カテゴリー: 高齢者のための疼痛調整

    車いす・寝たきりの為通院できない

    慢性的な痛みに悩まされてる・・・

    そんなご高齢のへの施術を行います。

    ご質問はお気軽にどうぞ。

出張施術とサルコペニア・フレイル予防

痛みが強いが車いすのため出歩けない・・・

お風呂場で転んで寝たきりになった・・・

ぎっくり腰で出歩けない・・・

ご年配の方をはじめ上記のようなことでお悩みの方はいらっしゃいます。また年配の方は痛みが強くても「これ以上薬を服用したくない」ということで悩んでいる方もいます。鍼灸などの施術は薬以外の疼痛緩和方法としても効果が期待できます。

<中~高齢者でよく起こる疾病、治療における注意点>

高齢者の疾患には以下のような特徴があります。

・ 一人で多くの疾患を有する

いろいろな病気を持っていたり様々な薬を服用していたりします。

・ 症候が非定型的

特徴的な症状が出るとは限りません。

・ 潜在的に臓器の機能低下がある

便秘なども多いです。疾患を抱えていることもあります。

・ 慢性疾患が多い

・ 薬物に対する反応が一般成人と
異なる場合がある。

・ 生活機能障害をもたらす疾患が多い

運動機能や知的機能の低下が生活機能の低下を招くことがあります。

・・・ざっと挙げただけでも上記のような特徴があるため注意して経過を観察し施術を行う必要があります。お悩みの方は出張による施術も受け付けております。また医師の同意を得られれば
健康保険の適用になる事もあります。生活保護や障碍者の方、透析中の方、糖尿など持病をお持ちの方、様々な方に対応できます。お悩みがある方は一度ご相談ください。

出張施術を行った方の例

・ 80代女性

圧迫骨折後の神経痛
歩けないために介護施設での施術

・ 30代女性

脊椎損傷のため寝たきり
医師の確認を取り自宅で施術

・ 80代男性

腰痛
持病の糖尿病あり
車いす生活のため自宅で施術

ちなみに弊所ではビルエレベーターもありまた入り口は車いすも入れるよう対応しています。通院か?出張か?どのような方法で施術を行うかは事前によく相談させていただきます。また今の時期は外出禁止ストレスによるフレイルやサルコペニアの危険性も指摘されています。それらの予防指導も併せて行うことができます。ご相談ください。ご自宅での転倒にも充分お気をつけください。転倒から骨折し、筋力低下を起こし、寝たきりになるケースもあります。* 場合によっては西東京市内の骨密度測定を行っているクリニックもご案内することがあります。

 

参考までに動画解説もどうぞ。

痛みの原因とその種類・分類

本日は痛みの種類について解説していきます。「痛み」はその原因から3つの種類に大別されます。原因によって対処方法も違ってきますので参考にしてみてください。

(1)侵害受容性疼痛 しんがいじゅようせいとうつう

原因と結果が目に見えている痛み。怪我をした際やモノが体に刺さった時など組織が損傷された際に起こる痛みのこと。このような痛みがおこった際は「冷やす」ことがです。

例 捻挫などのケガ 皮膚をカッターで切ってしまった など

(2)神経因性疼痛 しんけいいんせいとうつう

神経や筋肉などがその他の組織で圧迫されたり絞扼(しめつけられること)されたり神経線維そのものや脳や脊髄に何らかの問題が起こって出現する痛み。ケガなどをしていないのに起こる。血行が改善されると痛みが緩和されるために「温める」と楽になることが多い。

例 頸椎ヘルニアの痛み 坐骨神経痛 帯状疱疹後の神経痛 など

(3)心因性疼痛 しんいんせいとうつう

不安やストレスなどで起こる痛み。単体で起こることもあるが先にあげた二つの種類の痛みと混在して悪化することもある。

例 うつ病に伴う痛み など

温めるか?冷やすか?安静にするか?動かすか?など・・・。それぞれの痛みで、方針が変わってきます。こちらにも症状別の施術方法を掲載してあります。)詳しくはご相談ください。鍼灸はどの痛みに対しても有効であることが多いですが、鍼灸を行うと「ぱっと」痛みが消えてしまうことはあまり多くないです。即効性でいえばブロック注射やロキソニンなどの薬剤の方が有効な場合もあります。痛みは慢性化すると生活に支障をきたすため、その後の生活や痛みとの付き合い方が重要なことも多いです。弊所はいきなり鍼をすることはせず、まずは症状や生活の状況などしっかりとお話を伺い、方針を説明したうえで施術を行います。

