タグ: 妊婦

逆子の鍼灸治療とセルフケア指導等に関して(初回プレゼントあり)

逆子に対して鍼灸治療は有効か??という質問をいただくことが多いです。一般の方はなかなか知る機会もないかもしれませんのでこちらでもカンタンに紹介しておきます。結論から言いますと有効です。鍼灸治療が逆子の矯正に一定の効果があることを調査した資料があるのです。(全日本鍼灸学会)妊娠33週目の初産婦さんを260人集め、130人には鍼灸を行い、130人には鍼灸を行いませんでした。具体的には、至陰というツボへのお灸を片側15分間ずつ30分間、1日に1〜2回実施。出産時には鍼灸を行わなかったブループの逆子矯正率が58.5%だったのに対し、鍼灸を行ったグループでは76%もの方が矯正されたという結果が示されています。逆子や妊娠中の痛みなどでお困りの方はまずはご相談ください。

(1)逆子とは??

逆子は医学的には骨盤位といいます。一般的には胎児は分娩時には頭が恥骨の方にあって臀部や足が上腹部にある状態を正常位と呼んでいます。頭が上腹部にあったり臍の横にあったりする場合には分娩に時間がかかったり母子ともに危険なこともあります。それらの骨盤位を逆子、といいます。逆子の場合、帝王切開になることも多いようです。

(2)逆子の鍼灸治療はいつから?また治る可能性はどのくらい?

逆子が問題とされる28週以降からで十分ですが32週以降は成功率が下がるためそれまでに始めるのが理想です。その期間から施術を始め行った場合成功率は75%以上との報告があります。出産が近くなっている時期ならば逆子治療の効果はあまりないかもしれません。(リラックス効果・疼痛緩和効果などはもちろんございます。)

(3)どのくらいのペースで治療するのが良い?

週1,2回来所してもらいほかの日は毎日自宅でお灸してもらうのが一般的ですがケースバイケースです。

(4)どこにお灸をする??

三陰交や至陰というツボにお灸をすることが多いです。

(5)なぜ治るの??

東京女子医科大学の高橋佳代先生・窯付弘志先生らの研究によると至陰にお灸をすると子宮動脈やさい帯動脈の血流が良くなるということがわかっています。

その結果子宮の緊張が緩和するのではないかと考えられています。

(6)妊婦さんの不定愁訴

そのほかに妊婦さんは便秘・冷え・腰痛・肩こり・足のむくみなどの訴えが多いです。医学的な根拠はないものの足が冷えていたりむくみやすい方は逆子になりやすいという傾向があります。不定愁訴の改善が緊張緩和につながり逆子改善にも良い影響がいくからかもしれません。田無北口鍼灸院ではそれら不定愁訴の改善もお勧めします。

*参考 医歯薬出版

「逆子の鍼灸治療」

逆子の鍼灸治療に関しデータなど多数収録。

全日本鍼灸学会「お灸で骨盤位(逆子)が治る

<もしも逆子の鍼灸治療を試したくなったら・・・>

まずはお電話(0424974586)でご相談・ご予約ください。LINEからのご相談も可能です。初回7150円でカウンセリング、鍼灸施術を体験できます。こちらで施術を続けた方が良いと判断した場合は施術プランを提案しますのでご自身に合うようでしたら通院を検討してみてください。

★初回、「ホームページを見た」でお灸セルフケア指導+セルフお灸1シート(1,2週間分)プレゼントします。

場所は田無駅から徒歩3分、モスバーガー田無店と同じビルの3階にあります。わからない場合は遠慮なくお尋ねください。

待合室にママさん向けの雑誌追加しました。

待合室にママさん向けの本を追加しました。

今話題のマタ(マタニティー)旅、

子供連れで行ける旅の本です。

 

また最近は保育園関連の話題も多いので

それ系の雑誌も置いてあります。

 

読みたい方はご自由にどうぞ閲覧してください。

 

またお子さんがきたときのために

待合室でアンパンマンDVDも流すことがあります。

こちらもリクエストあれば流します。

13043220_596893580486249_8652726071343378189_n 12472624_595030254005915_9179326546666326091_n 12994428_596893443819596_6264209215879739845_n

妊婦さんはなぜ疲れやすくなりやすいのか?~血液やホルモンバランスの関係から。

田無北口鍼灸整骨院は

妊婦さんや出産後のママさんから

施術の依頼をいただくことが多いです。

 

本日は、妊婦さんの体の変化を

血液やホルモンバランスの状態から

「妊婦さんはなぜ疲れやすくなりやすいのか?」

説明してまいります。

同じようなことでお悩みの方の参考になれば幸いです。

 

(1)妊娠すると血液が薄くなり、ちょっとしたことで

気分が悪くなったりする。(貧血)

妊娠すると女性の体はどんどん血液量が増えてきます。

血液の増加は妊娠5週ころから始まり

妊娠32週前後にピークとなります。

47358647_s

 

 

 

 

 

 

 

 

血液は赤血球や白血球、血小板などの

「血球成分」

と血液中の水分である

「血しょう」

に分けられますが妊娠中の多くは

血しょう成分が増えて血液を薄くしていくのです。

 

なぜ血液が薄くなるのでしょうか?

