タグ: MRI

    病院でできること、鍼灸院でできること。特性の違いについて。

    たまに質問されるのでこちらにもまとめておきます。また弊所のスタンスとして現代医学をむやみに否定することはしません。病院を上手に利用し、鍼灸院も上手に利用し、最速で改善されますよう様々な提案をします。緊急性や病気が疑われる場合はこちらから病院に紹介状を書くこともあります。病院と田無北口鍼灸院は協力関係にあります。遠慮なくご相談ください。

    病院でできること、特徴

    ・ 医学的検査:レントゲン・MRIなどの画像診断血液検査、聴力検査など→病気が原因でないか?正しく知ることができます。もちろん検査をしてもわからないこともあります。

    ・ 投薬・注射:薬物療法は医師の指示の元行うことができます。痛み止めの注射などは痛みが強い場合有効です。

    ・ 病院の役割の一つとして「正確な診断」を下すことというのがあります。緊急性がある疾患でないか?判断することです。また病院はたくさんの方が訪れます。そのため医師が一人の患者さんにさける時間はどうしても少なくなってしまいがちです。「検査はしてくれるが治療はしてくれない」という印象を持つ方がいるようですが上記のような特徴からそう感じてしまうのかもしれません。

    ・ 費用はほとんどの場合で保険診療でできますので安価で済むことが多いです。

     

    鍼灸院でできること、特徴

    ・ 東洋医学的検査:全身を触ります。脈を見たりお腹の状態を見たり、舌の状態を見たりします。検査といっても数値で見たりする客観的検査ではなく硬さや色を見るなど主観的な検査です。

    ・ 鍼や灸:鍼灸をやります。鍼は痛くないですし灸は熱くないです。ささない鍼もあります。即効性があることも多いですが徐々に効いてくるものもあります。

    ・ 一人一人に時間をかけられます。お話をゆっくり聞かせていただきます。そのため「なぜ調子が悪くなったのか?」という原因究明に時間をかけられたりします。ストレス性や緊張性の病院では、お薬ではなかなか解決しない問題に対して強いです。

     

    まとめ

    図にすると上記のような特徴があります。身体に不調を感じた場合まずは病院で診察を受けるのが良いでしょう。異常がないか?病気が原因ではないか?調べてみてください。病院の投薬治療やリハビリではいまいちよくならないと感じている方やセカンドチョイスとして、また上手に併用しながら鍼灸院を利用するのが良いでしょう。・・・わからない方は一度ご相談ください。漢方内科をご紹介し協力しながら施術にあたることもできます。以下、動画もご覧になってみてください。

    中高年の方のしびれ症状ご相談

    田無北口鍼灸院では「手や足にしびれが続いている。鍼灸をやれば治るか?」という相談も多いです。結論から言いますと絞扼障害・神経根圧迫などは鍼灸治療で改善することが多いです。ただ一口にしびれ(痺れ)といってもいろいろな原因で起こりますし緊急性がある場合もありえますので細かく解説してまいります。お困りの方の参考になれば幸いです。

    (1)末梢神経が原因で起こるしびれか?中枢神経が原因で起こるしびれか?

    わかりやすく説明するためにカンタンに分類します。ご了承ください

    中枢神経が原因で起こるもの:脳・脳幹・脊髄の障害が原因のものです。

    脳血管障害(脳梗塞,脳出血),脳腫瘍,多発性硬化症(脳,脊髄),脊髄腫瘍,脊髄空洞症,脊髄梗塞など脳や脊髄の障害される多くの疾患により.痺れがおこります。これらは緊急性があるものも多いので注意が必要です。

    末梢神経が原因で起こるもの:手足や大観の神経が原因のものです。

    少し詳しく見ていきましょう。まず神経線維の太さ・機能など。神経線維は以下のように分類されます。

    Gasserの分類
    直径(μm)
    伝導速度(m/S)
    主な機能
    有髄
    12 ~ 21
    70 ~ 100
    運動,筋固有知覚
    6 ~ 12
    40 ~ 70
    触覚,運動覚
    4 ~ 8
    15 ~ 40
    触覚,圧覚,筋紡錘円神経
    1 ~ 6
    5 ~ 15
    触覚,温覚,冷覚,圧覚
    B
    1 ~ 3
    3 ~ 14
    有髄節前,自律神経
    無髄
    C
    0.2 ~ 0.3
    0.2 ~ 2
    痛覚,温冷覚,節後自律
    ・・・

    Aαが運動神経線維,Aβが触覚神経線維,AδとC線維が痛覚神経線維,B線維は自律神経系の節前線維,Aδはチクチクした痛み,C線維はジーンとした痛みに関わり、触覚神経線維であるAβは,痛覚神経線維であるAδとCの活動性を抑制する機能があるといわれています。さらに細かく末梢神経障害を分類します。

    ・ 単神経障害

    手根管症候群(正中神経の障害)肘部管症候群(尺骨神経の障害)橈骨神経麻痺 など

    ・ 多発単神経障害

    血管炎症のニューロパチーが代表的。糖尿病でも見られます。局所の末梢神経栄養血管の血流障害によるもの。

    ・ ポリニューロパチ

    糖尿病性神経障害、自己免疫性の末梢神経障害など

    ・ ★ 神経根症

    椎間板ヘルニアや頚椎症など。鍼灸院でも多く見られる疾患です。

     

    (2)部位別に見た痺れをきたす疾患

    実際に鍼灸院に問い合わせされる方は「手がしびれている」「足がしびれて痛みがある」などという表現をされる方が多いです。

    ・ 片手がしびれるのか?

    ・ 両足がしびれるのか?

    ・ 手足がしびれるのか?

    でも推測される疾患は違います。どのような状態が考えられるか?まとめていきたいと思います。

     

    <1>片側・手のしびれ(一側上肢)

    ・ 手根管症候群

    ・ 肘部管症候群

    ・ 胸郭出口症候群

    ・ 頚椎症

    ・ 脳梗塞

     

    <2>下肢(足)の痺れ

    ・ 腰椎症 :

    椎間板の膨隆、骨棘の形成など。

    椎間板ヘルニアと同様に神経根圧迫によりおこる。

    ・ 絞扼性神経障害:

    腓骨神経麻痺,外側大腿皮神経障害,

    足根管症候群など

    ・ 腰部脊柱管狭窄症

    ・ 下肢閉塞性動脈硬化症

    ・ 脊髄動脈奇形 ほか

     

    <3>四肢(手足)の痺れ

    ・ 自己免疫性ニューロパチー

    ・ 糖尿病性抹消神経障害

    ・ 血管炎症末梢神経障害

    ・ 傍腫瘍性ニューロパチー(がんなど)ほか

     

    <4>鍼灸治療に関して

    緊急性があるものを除き絞扼障害・神経根障害などは鍼灸院で対応可能です。なかなか改善されない痺れが上記のように筋緊張からくる圧迫の場合鍼灸治療がとても有効になります。必要な場合や緊急性がある場合は病院への受診も勧めます。なかなか改善しないしびれでお悩みの方は是非一度ご相談ください。

    ★ 参考 日本内科学会雑誌103号より