また痛みは社会的、心理的(仕事やストレス)などの影響を受けることが多いです。鍼灸は痛みに対して効果がある、という論文も多いのですがその改善についてはケースバイケースです。最大の特徴としては「薬以外の選択肢になれる」という点ではないかと考えています。ご年配の方はすでにたくさんの薬を飲んでいたり、また妊娠中、産後はできる限り薬を飲みたくないので鍼灸という選択肢を検討される方も多いです。まずは一度ご相談ください。

帯状疱疹(ヘルペスウィルス)神経痛と鍼灸

<1>帯状疱疹の原因は?

帯状疱疹は「ウィルス感染」によっておこります。疲れや寝不足などによって免疫が低下していると感染するので「日和見感染」などと呼ばれます。発症の原因となるのはヘルペスウィルスと呼ばれるウィルスでたくさん種類があり人間に感染するものだけでも8種類存在し、そのうち帯状疱疹を発症させるウイルスが「水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)」と呼ばれます。ヘルペスを発症させるウイルスは2種類に分けられ、主に上半身に感染するのが

(1)単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)

下半身に感染するのが

(2)単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)

と呼ばれます。

帯状疱疹はその名の通り体の右半身か左半身のどちらかに、「着物の帯のように」水ぶくれが密集して現れます。右半身か左半身のどちらかに症状が現れるのは、ウイルスが進出する末梢神経が身体の左右別々に広がっている事に由来します。皮疹出現の2から7日前にのちに皮疹が出現する部位に痛みや知覚異常、かゆみが出現することが多いです。

<2>早期治療・薬物療法が基本

もしも帯状疱疹が疑われた場合すぐ皮膚科等病院に行き薬物療法による治療を受けることが原則です。顔面部で帯状疱疹がおこると顔面神経麻痺の原因にもなります。

とにかく悪化させないためにもまずは病院へ行き早期治療開始をするのが良いでしょう。抗ウィルス薬のアシクロビル、バラシクロビルや痛み止めのロキソニン等神経回復のためのビタミンB12のメチコバール等が処方されることが多いです。

<3>神経痛に対して「鍼灸は有効か?」

簡単に改善するものではないこともありますが、結論から言えば有効です。帯状疱疹は一定期間の潜伏期を経て神経痛として体に出現することがあります。肋骨に起こると「肋間神経痛」などと呼ばれます。これらの痛みに関しては病院では痛み止めのカロナール等が処方されます。(漢方などが処方される場合もあります。)あまり効果を感じない場合は併用して鍼灸が有効です。様々な論文も存在します。帯状疱疹が出現したらまずは病院への受診が原則ですがその後の後遺症や痛みの補助的な治療として鍼灸がとても役に立ちます。弊所では漢方治療の併用などもご紹介できます。まずはご相談ください。

一例

「帯状疱疹痛に対する鍼治療の効果」

また国外の論文ですとNCBI(国立生物工学情報センター)にも掲載されていました。全部は紹介しきれないので簡単な日本語訳を一部、紹介させていただきます。少し長いですが興味がある方はお読みください。

Acupuncture in acute herpes zoster pain therapy (ACUZoster)– design and protocol of a randomised controlled trial

日本語訳

急性帯状疱疹疼痛治療における鍼治療(ACUZoster)

– ランダム化比較試験のデザインとプロトコール

*アブストラクトの翻訳を以下に載せます。神経痛に鍼灸が安全で有効かもしれないということが書かれています。詳しく知りたい方は上記論文を読んでみてください。

<バックグラウンド>

ヘルペス帯状疱疹は、水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)の再活性化によって引き起こされる特有の症候群である。