 

それは

・ 胎盤に血栓ができないようにするため。

血栓ができてしまうと胎児に十分の血液が

遅れず栄養不足になってしまうため防ぐ目的があります。

 

・ 出産時の出血により

失う血液量を事前に増やしていくため。

などから血液はどんどん薄く増やされていくのです。

 

しかし血液が薄くなるということは

上記のようなメリットだけでなくデメリットも存在します。

 

最大のデメリットとして挙げられるのは貧血です。

ちょっとした運動でも疲れやすくなってしまいます。

 

妊娠中は鉄分を食事で補給しながら

適度に体を休めて生活するとよいでしょう。

21976807_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2)ホルモンバランスの変化により

眠りが浅くなる。疲れやすくなる。

 

「妊娠中は熟睡できない。」

、という相談をいただくことがあります。

 

妊娠中はホルモンなどの影響により

そのような状態になりがちです。

 

まず妊娠するとhCGというホルモンが大量に

分泌されだるさや眠さを引き起こします。

 

ほかにも赤ちゃんが大きくなるにつれ

胎動が熟睡を妨げたりします。

 

熟睡できないとやはり疲労はたまりやすくなりますので

マッサージや昼寝、適度な運動などを

生活に取り入れて

うまくリラックスする時間を作るとよいでしょう。

22351038_s

妊娠中の「安定期」と鍼灸・マッサージ・各種調整による施術について。

32485006_s

妊娠中に肩こりや腰痛などに悩まされる方は多いのですが

マッサージや鍼灸などの施術は「安定期」に入ってから行う方が良いです。

 

本日は妊娠中の状態を初期・中期・後期に分け

「安定期」について説明し、

なぜ安定期にはいってから施術などを行うほうが良いのか?

まとめていきます。

 

*もう少し細かい分類方法もありますが、

わかりやすくするため3段階に分けて説明します。

 

(1)妊娠の3段階

<1>妊娠初期

8418730_s

期間

1週~15週(1か月~4か月)くらいまで

 

赤ちゃんの状態

・ 胎嚢(たいのう)が確認できる (5週)

・ 心音が確認できる (7週)

・ 基本的な体の構造ができ神経や血管ができる(10週)

・ 胎盤が完成する。内臓が完成する。手足の運動が始まる。

胎盤からの栄養を受け成長が早くなる(15週)

 

お母さんの状態

・ 股関節から下腹部、みぞおちからバスと周辺が緊張する。

つわりが始まる。体がほてるなど(5週~)

・ つわりが強くなる。乳首などが黒ずみ始める。(9~12週)

・ 基礎体温が下がってくる。便秘がひどくなる。(13~15週)

 

<2>妊娠中期

27276724_s

期間

16週~27週(5か月~7か月)くらい

 

赤ちゃんの状態

・ 23~26センチくらいまで大きくなる。胎盤が完成する。(20週)

・ 31~35センチまで大きくなる。目を開けるようになる。

脳神経の発達がピークを迎える。性別がわかる子もいる(27週)

 

お母さんの状態

・ つわりがほぼなくなる。お腹のふくらみが目立ち始める。

貧血症状が強くなる。(16~22週)

・ 胎動を感じ始める。静脈瘤ができやすくなる。

痔になりやすくなる。仰向けになるのがつらくなる。(23~27週)

 

<3>妊娠後期

38794815_s

 

期間

28週(8か月)以降

 

赤ちゃんの状態

・ 36~40センチほどまで大きくなる。頭が下を向くようになる。

胎動が激しくなってくる(31週)

・ 41~45センチ程まで大きくなる。お母さんの感情を受けて

感情の変化が起き始める。(35週)

・ 46~50センチほどまで大きくなる。赤ちゃんとしての機能が

ほぼ完成する。臨月期。(39週)

 

お母さんの状態

・ 胎動を強く感じる。お腹が急に大きくなってくる。

妊娠船が出始める。逆子の確認が必要になる(28~31週)

・ 息切れや動機症状が起こる。足元がおぼつかなくなる。

股関節や恥骨の痛みを感じやすくなる。(32~35週)

・ お腹が張りやすくなる。トイレが近くなる。

食欲旺盛になる。基礎体温が不安定になってくる。(36~40週)

 

(2)安定期とは?

