびれなど

引き起こすことを説明。

 

神経圧迫を確かめたいならば

整形外科、

頭痛やホルモン等の不調を

確認したければ内科など

紹介はできるが

まずは弊所で5回施術を受け

体質改善することを提案。

承諾してもらう。

 

それから不快な症状を

完全に消す・取り除こうとするのではなく

気にならなくなることが

一つのゴールだ、とも説明。

 

納得してもらう。

 

(3)経過・施術など

第一回 平成28年5月15日

まずは良くお話を伺う。

 

筋肉の状態確認。

施術方針を伝える。

 

全身の緊張や状態確認。

まずは自律神経のバランス安定

緊張緩和を狙うための施術。

 

・ 鍼灸

・ ストレッチ

・ 吸玉

など。

 

第二回 平成28年5月22日

前回の施術後はよく寝れた。

1週間かなり快適に過ごせた。

 

顔のむくみがまだ気になるとのことで

・美容鍼灸(顔面部への鍼)

・頭部調整

など行った。

 

第三回 平成28年5月30日

不快な症状に意識がいかなってきた。

プライベートな話や

地元の話・趣味のバスケ観戦の話など

よくしてくれるようになってきた。

 

前向きな姿勢が見受けられる。

良い傾向。

 

四回 平成28年6月6日

良い傾向が続くため

次回で施術終了し

あとは間隔を開けて

メンテナンスしてはどうかと提案。

 

第五回 平成28年6月12日

症状はほとんど気にならない。

改善傾向。

 

今後は自宅でできるストレッチなど

指導し

もしも気になるようなら

月に1回程度弊所でも

メンテナンス目的のの施術をすること提案。

 

(4)総括

緊張が強く

東洋医学的にいうと肝、

が強い状態でした。

 

鍼灸の施術があっていたこと

また信頼関係が築けて

良い反応が得られたことが

いい結果につながりました。

 

これからは得意なデザインを仕事に

されていくそうですが

スケジュールが忙しくなったり

頭や神経を使いすぎて

不調が生じた際には

早目に相談するようお伝えしました。

 

お大事にしてください。

今すぐ「お電話相談」はコチラ