それは、デルマトーム分布に続く痛みを伴う、水疱の多い皮膚の萌出を特徴とする。年齢、ストレス、または免疫抑制のためにVZVに対する細胞性免疫が低下するにつれて、ウイルスは再活性化して感覚神経に沿って皮膚に移動し、発疹の発疹の後に特徴的な前駆痛を引き起こす。帯状ヘルペスの診断は、発疹の特徴的な外観に臨床的に基づいています。臨床的に不明確な場合にのみ、PCRによるVZV-DNAの病変検出を用いて診断を確認することができる。帯状疱疹はあらゆる年齢で起こりうるが、最も一般的に高齢者に影響を及ぼす。生涯に約3人に1人が 帯状ヘルペスを発症すると推定されています。ヘルペス帯状塊の発生率および帯状ヘルペス関連合併症の発生率は年齢とともに増加する。ヘルペス帯状疱疹の症状には、掻痒、感覚異常、および関連する皮膚病の分布に伴う痛みが含まれる。最も悲惨な症状は一般的に痛みであり、中枢神経系または眼の関与の他に最も恐れられる合併症はヘルペス後治癒後の 痛みの持続性であるヘルペス後神経痛(PHN)である。PHNは、発疹が解消してから3ヶ月以上持続する疼痛であると定義されている。70歳以上の患者では、急性帯状ヘルペス後にPHNが ほぼ半分になる。ヘルペス帯状疱疹に関連する急性疼痛およびPHNの慢性疼痛の両方は、健康関連QOLに複数の悪影響をもたらす。

ヘルペス帯状疱疹の患者では、さまざまなタイプの痛みや他の感覚症状がみられ、これらはその存在、位置、持続時間、強度、および質に関して大きく異なる。これらの疼痛状態は、身体的、感情的、社会的機能に大きな障害をもたらし、結果的に医療費が増加する。ヘルペス帯状疱疹およびPHNに関連する疼痛の予防および治療のための有効な戦略の開発は、未だ公衆衛生の必要性が満たされていない。帯状ヘルペスの早期発見と治療は急性症状を軽減し、またPHNの発生を減少させる可能性がある。証拠ベースは、三環系抗うつ薬、特定のオピオイド、およびPHNを予防または治療するためのガバペンチノイドの経口使用を支持する。このメタアナリシスの著者は、軽微な有害事象のかなりの頻度を抽出することができた。最も頻繁に報告される有害事象はめまいと鎮静であり、患者の生活の質とコンプライアンスが低下する。さらに、現行の介入は、 帯状ヘルペス痛およびPHNのすべての症例を完全に予防または適切に治療するわけではない。鍼灸は代替として考えられるかもしれない。神経因性疼痛状態の治療において鍼治療が有利であるという証拠がいくつかある。さらに、鍼治療は副作用の少ない安全な治療であることが知られている。

<研究の目的>

提示された試験の第一の目的は、標準化された鎮痛薬に加えて、帯状ヘルペスに関連する痛みの治療において、4週間半標準化された鍼治療が抗けいれん薬 ガバペンチンおよび偽レーザー鍼治療に比べて劣っているかどうかを調べることである。生活の質への影響、鎮痛性の要求、感覚の知覚の変化、疼痛発作の頻度の変化、疼痛発作の頻度の変化、ヘルペス後神経痛の発生率、副作用および費用対効果。

「フレイル」に関して。

フレイルとは・・・

比較的新しい言葉で

日本老年医学会が2014年に提唱した。

 

健康な状態と要介護状態

(生活サポートが必要な状態)

の中間の状態のこと。

 

多くの高齢者は健常の状態から

筋力が衰える

サルコペニアという状態を経て

さらに生活機能全般が衰える

「フレイル」となり

要介護状態に至る。

 

高齢期に生理的予備機能が低下することで

ストレスに対する脆弱性が亢進して

・ 生活機能障害

・ 要介護状態

・ 死亡

などの状態に陥りやすい。

 

つまりフレイルとは

「加齢に伴う様々な機能変化や予備機能低下により

健康障害に対する脆弱性が増加した状態」

のことである。

 

フレイルは身体の状態のことだけでなく

精神的・社会的な要素も含む。

 

・・・

この辺りも考慮する必要が大いにあります。

ご高齢の方は

自律神経症状や痛み症状をはじめ

様々な症状が体に現れやすいのですが

 

・ 持病

・ 血圧などの状態

・ 飲んでいる薬の情報

 

などは

しっかり把握する必要があるでしょう。

 

そうして施術に当たらないと

危険な場合があります。

 

まずはしっかりお話伺いますので

「なんか調子が悪い」

というご高齢者の方やご家族の方は

遠慮なくご相談ください。

ご年配者の「ぎっくり腰」は要注意。痛みが強い場合、実は危険な可能性(圧迫骨折など)も・・・。田無北口鍼灸院からのアドバイス。

お年寄りの急な腰痛には

注意が必要な場合があります。

「圧迫骨折」

と言って骨折の可能性もあるためです。

詳しくは以下・・・

 

ご年配の方が

急に腰の強い痛みを訴えた時

注意が必要です。

 