一般的に胎盤が形成されるころを「安定期」と呼ぶことが多いようです。

この時期になると流産などの可能性も格段と下がります。

 

つまり16週目以降が整体やマッサージを行ってもよいとされる

期間になります。

*安定期まえだからといって

マッサージや鍼などを行うことで流産の可能性が増すことは

あまり考えられませんがオススメはできません。

 

・・・ただ安定期とは胎盤が安定し始める時期のことであり

何をやっても安全

というわけではありません。

 

田無北口鍼灸整骨院では

手足のマッサージやはり灸、各種調整を中心に

お腹に負担をかけない安全な施術を心がけておりますが

 

痛みや不安を少しでも感じたらやめておくほうが無難です。

お気軽にご相談ください。

「なぜ妊婦さんは腰や肩が痛くなるのか??」~田無北口鍼灸整骨院では各種調整や鍼灸など取入れ妊婦さんの腰痛・肩こり改善にも取り組みます。

15783767_m

なぜ腰や肩が痛くなるの??

(1)妊娠すると、重心は下がり後ろに移動していく

妊婦さんの中には、腰や肩の痛みを訴える方が多いです。

 

・・・人の重心は通常の生活を送る際には

骨盤の真ん中にある「仙骨」のあたりにあるとされています。

 

妊娠してお腹が大きくなるにつれ

重心の位置は下がり後ろに移動していくのです。

 

これが妊娠中の体型や動きやすさに大きな変化をもたらし

この体型の変化が、普段とは違う負担を体に与え、

腰や肩が痛くなることがあるのです。

 

また、重心が低くなるため

身体を安定させるために、下半身に

ぜい肉がついてくるようになります。

そして今までと同じように歩いているつもりでも足がなかなか

前に出なくなり、疲れやすくなったりするのです。

 

(2)視界が遮られ、すべての動作が緩慢になる

体型の変化がありお腹がせり出してくるので、

妊婦さんは足元が見えにくくなり視界も悪くなります。

特に怖いのが段差などで

慎重に歩かなくてはならないために

神経や力も余計に使うことになるのです。

 

~ご注意~

妊婦さんの整体や調整は20週以降・安定期に入ってから

各種調整や鍼灸マッサージなどで

これらの負担を減らすことはできますが

安定期に入ってからの施術をオススメしております。

安定期に入らないうちは胎盤形成が完成していないため、

施術を行うことでのかえってマイナスになってしまうこともあるのです。

またそれぞれの時期で、各種調整やマッサージの刺激量を減らしたり

することも大切です。

 

★ 妊婦さん向け雑誌、沢山あります ★

234写真

田無北口鍼灸整骨院では妊婦さん向けの書籍が多数あります。

ご自由に閲覧できますのでお気軽にどうぞ。

 

スタッフ小谷のつわりにオススメのツボ ~田無北口鍼灸整骨院スタッフによる解説

a0001_008193

妊娠中のママさん、つわりに悩まされていませんか?

私は一人目を妊娠中、ひどいつわりになりました。

(現在2人の母として、東久留米市で子育てをしています!!)

★自己紹介はこちらから・・・

 

つわりははるか昔、海の中にいた我々の祖先が進化して、

海から陸に上がる時の苦しみ・・・

という説もあるそうです。

 

胎児はママのお腹の中で人間の進化と同じ過程を経て成長してくるので、

あながち間違いではないかもしれませんね。

私も「これが進化の苦しみか~」と思って楽しむようにしましたが、

24時間ひどい船酔いが続いている感じで、やはり苦しかったです(笑)

 

つわりにも鍼灸は効果的です。ひとによって効果は様々だと思いますが、

今回は私が押してみて、つわりが和らいだツボをご紹介しますので、お試しくださいね。

 

◆ 中脘(ちゅうかん)(CV-12)

アプリ 142ペイント

おへその上に指3本分上がったところにとります。

妊娠前後の基本ツボでホルモンバランスを整えるので不妊治療にも使われます。

お腹がムカムカするつわりにも。

大昔は胃を脘といい、胃の中央にある、という意味です。

もちろん胃腸の疲れにも効果があります。

 

つよく押すと違和感があるので、ゆっくり様子を見ながら押して下さい。

また温めるだけでもOK。

東洋医学では気虚といって、気(=エネルギー)が足りないと

胸を張った姿勢が続かないと言われています。

この気虚の状態にはこの中かんのツボが効果があります。

 

胃腸を刺激するので、食事直後に刺激するのは避けた方がいいでしょう。

内関というツボもオススメですが、また次回ご紹介します☆

 

出産してしまえば、つわりの辛さもいい思い出ですが(笑)

実際つわりに直面してるママは、少しでも和らげたいですよね。

また、食事がとれなくなってママの健康状態が悪くなっても困りものです。

東洋医学の知恵で、少しでもつわりを和らげていけるよう、応援しています☆

★ 妊娠中の肩こり、腰痛などでお困りの方はこちらから・・・

 

a0002_001989

 

今すぐ「お電話相談」はコチラ