認知症を患っていたりすると

記憶になかったりするのですが

転んでしまった際に

圧迫骨折と言って

骨折している可能性もあるためです。

 

ご本人はぎっくり腰かと

思っているのこともあるのですが

折れてしまっているのです。

このような場合には

まずは病院に行ったほうが良いでしょう。

 

なぜお年寄りに多いかといいますと

骨粗しょう症

と言って骨がもろくなっている事が

原因として挙げられます

 

骨がもろくなっていると

転んだ時に

外力に耐え切れず

折れてしまうのです。

 

圧迫骨折

お年寄りだけとは限りません。

薬物療法などで

骨が弱くなっている方も

おこる可能性があります。

 

・・・

このように

「ぎっくり腰だと思ったら実は・・・」

というケースは

意外に多くありえます。

 

弊所では

病院に行く適切なタイミングも

お伝えできますし紹介もしています。

 

どうしていいかわからないなど

迷った場合にはまずはご相談ください。

 

保険診療で施術してほしい。80代です。その場合の料金目安を教えてください。というご質問に関して。

先日、80代のご家族が

いらっしゃる方(お嬢さん)から

上記のような質問を受けました。

 

お答えさせていただきます。

結論から言いますと

 

80代の方ですと1割負担ならば

初回

1割負担で321円

2回目以降

155円

になります。

 

出張の場合は

これに出張量が加算され

一回当たり400円程度のお支払になります。

 

ご自宅だけでなく

老人ホームなどでの施術を行うこともあります。

ご相談ください。

 

支払については

毎回清算でもよいですし

やむを得ない場合は

月末にまとめて、でも構いません。

 

その際には

何日に施術したかどうかと

明細がわかる領収証を発行します。

ご確認ください。

★保険診療を行った場合

領収証の発行は義務になります。

 

弊所では現在、はり灸の施術の

保険診療対応を行っています。

医師の同意などが得られれば

施術を受けることができます。

 

同意書をもらうための手続きなど

まずはお問い合わせください。

丁寧に説明させていただきます。

 

★お願い★

保険診療は月末に

診療報酬明細書(レセプト)の

発行を行わなくてはいけないため

限定数様に限り対応させていただいてます。

 

弊所は小規模治療院の為

一定数に達した時点で

新規さまの施術を受けることは難しくなります。

 

大変申し訳ありませんが

お断りさせていただくこともあります。

その際はご容赦ください。

脳梗塞・脳卒中などによる麻痺とその施術に関して。

このページをご覧になっている方は

麻痺・片麻痺でお困りになっている方が中心でしょうから

脳出血や脳血管障害などに関しては

すでに知っている知識だとは思いますが

まとめて説明していきます。

 

 

脳出血などにより麻痺がおこってしまうと

様々なお困りごとが現れると思います。

それらの麻痺に関する治療は

病院の方で医師・理学療法士などと一緒に

リハビリ・筋力トレーニングなど訓練を行い

回復を目指していると思いますが

 

弊所の施術は

病院でやっているリハビリよりも画期的かつ

早く回復するということではなく

目的としては日常生活動作(ADL)向上の

お手伝いをしたり

麻痺によって生じた痛みの緩和などが中心となります。

*補完代替的治療を目指します。

 

ですので弊所は基本的に

「今、病院でやっているリハビリが正しいか?」

などのご質問にはお答えできませんし

施術は病院で行っているリハビリと

併用して行うのが望ましいといえます。

 

施術目的や計画などは

初回のカウンセリングでお話をよく聞かせてもらったうえで

ご説明させていただきます。

 

<脳血管障害とはなにか??>

脳血管障害とは脳神経を養っている血管の障害により起こります。

血管の狭窄、血管の破裂、血管の中で固まった血液が詰まる梗塞

・・・・

原因は様々ですがこれらにより

脳神経への血液供給が絶たれると

脳血管障害が起こります。

 

「脳梗塞」、「くも膜下出血」

などというものがその代表例です。

 

そして脳出血により損傷された部位により

様々な部位に障害が出ます。

一例をあげますと・・・

 

脳出血(左側被殻と放射冠)

→ 障害名 右片麻痺

 

というような感じです。

 

<脳梗塞の分類に関して>

脳梗塞は脳血管内において

血液が凝固(何らかの原因で固まること)し

詰まります(梗塞するのです)。

ここでは脳梗塞の4つの分類をしていきます。

 

(1)アテローム血栓性脳梗塞

粥状動脈硬化が基盤で起こる脳梗塞です。

血小板血栓が主体の梗塞で発祥の前段階として

TIA(一過性脳虚血発作)を多く発病するといわれます。

 

(2)心原性脳梗塞

心房細動や陳旧性心筋梗塞、

便膜疾患などの心疾患を背景に

形成されるフィブリン血栓が主体の梗塞です。

抗凝固両方が行われ

ワーファリンなどが投与されることが

多いです。

いわゆる血液をサラサラにする薬です。

 

(3)ラクナ梗塞

近年日本人に増加しているタイプです。

ラクナ梗塞は脳内の穿通動脈が

高血圧性細小動脈病変(リポヒアリノーシスなど)により閉塞して生じます。

ラクナという言葉はラテン語で『小さな空洞化』を意味します。

このラクナ梗塞の原因として最も重要なのは、

高血圧症であり、糖尿病も関与します。

 

(4)その他

その他の原因が関与し起こる脳梗塞です。

 

 

<脳梗塞の背景>

季節やその方が抱えている疾患にも関係します。

 

たとえば・・・

夏場は動脈硬化を基盤とした脳梗塞で

アテローム血栓性脳梗塞とラクナ脳梗塞が

多いといわれ

冬場はインフルエンザや感冒による

ラクナ脳梗塞が増えるといわれます。

 

また糖尿病や通風などの代謝性疾患や

高血圧症などの持病を抱えていると

脳梗塞が発症しやすくなります。

 

これらの持病や季節などの背景も

考慮し施術計画を立てていきます。

 

<中枢神経麻痺と末梢神経麻痺について>

麻痺の大きな分類として

・ 末梢神経麻痺

・ 中枢神経麻痺

があります。

 

中枢神経とは脳と脊髄のことで、

中枢神経から枝分かれした神経を末梢神経といいます。

 

脳梗塞や脳出血により脳神経への血液供給が絶たれ

担当する神経分野に影響が出た時にそれぞれ

機能障害の名前がつきますが

運動神経に障害が出た場合を「片麻痺」と呼びます。

 

中枢神経麻痺における運動機能障害の特徴は

痙性(けいせい)麻痺と呼ばれる

末梢神経麻痺にはない独特な筋緊張を示すことです。

この痙性麻痺は手や足に特に顕著にみられます。

 

関節を曲げる筋肉に起こり

屈筋痙性麻痺と呼ばれます。

 

上肢で起こると

手首や肘が屈曲したまま伸ばせなくなりますし

下肢で起こると

足首が内側に曲がる内反尖足が起こったり

歩行では外側へ回しながら動く

「ぶんまわし歩行」をするようになります。

 

<脳梗塞による片麻痺への鍼灸施術>

運動機能を改善させたり、関節拘縮予防のために

痙性麻痺屈筋群への施術を行い

緊張の緩和を図ります。

 

ほかには体幹のバランスを考え

痛みやマヒが出ていない部分に対し

温めたりするなどのアプローチもできます。

麻痺そのものもそうですが

例えば麻痺によって生じた痛みの緩和など

にも効果が期待できます。

 

前述したように

高血圧や糖尿・通風など内科的疾患を

お持ちの方も多いために

それらの症状も考慮し施術することで

症状の改善やQOL(生活の質)向上のお役に立てます。

 

お困りの方は一度ご相談ください。

痛みが強い・・・けれども薬はこれ以上飲みたくない・・・とお考えの方には鍼灸(はりきゅう)がオススメです。

50116129 - acupuncture therapist using moxibustion to heat up an area on a patients back

弊所や出張などで施術を行っていますと

痛みが強いがお薬は飲みたくない・・・

どうしたらいいか?

というお声をいただくことがあります。

 

特に慢性疾患などで悩んでいる高齢者の方から

そのようなお声をいただくことが多いのですが

痛み止めのお薬が体質に遭わない方は

少なからずいらっしゃるようです。

 

そのような場合

はり灸などの施術が痛みを和らげる方法の

選択肢の一つとして考えられます。

 

はり灸は慢性疾患にも大変効果がありますし

急性症状の痛みに対しても

アイシング等と併用することで

大幅に痛みを緩和することができるのです。

 

ただし病院から処方されている薬がある場合は

自己判断で飲むのをやめずに

必ず医師に相談するとよいかと思います。

 

何かあれば弊所にもお気軽にお尋ねください。

*出張による鍼灸施術も行います。

詳しくはこちら・・・